フィット バンパー修理とスポイラー交換 part②

バンパーの補修からスタート✨

 

バンパーの割れは、ズレがないように状態を確認しながら

慎重に繋ぎ合わせアルミテープで固定します。

 

まずは裏面から溶接!

熱を加えるのと共に、窒素を当てて酸化と炭化を防ぎます。

 

割れ目に沿っての溶接が済んだら

十字になるように横にも何本も入れ補強しています。

 

割れの箇所によっては、狭くてやりにくい場面も少々…😖

ですが、これもお客様の為💪!!

喜ぶ姿を想像しながら、体勢を変えたりなど工夫してやっていますよ〜✌️😊

 

 

お次はコテを使用して、流し入れた素材を伸ばして圧着します。

この時も窒素を掛けながら!

窒素を当てると煙も出ないんですよ〜。

 

今度は表側☝️

 

溶着する繋ぎ目は、素材そのもの同士がくっつきやすくなるように

削って溝を作っています。

 

裏側同様に作業を進めて行きます。

 

溶着した箇所は、表面を研いで平らにします。

 

これで、バンパーの補修は完成〜🙌🏻

 

明日は、いよいよ最後の仕上げ。

お楽しみに〜♬

フィット バンパー修理とスポイラー交換 part①

先日お預かりしたフィット🚗

 

 

スポイラーの割れとフロントバンパーに傷が出来ている状態でした。

 

よ〜く見ると、スポイラーの端っこ部分が…

お分かりになりますでしょうか?

左側が欠損して無くなっています😱❗️

 

バンパーやスポイラーは亀裂の状態からの修復は可能ですが

欠損していたり、穴が開いている状態ですとその部分を綺麗に埋める事が出来ない為

交換をお勧めしています。

 

最初はバンパーとスポイラー共に修理の方向で進める予定でしたが

今回はこのような状態だった為、バンパー修理 & スポイラー交換で進めることに決定💡

 

スポイラーのメーカーは『無限』

手配から納品まで約1週間ほどお待ち頂き、入荷してから いざっ‼️ 作業〜🛠

 

 

まずはバンパーの取り外しから。

何個も付いているビスとフォグ周りの配線を外していきます。

 

そしてバンパーからスポイラーの取り外しを行なった時に

衝撃的な光景が目に入りました…👀💥

 

なんとっ!!

バンパー本体までも割れてしまっているではありませんか 💦

 

 

この状態では 新しく用意をしたスポイラーも取り付けが出来ません。

その為、バンパーも修理をする必要があります。

 

 

よ〜し!!

これはあの方法で直すしかないっ💪

 

『樹脂溶接』

 

修理の様子は明日のブログでご紹介します🔍✨

お楽しみに〜🤗

スペーシアカスタム メーカークレーム

平成30年のスペーシアカスタム❗️

1回目の車検もまだなのですが、

錆が発生しています😱

リアゲートにメッキのガーニッシュ(持って開けるところね)が付いているのですが、

その角が振動でボディと擦れて錆の発生となっています🥶🥶

錆の画像は撮り忘れてしまいました😱

錆の具合もまだ軽度ですが、錆を落としていくと鉄板に損傷が見受けられます🥶

 

防錆剤と塗布して下地処理をして塗装をします😁

 

スペーシアに乗っている方は、

メーカー保証3年が切れる前に確認をしてみて下さいね👍

確認を後回しにして、いざ確認したら保証期間数日過ぎてたなんて事がないようにね❗️

今年初❗️R35入庫‼️ GT-R フューエルポンプ交換

A様のR35GTR 今回の依頼は燃料ポンプを

ニスモ製のものに交換です❗️

馬力を上げるための交換

純正の燃料ポンプだと吐出量が対応 600馬力くらいまで。それに対し、NISMO製の燃料ポンプだと700馬力ちょっとまで余裕がある!…とのこと👍

 

燃料ポンプの位置は右のシート下です!

チラ見!!👀✨

 

先ずは、右リアシートを外します😀

 

 

ボルトを数本外しポンプの上部が見えています

 

ポンプの上部には2本の配線があり外して引き上げます😄

 

さて問題はここから・・・

燃料ポンプの下部はタンク内に固定されているので燃料の中に手を入れ、爪を押し上げてスライドさせ外します!新品のポンプで爪の位置を確認します👍

 

おや!あれ!出てこない😱つっかえてます😱

 

知恵の輪の様に外し、配線が3本あるのでそれも外していきます!

配線をロックするカプラーをタンク内に落とさない様に気をつけましょう

 

新品を入れるのは、すんなりいきました!

 

無事に終わって良かったーー✨✨✨👍

あと作業中ドアを開けてやるので充電しながらすると安心ですね!満充電にもなりました😀

 

この後、お客様ご自身で、コンピュータの交換と書き換え調整などの作業を行い、走行させては調整、また走行させては調整と繰り返し、

時間をかけて夜中まで🌝💤

満足の状態になったそうです✨🙌✨

 

さあ〜、次はカーボンですな!!!

N-BOX 側面修理 〜分解編〜

側面に大きな損傷を受けてしまったN-BOXをお預かりしました。

 

大きく損傷があるのは右側。

ですが、その反動で左側と右前も雪山に接触してしまったようです。

これだけの損傷ならきっと怖い思いもしたでしょう…😭💦

 

 

お客様と度々連絡をお取りしていく中で

車の運転が怖くなってしまった話、そしてこのような状態でも綺麗に直るのかどうかというご心配もされていました。

 

『大丈夫!!しっかりと直せますので、ご安心ください☺️』

とお伝えし、修理を進める事に。

 

 

まずは分解から。

分解と言っても、今回は損傷が広範囲となり受けたダメージも大きいので

全体的にばらしていきます。

 

分解をすると、ドアの骨組みのみならずフロアにまで歪みが生じている状況です。

こちらの部分もきちんとした修正が必要となります。

 

シートも絨毯も外して。

 

フロアと言われているのがこの部分。

矢印方向からの衝撃で、変形してしまっているのがわかります。

パネルの歪み具合はこのような感じ。

 

天張も外してしまいます。

 

後ろから見た様子。

こんなにもバラバラに😲💥

前の方まで見渡せてしまうくらい、何も無くなりました。

 

余談ですが…

『シートを外してしまうと、動かしたい時に困るんじゃないの?』

と思いますよね😁

 

そんな時に役立つのが、これ👇✨

一斗缶 🌟

 

一時的に動かす時には、この一斗缶に座り

まるでシートに座って運転しているかのように構内を動かしているんですよ〜✌️笑

 

修理中の様子は明日へと続きます⏩

 

こんな所にまで錆が!!

バックカメラの固定部が錆びていて

カメラ📸本体が 辛うじて線一本で繋がっている状態でした。

 

『配線が切れちゃったら…と思うと怖くて洗車も出来ないんだよね!』とご来店頂いたお客様。

 

この状態になってから、何度か粘着テープで固定したり…と

色々工夫はされたものの、時間が経つとやっぱり元に戻ってしまうとの事。

 

 

👨‍🔧『カメラ取付部分の土台を交換しましょう!!』

 

と言うことで部品をお調べし、手配することに✨

 

届いた部品がこちら👇

 

土台とビスが2個🔩

 

 

まずはカメラについているビスを外す所から。

錆によってビスが回りにくい為、潤滑油を差して作業していきます。

⚠️無理に回してしまうと、ビスはボキッと折れてしまうので要注意‼️

 

ビスが外れたらお次は壊れていた土台の粘着部分を剥がしていきます。

 

綺麗に剥がれ、カメラが宙ぶらりん。

 

この後は新しい土台をカメラに取り付けしてビスで固定し、ボディに貼り付け。

 

しっかりと取り付け出来ました✌️😊

 

『これで洗車も安心して出来る!』と

喜んでお帰り頂くことが出来ました。

 

ありがとうございます。

 

 

鍵が回らない原因

最近のお車はキーレスが全盛となり

鍵を挿して回してドアを開閉する と言った事は少なくなってきましたね。

 

そんな中で頂いた今回のご相談❗️

『運転席の鍵が回らない』

 

キーレスのボタンも一緒についているお車なので

これまではドアの開閉に鍵を使用することは殆ど無かったようです。

 

ですが、キーレスの電池が無くなってきたり等

いざ❗️と言う時に使用出来ないと困りますよね☝️😖

お客様もその事を心配されて、頂いたご相談でした。

 

一般的に鍵が回らない原因として

・鍵そのものが減っている

・シリンダーが減っている

などがあげられます。

 

まずは見てみましょう🔍👀

ドアを分解してキーシリンダーを取り外す所からスタート✨

 

外れました。

が…  ん??? 😲‼️

 

 

どうやら今回は『鍵が回らない』のでは無く

『鍵が挿さらない!』と言う状況だと判明。

 

鍵とキーシリンダーの組み合わせがきちんとなっていない為に

起こっている症状でした。

 

お次の手段は、キーシリンダーのプレート組み替え作業🔐

 

キーシリンダーの中には👇こちらのようなプレートが何枚も入っています。

 

 

鍵の正しい情報でプレートを並べ、キーシリンダーを組み上げて…

 

鍵が挿さるようになりました👏✨

 

この後はドアにシリンダーを戻して

 

 

鍵の動きをもう一度確認!

これでバッチリ🙆‍♀️👍

 

キーレスの電池🔋が無くなってもこれでもう大丈夫ですね♬

最近はインターネットで車の部品も買えるようになっていますが、ドアを中古で取り替えるときは、このような事も確認して交換してもらいましょうね⭐️

アルトワークス リヤ廻り修理

バックしようと後ろに下がった際、車の真後ろを損傷してしまったアルトワークス。

 

▼バックパネル上部と下部に目に見える変形が有ります。

 

リヤバンパーを外したすぐ内側のパネルが、バックパネルと呼ばれる場所です。

リヤバンパーがぶつかってしまった際、同時に強い力が加わり、全体的にバックパネルそのものが車両前方に押されています。

 

▼上部は裏側が袋状になっているので表から引き出して修正を❗️

 

▼下部は裏側からの修正🛠

 

▼このような感じで修正は完了です🙆‍♀️

 

この後は、リヤゲートとリヤバンパーを仮合わせをし

取り付けした物が奥まったり飛び出したりしていないか。

隙間は均等に正しく出来ているか。などを確認して下地作成作業に移ります。

 

バックパネルを交換するより車に優しい修理なんですよ〜😊

ジェイド リヤフェンダー修理

こちらのお車🚗

リヤフェンダーの損傷により、時間の経過共に若干錆が出てきている状態です。

 

 

▼バンパーとそれぞれのラインのつながり部分が変形しています。

▼後ろから見ると、フェンダーが押されて中に入っていますね👀

 

では、半田溶接で引き出し板金をし、形を整えていきましょう💪

 

 

引出し板金に使うアタッチメントを最適な角度で溶着し、

工具を取付して引っ張る作業〜⚒

この作業によって、ボディのラインがきれいに直ると面出しがスムーズに終わります♪

 

 

この後は、何度かバンパーを仮合わせしながら、下記のポイントを確認します。

 

①綺麗なラインが出来ているか

②バンパーとフェンダーとの隙間はきちんと出来ているか

→隙間は広すぎても狭すぎても🆖❌ 端から端まで均等になっている事も確認。

③片方のパーツが奥まったり、飛び出したりしていないか

 

その後は、錆をしっかり落としてプライマーを入れて下地に進みます。

 

下地、塗装、磨きの工程を経て

最後は組み付けをして完成☆

 

 

しっかり点検、清掃をしてお客様にお渡ししました☺️

 

ありがとうございます。

ノア クォーターパネルの板金塗装

右リヤ損傷により、ガラスも割れてしまったお車🚗

 

リヤゲートとガラスは新しい物へ交換となりますが

クォーターパネル上部の角は板金が必要となります。

 

角の部分は固いため、

板金で凹みを出すのは、容易ではありません。

 

👇反対側のパネルの形をご覧下さい

 

パネルの構成は、鉄板1枚から形成された物ではありません。

ちょうどコーナーの部分ということもありますが

外側と内側とのパネルが複雑に組み合わさって形成されています。

角の部分が、小範囲ながらも強くガツーンと当たってしまったことにより、

組み合わさっている内側のパネルまで変形してしまうほど、クォーターの角が潰れていました。

 

硬く出にくい場所と状態でしたが、板金屋さんが上手に小範囲で形を出してくれました👇

 

板金が上手くいくと、パテをつける範囲も

小範囲で済みます。

 

付けたパテは極力薄く少なくなるよう、

研いで形を整えます。

パテの後は塗布したサフェーサーを研いで、

塗装前の準備。

 

 

そして塗装✨

 

 

リヤゲートも同時に塗装をしていたので、

ガラスを入れて、

組み付けをしてボディ修復完成👏🎉

 

この後は、洗車をし『トヨタマーク』の貼り付け、ナンバーも再封印をして、

そしてお客様の元へ🤗

 

ご満足頂けたら嬉しいです♬

 

ありがとうございました。