ドアを開けようと思ったら・・取れちゃった😭

 

2023年になったと思ったらあっという間に今日から2月ですね👹❤️🍫

去年に比べ、雪が少ないのは嬉しい反面

毎日とっても冷え込んでいますが皆さま風邪などひかれていませんか⛄️❓

 


 

そんな中、先日の大雪が降った次の日のこと⛄️

スタッフみんなで構内の除雪をしていると電話が鳴りました📞

『いやぁ〜困ったよ〜💦参った❗️』

と、長年お世話になっているお客様からのご連絡でした💡

どうされました❓とお聞きすると・・

『除雪していて車に乗ろうと思ったらさ、ドアの取手が外れちゃって❗️❗️😭』っと。

オーマイガー😭💦

 

まずは状態を確認させてもらうためご来社いただきました🚙

あらースッポリ無くなっている。

ヨシっ❗️新品のドアキャッチを手配しよう❗️✨

ということになったのですが・・・

なんと・・生産終了😱⚡️

オーマイガー😭

 

こうなると、リサイクルパーツでドアキャッチがないか調べてみることに📞

全国に問い合わせをしたのですが、残念ながらキャッチ単体では見つからず

出てきたのは色違いのドアのみ😢

 

お客様と相談の上、その色違いのドアを注文しドアキャッチを塗装・移設交換することで決定💡

 


 

早速ドア届いたので交換作業にかかります♻️

▲まずは届いたドアからキャッチを取り外す作業

ドアのトリム(内張)を外すところから

ドアの内部を分解して

作業者の手の入るところまで取り外したら

ドアの内側で止まっている部分のボルト類を緩め

リサイクルドアからキャッチを壊さないように綺麗に取り外します🙌

取れた〜❗️👏✨

色違いのドアなのでキャッチももちろん色違い💡

これをボディ色へと塗装します🌈✨

 

そうして・・・・

無事に、塗装&交換が完了😄🎉❗️

 


 

壊れてからの数日間、

毎度ずっと助手席から乗り降りをしてとても大変な思いをしていたお客様。

『助かったよ〜❗️』と、無事に直って安心したご様子でした☺️💓

 

スーパータッチアップ🖌

ある日、一件のメッセージが入りました📩

それは、ドアエッジ部分に1cm程のガリ傷が出来てしまったという内容。

新車時の塗膜を出来るだけ残して、この傷の部分だけを直したい!

 

ご自身でもタッチアップから挑戦してみようと思ったようですが

失敗も恐れ、高い技術の工場にお願いしようと思ったとのお話でした。00

 

お客様のご自宅からテクニカルオートまでは距離があり

なんと‼️ 1時間以上もかかる所からのご来店👀‼️

 

テクニカルオートにこの作業を任せたいと

遠方からわざわざ足を運んでくださるなんて…

とっても嬉しく有難いお話です😭❤️

 

一度状態を見て 後日修理でご来店いただく事になりました。

 

傷の入っている部位の表面は少し削り、ボコボコとした状態だった為

少し削って滑らかにします。

 

そこに筆ペン🖌で色を乗せましょう。

 

何度か塗り重ねて厚塗りに。

赤外線を当てて、しっかりと乾燥。

 

凄く自然な仕上がりとなりました😆👍

ご満足いただける仕上がりとなった様で良かった〜♬

 

遠いところから、わざわざ足を運んでいただき

ありがとうございました!!😊

臭いと刺激的な感覚…体に毒?☠️

冷房・暖房をつけた時に

化学薬品みたいな刺激的な臭いと、顔(目や口など)に感じるピリピリとした感覚。

体に悪いって感じてしまう程の症状。

 

この症状に悩まされてご来社頂いた お客様のお話を伺うと

初めは、エアコンの臭いが気になり出したので

ご自身でエバポレーター洗浄を行ったようです💡

 

臭いは一時的に良くなる物の、すぐに再発してしまったんだとか。

エバポレーター本体を交換したり、プロショップに清掃をお任せしたりなど

いくつもの作業を繰り返したようですが、一向に良くならず💦

いよいよ困って、テクニカルオートにご相談を頂きました。

 

⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅⋅

 

白い粉…異臭…で想像されたのはクーラントの漏れ。

内部のどこかで漏れてしまっているのではないか?🤔

 

という想像をしながら、確認を進める為にも まずはインパネおろし。

どんどんバラバラになっていきます🔧

 

ヒーターユニットもおろしたら

何にも無くなった!!

この光景、頻繁に目にする物では無いですよね👀‼️

 

外れた部品も こんなに沢山。

 

そして心配していたクーラントの漏れはというと

どこにも見当たらず、まずは一安心😊💨

 

次はヒーターユニットを分解して、謎の粉の正体と臭いの原因を探っていきます。

 

所々に、コーヒーのような茶色い液体が掛かってシミになっているような跡を発見🔍

直接臭いの原因となっているかは、定かではありませんが

この汚れは丁寧に拭き取りを

 

ヒーターユニットからは

ヒーターコア・エバポレーター・その他の細かなパーツは全て分解してバラバラに。

 

ここで、謎の粉も発見‼️

🔍拡大

 

その粉の出どころは…こちら💁‍♀️

なんと!

エバポレーター本体から出ている物でした。

 

本体からと言うよりは、本体に付着した何かが

剥がれ落ちてきているイメージです。

 

通常はこのようになる物では無い為、その正体ははっきりとしませんが

もしかすると、何度か洗浄剤で清掃をされている時に

付着した物が固まってしまったのではないか と推測も出来ます。

 

エバポレーター自体、交換されてからの月日がまだ浅いのでこちらは清掃。

ヒーターコアは新品に交換。

そしてその他の部品は、綺麗に洗浄🚿✨

 

組み戻し前には、何人ものスタッフで臭いを確認しました👃

うん、臭いは何も感じない🙆‍♀️🙆‍♂️🆗

 

原因がはっきりと掴めたわけではありませんが

その可能性となっているものを全て取り除いた事で

クリーンな空気が出るようになりました🍀

 

お客様にお渡しの時にも、緊張の一瞬 でしたが

「全然違う!!!もう感謝しかありません!」

ととっても嬉しい一言🙇‍♀️

 

お悩み事が解消出来て 嬉しい納車となりました ♬

早さに感動😆

今から2ヶ月程前にプリウスにお乗りのご夫婦がご来店。

「ぶつけてしまって……」ととても落ち込んだご様子でいらっしゃいました😭⤵︎

 

左側の損傷と言うことで先ずはお見積りから

損傷箇所は……
フロントバンパー
フロントフェンダー
左ミラーカバー

 

きちんと治す方法と簡易的に治す方法の2パターンのお見積りを出して

ご検討頂いた結果、保険をつかわずに目立つ部分の傷を

簡易的に治す方法で進めたいとのお話となりました。

 

当初は3日ほどお車をお預かりする予定でしたが、クイックで短時間で綺麗に仕上げてしまいます😄

広範囲で黒くなっている部分は、この磨きの機械で綺麗に落としちゃいます。

 

そして、塗装が剥がれてしまっている部分には角部タッチアップを

 

損傷を受けた際に、バンパーの形が歪み少し膨らみも見られたため

ドライヤーで温めて元の形に戻しています。

 

こうして、あっという間に完成したお車はこのように💁‍♀️

 

塗装屋さんのスピーディーで丁寧な作業は初めてみる方だと驚かれると思います😆

修理後お車を確認していただきながら、こんなに早い時間で修理してもらえて良かったとお喜びいただきました😄

 

お帰りの際、ここって車検もやっているんだよね⁉️との質問も頂き

今回の作業で、ご満足頂く事が出来たんだなぁと私達もとても嬉しく感じる瞬間でした。

 

ご自宅が近いと言うことでしたが、何度も御来店いただきお打ち合わせで足を運んで頂いたこと大変ありがたいなぁとも感じています。

 

これからも近くて安心のテクニカルオートの存在になっていただけたら嬉しいです😀

 

アンダーカバー外れかけ💦ボルト揉み出しねじ山修正🙆‍♂️

 

セルシオにお乗りのお客様💡

エンジン下のアンダーカバーが外れかけていて

みて見たところ、アンダーカバーを止めているボルトが何本かなくなっているとのお電話📞

 

実際に来ていただきお車をリフトアップ🚙☝️

本来はアンダーカバーで隠れているはずの部分が剥き出しの状態で

よくみると、錆の影響で数カ所ボルトの頭がなくなってしまっている状態

 

アンダーカバーをきちんと付けるにはこの錆びて朽ちてしまったボルトを

綺麗に取り除く必要があります💡

とは、言っても錆びて固着しているボルトは簡単には外れません💦

 

別日で日程を組み、お預かりさせていただく事となりました 😊

 


 

 

固着しているボルトは

バーナーで焼きながら地道に揉み出し取り除いて

取り除いた後は新しいボルトをつけるため

ねじ山を修正🔩

グリグリ・・・

ねじ山が完成したら

新しいボルトとワッシャー・ナットで取り付けして

3箇所完成

まだ何箇所かあるので続けて作業🏃‍♀️💨

 

無事に全ての錆びたボルトを取り除き

アンダーカバーを元通り取り付けることができました🙆‍♂️

ばっちり隠せましたね👍✨

 

これから雪が降り積もる季節⛄️

車体の下側を保護できるので安心して乗ることができますね😊

 

ハイエース🚙クォーター修理の様子

クォーターに大きな凹みが…😱💦

ご相談頂いたのはハイエースのお客様。

白くて綺麗なお車なので、付着した青い塗料が痛々しいですね…😢⤵︎

 

大丈夫✊ 綺麗に元通りに直せます‼️

 

まずクォーター板金で凹み修正から行なっていきましょう!

 

▼修正する順番はこのようになります。

 

テールランプを脱着し、押されて凹んでいる部分を引き出す所から。

引っ張る際に使用するアタッチメントは、2個装着‼️

テールランプが付いた時に隙間から見える部分も

綺麗なカーブのラインが復元出来るように

ここぞ!という所に装着出来たら 引っ張る作業💨

 

続いてテールの上部も、パネルの端から決めていきます。

 

それぞれのラインが正しい位置に戻ったら

今度は広範囲で凹みがあった面の修理に取り掛かります。

修正する所の塗装は剥がしてしまいますよ。

スタッドプーラーという機械を使用し

ボディの凹凸感を職人さんの手✋で感じながら、点で修理をしてきます。

 

こうしてそれぞれの位置が正しい形状に戻った様子がこちら💁‍♀️

 

ここからは塗装屋さんに交代です♻️

 

塗装を剥がして剥き出しになった鉄板(銀色の部分)は

プライマーという防錆効果があり、なおかつ上色との密着性を高める効果のあるものを塗布。

そしてパテで肌作り!

それぞれ、まっ平に研いでクォーターの表面を再現。

 

研ぎ終わったら、サーフェーサーを塗って、また研いで塗装前の処理を。

本来、クォーターガラスもスライドレールの所も

外して塗りたい所ですが、今回はご予算重視で取り外さない方法であった為

塗る範囲以外はしっかりと養生して、脱脂をしたらいよいよ塗装

 

塗装後は仕上げ磨きをして

納車前には感謝の気持ちを込めて、内外装をピカピカに😊🧼

 

こうして出来上がったお車はこちら👇

 

 

お車の引き取りにはご家族で来店くださいました♬

綺麗に仕上がったお車と一緒に記念撮影📸❗️

仕上がりにもご満足頂けて、とても嬉しい納車となりました🤗

 

保険使用で綺麗に修理✨

自宅の車庫に擦ってしまったと、ご入庫となったデミオ🚗

🔍拡大

綺麗なお色なだけに、とても目立っています😢⤵︎

 

あとどのくらい乗るか?と言ったお話もあったので

安価に出来る方法と、保険を使用して正式にお直しする方法の2パターンでご相談をし

ご家族の方と相談頂いたのち、後者の方法で進めることになりました💡

 

まずは、こちらクォーターの凹み修正からです

 

引っ張る際の土台となる鉄板(アタッチメント)をハンダでくっつけます🙏❗️

これをスライドハンマーを使用して引っ張る!!

アーチの部分やフェンダーの端等、それぞれのラインが綺麗に出るように。

凹み具合や状態を確認しながら、その時に一番最適なアタッチメントを使用しています。

取り付けする位置もポイントです☝️

押されて飛び出たところは叩いて🔨形を戻していますよ🙆‍♂️💡

形は綺麗に元通り♬

 

新品のリヤバンパーを付け、高さや角ラインの確認👀‼️

はい、OKです🙆‍♀️🆗

 

ここまで来たら塗装屋さんへ👨‍🎨✨

 

いつもの工程で丁寧に下地を作ったら、ブースにイン🚗💨

塗装をかけるため色をかけない部分には養生を。

塗る部分だけが、このように残ります。

 

こうして塗装後のお車はこのような感じ💁‍♀️

 

仕上げに磨きをかけ、それぞれパーツの組み付けをしたら

みんなで丁寧に洗車をして 完成😊🙌🎉

あれだけ目立っていた傷は、跡形もなく綺麗に

お客様にもご満足頂ける仕上がりとなりました🤗

エクストレイル傷修理❷

昨日のブログの続きです

 

後は凹みを直して塗装です。

ご自身で直すきっかけとなった所や、あちこちに飛び石傷を発見🔍👀

せっかくなので、一緒に直しちゃいます💪

 

サフェーサーを入れて

塗装をしたら、完成ーーー🎉✨

艶々で綺麗な仕上がりです😊

 

最初からお願いしておけば良かった!と仰ってはいましたが

綺麗になったボンネットを見てとても嬉しそうなご様子でした😆😀

お任せ頂き ありがとうございました🙇‍♀️

 

ご要望があれば、補修の仕方も掲載しますよーー👍

 

エクストレイル傷修理❶

ボンネット塗装の件でご来店頂いたお客様。

 

傷が出来てしまった事をきっかけに、修理に必要な工具をひと通り揃え

ご自身で何度か修理をやられてきたそうです

ご自宅のカーポートの周りもぐるりと囲って ブースのようにして修理をされていると伺った時には

本格的で凄いな〜とも感じました👀‼️

 

お客様がチャレンジして修理したエクストレイルのボンネットですが

修理が上手くいかず、ご自身でどうにも出来なくなってしまった…と helpのご依頼となりました。

 

ボンネットの状態を確認!

全体が傷だらけで艶がなくなっています😱

 

パテが付いていそうな箇所があるのでサンダーで研いで見ると…?

サフェーサーが出てきました!

もう少し削るとパテが出てきます。

 

しかしこの黒色何かがおかしい‼️

400番の黄色ペーパーをサンダーに付けて研ぐのですが

ペーパーに黒色のダマができて削れなくなります😱

これは塗料が何らかの理由で硬化していない状況😅

市販の塗料を素人さんが使った時に、たまに見かける光景です。

極端にイメージすると、固めるテンプルで固めた油みたいな状態。

想像出来ましたでしょうか?

 

塗料が完全硬化していないので、簡単に傷も入る上に

シンナーで拭いてみると秒殺で黒色が取れていきます😱

 

このままでは塗装出来ないので全部塗料を取ります!

この作業がとても大変😭

剥離材をたっぷり付けて剥がしていくので、床に墨汁のような黒色が広がっています。

新車の塗膜はこのような剥離剤で 溶け出す事はありませんのでご安心くださいね💡

 

ふー😂💨

30分以上もの時間が掛かってようやく綺麗に取れました。

 

作業の続きは明日のブログで👋😊

信頼出来る工場に任せたい!

「信頼出来る工場だと思ってお任せしました」

と先日納車のお客様からのクチコミで 大変ありがたいコメントが👀✨

ありがとうございます🙇‍♀️

 

お預かりした車両はというと、BMWのミニ🚗

右後ろのドアからクォーターにかけて

傷が広範囲で付いている状態です。

 

費用を少しでも抑えたい!と言ったお話を伺っていた為

本来、取り外しが必要となる各パーツは

最小限の部位だけにしました👍

 

——————————————————

🔶板金編🔶

さぁ、板金の作業です🔨

 

アーチモール(グレーのパーツ)は取り外し。

こちらは素材の問題で、傷修理をする事が出来ないので

新しい物と交換してしまいます

ちなみに他社では、この部分は交換不可と言われたそうです😵💨

 

キャッチも取り外したら、ドアとクォーターの凹みは

凸凹している箇所を手のひらの感覚で探って✋👀

修正が必要な箇所を事前にマーカーでチェック✏︎

 

修正する箇所にはハンダでアタッチメントをつけ、あとは引っ張る‼️

 大きな凹みはこのように修正されます。

 

そして、細かな部分までも修正し終わった様子がこちら👇

 

この後は塗装屋さんにバトンタッチ♬

 

——————————————————

🔶塗装編🔶

板金で直した箇所は研いで、滑らかな肌を作っていきます。

パテは出来るだけ薄く丁寧に

色をかける所は全て、塗装の密着性を良くするために研いでしまいます。

 

パテの作業が完了したら密着性を高める効果+防錆効果もある

サーフェーサーを塗布🙆‍♂️

この段階で、もう形は出来上がっています。

完成まであとちょっと‼️

 

お車はブース内へ移動🚗💨

周りは色が入ってしまわないように、紙とマスキングで養生をしたら

最後に塗装🌈

仕上げに磨きをおこなったら…

 

完成です💁‍♀️🎉

 

お見積もりでご来店頂いた時には、どのような修理が良いのか

お迷いになっていたご様子ではありましたが

納車時は、お車の仕上がり具合を見て大満足のご様子🤗♬

 

ここなら任せられそう!と信頼してお任せ頂いたのは

大変ありがたく、とても嬉しいご依頼でした。

ご入庫ありがうございます🙇‍♀️🍀