サイドシルの凹み。交換ではなく板金で直そう💪✨

 

『いつぶつけたのか分からないのですが気がついた時にはこんな状態だったんです💦』

と、アクアに乗っていらしたお客様👩

 

車の状態はというと・・

ドア下のサイドシルというパネルが広範囲で凹み

上の方は錆が出てきています😢💦

錆が出てくるまで気づかず、錆を見て凹んでいることに気づいた様子💡

 

サイドシルは他のパネルと違い、鉄板がすごく硬いので

板金するのが難しいことが多く、交換と判断されることがほとんどです💡

今回も交換をするお話でお車をお預かりしました🚙

 


 

お車が入庫して、板金屋さんが車の状態を再度確認👀

表面の塗装を削って見てみると、思いのほか錆が鉄板の深くまで広がっていないことが判明✨❗️

👨‍🔧『これなら交換せずに板金で修理できそうだよ👍✨』

と、心強いお言葉が☺️💓

 

サイドシルのパネルは後ろ側のフェンダーまで繋がる大きなパネルなので

新しい部品を必要な箇所でカットして溶接して・・と交換するため、

どうしても先々接合部からの錆が発生してくるリスクが💦

板金で修理を進められると車体にとっても、ご予算的にも大分抑えることができます🙆‍♂️✨

 


 

表面の塗装を研いだら

ハンダを使って凹みを引き出します💡

サイドシルの硬いパネルを引っ張り出すため

面の広い工具をハンダでくっつけて強力に引き、大まかな凹みを出します💪

▲作業後

その後細かいラインなどを調節するため少し小さい薄い鉄板を

ハンダで溶接し、同様に引っ張り出します💡

後は表面の凹凸を整えて板金作業から塗装の工程へと移ります🏃‍♂️

 

サイドシルの凸凹している表面を元の形に形成する板金パテをのせ硬化

⬇︎

表面を綺麗に整える仕上げパテをのせて硬化

 

そしてボディ色へ塗装して・・・・

塗装完了🙆‍♀️✨‼️

 

後は、外したドアパネルを元に戻してあげて洗車・点検をしたら作業完了😊

 

当初は交換で進める予定だったため、ご予算的にも負担の大きくなることから

不安に思っていたお客様も、この仕上がりと予定よりも安価で修理ができたことに

とっても嬉しいですと、ご満足頂けました☺️🍀

 

フロントの損傷でエンジン交換まで!

鹿との接触によってフロントを損傷した車をお預かりしました。

走行しているスピードによっても変わりますが

あの大きな体🦌とぶつかってしまうと、車の方に受けるダメージも大きくて当然です💦

ですが、幸いお客様にお怪我は無かったようなので、安心しました😣‼️

 

お車はというと、フロント周りの損傷は中のラジエーターにも破損が見られ

クーラントは空っぽの状態です💥

 

エンジンの無事を願いながら、クーラントを補充して、いざ始動!!

ブルルン ブルルン…🚗💭

… あと一歩っていう感じなのに😅

エンジンの始動には繋がりません。

 

入れたクーラントは吹き返し、プラグホール内に混入。

 

残念ながら、壊れてしまっていると判断されました😵⤵︎⤵︎

 

 

エンジンはリサイクル品で手配をし交換しちゃいます♻️💪

 

▼エンジンをボディから取り外し

▼残されたボディはこのように

▼この新しいエンジンを乗せます

 

エンジン交換した後は、オイルを交換してコンディションを整えるのですが

抜いたオイルの色は何とも言えない白濁した色に。

自然な色のオイルは、少し茶色がかった透明色~茶褐色です

どうやら吹き返したクーラントが混入して、パイプ類に残っていたオイルと混ざってしまったようです。

 

その後、もう一度オイルを入れて抜いてを繰り返し

やっと通常の色に戻ってきました👍

 

そしてもう一つ、エンジン始動した時に 車両後方では驚くような光景が😱💥

白煙で工場内が真っ白になってしまうくらい👀!!

排気管にもクーラントが入り込んでしまったのですね。

 

無事にエンジン交換も完了し、外装パーツも元通りに

 

大きな修理ではありましたが、綺麗にお直しして無事に納車となりました🤗

磨きムラで困ってます! 救済のご依頼。

もう結構長いお付き合いになるお客様。

久しぶりにご連絡をいただき、お話を伺ったところ・・・

こんなお困りごとがあったそうです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

新車を買ってから、休みと言えば車をピカピカに磨き
大切にされていました。

ところが今年、交通事故で大事な車をぶつけられてしまったため
購入した販売店(ディーラー)に保険の連絡をして
そのまま車の修理をしてもらったそうです。

 

修理が終わって納車されたのは夜。
暗い中での受け渡しでした。

数日後、またお休みを迎え張り切って洗車をしている時に

「なんだコレは⁉️」

仕上げの磨きムラに気づき、どうにも綺麗にならないため
ディーラーに手直しをしてもらいました。

手直しが完了したとのことで「今回は大丈夫ですか?」と念を押して確認したところ
『大丈夫です」と。

その言葉を信用して、また楽しみにしていた休日。

洗車をしていると・・

またしても😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡😡

ハァ〜!?  同じじゃん!!!! どこを仕上げたんだ!

俺がやった方がずっとマシ! って、どういうこと!?

 

怒りと苛立ちがおさまりません。

ドアに白く縦のモヤモヤが見えるのは全て
仕上げの磨き状態が悪く、
当たる光の加減でオーロラのように見えてしまっている状態です。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 

このお客様は、昔からテクニカルオートには御縁のあるお客様です😄

 

大丈夫と言っていたのに2回目もこの出来で戻ってきたら3回目きれいに直してもらえる気がしない。
信用ができないから、テクニカルオートさんで直して欲しい とのご依頼でした😃

「磨きで直りますよ」とお伝えしたのですが、
『磨きだけではなく、こんな仕上げ方をする人の修理なら
塗装もどのようにしているのか信用できないので塗り直しをお願いします』と😅

今回の事故でFドアを交換したので隣接パネルも塗装しています。

交換したドア裏を見て見ると水抜き穴につけていたハズのシールが付いていません😭

他の3枚のドアは付いているのに😅😅 これはディーラー施工者の付け忘れですね!💦

CX-8の水抜き穴のシールは元々バックドアにしか無く
F、Rドアには付いていません。

実は、お客様はご自身でトヨタのシールを購入し付けていました!

 

そこまで気づいてほしいところですね!

 

後はいつも通りに作業です👍

 

塗装の範囲はフロントフェンダーからリヤドアまで。

外す必要がある部品は外し、きれいに塗り直しました。

 

納車の時は、磨き状態が一番分かりやすい西日を当てながら確認してもらい、

やっぱりテクニカルオートさんですね!とご満悦😊😊

画像クリックで動画再生

最初から来れば良かった との言葉に 大笑い。

笑顔の納車となりました。

 

ありがとうございます😃

困った時にはテクニカルオートです😆😄😁

 

交換では無く「修理」で!

保険会社さんからのご紹介で アクアがご入庫🚙

助手席側のリヤドアからリヤフェンダーにかけての損傷です。

凹み具合も大きな物でした。

交換❗️とも判断出来るくらいですが、車に優しい方法を考え 板金修理🔧 で進めることに💪

 

____________________

リヤフェンダーは構造上、袋になっているので、裏側に手が入りません🙅‍♀️

なので叩いて形を戻すという作業では無く、凹みを表面から引っ張って出してあげる方法になります

 

▼使用するのはこちらの道具

引出しに使うアタッチメントの形と大きさを選び、引き出したい方向を定め

角度をみながら半田を溶かして接着します。このように👇

そして引っ張る為の工具をセットして、エイッ‼️

引く強さを調整しながら✌️

 

もう一箇所の凹みも同様に修正しています👇

 

それぞれのラインが決まり大まかな凸凹が修正されたら

今度は『スタッドプーラー』を使った、点による細かい修正をしていきます!

 

2種類の板金作業を経て凹凸が元通りになった状態がこちら👇

 

この後は塗装屋さんにバトンタッチ✋

剥き出しの鉄板が腐食してしまわないようプライマーを塗布し

パテなどの工程で下地作り。

 

最後に調色した塗料をボディに乗せて・・完成😆✨👏

綺麗に直りました👍♬

 

お返しの際には、タブレットを用いて修理の様子をご紹介💡

仕上がり具合にもご満足頂けた様子で安心しました😊

ポルテ バンパーとフェンダーの損傷

フロントバンパーとフェンダー が損傷してしまった、お車ポルテ。

 

修理のご相談をディーラーさんにされていたそうですが

実際、修理にかかるのは何ヶ月も先になってしまうといったお話があったようで

テクニカルオートに足を運んでくださったんだとか😊

見つけてお立ち寄り頂けるなんて、ありがたいお話です🙇‍♀️

 

 

バンパーもフェンダーも損傷範囲はそんなに大きな方ではありませんが

深くえぐれたような感じになってしまっていました😥

 

まずは、バンパー・ライト、そしてフェンダー の付属品をそれぞれ外し

引っ込んでしまっている部分は、裏から叩き出し形成していきます

バンパーと繋がるフェンダー の角のラインはきちんと元の通りに出してあげないと

バンパーをつけた時に隙間が綺麗になりません。

 

そのため、形成をしたら新しいバンパーを仮合わせして

高さや隙間など綺麗に整っているか、隈なくチェックしています🔍👀

 

ここまで進んだら、板金屋さんから塗装屋さんへバトンタッチ🙌🏻

下地処理を丁寧に行なったら、車両はブースに移動🚙💨

そして、この後は色を塗って完成となります

 

修理方法として、バンパー・フェンダー共に交換といった内容も可能でしたが

少しでも安価で修理が出来る方法をと考えた結果

今回のお車はフェンダーを板金でお直しする事になりました。

 

もちろんフェンダーの凹み具合や状態によって交換・板金のどちらが宜しいかは

費用面・仕上がり具合・修理日数…etc.

どれを優先するかによって、ベストな方法は異なります。

それぞれお客様のご希望に添えるよう、一台一台丁寧に見させていただいていますよ〜😃👍

 

「うちの車も直さないとなぁ〜」

と修理を考えの際には是非お気軽にご相談くださいね☺️♬

インプレッサ ルーフサイド〜ゲート開口部 クラック錆修理❷

昨日からの続き👉👉👉

 

塗装部門へ移動🏃‍♀️

剥き出しの鉄板に防錆のプライマーを塗布

塗装ブースへ入る前ガスプライマーで塗料の密着をよくするための下処置💁‍♀️

いよいよブースの中へ💨行ってらっしゃい👋

 

塗装をかけない部分は丁寧に養生して

リーシング剤を使って完全にひび割れ部分にフタをします

その後、塗装をかけます🌈

塗装後がこちら☝️

後は外していたルーフモールと開口部のモールを元通り取り付けして

室内外洗車を済ませたら・・・

 

完成🎉😊🙌

錆びていた箇所がどこかわからないくらい綺麗になりました☺️

すごこのお車を大切に想っていたお客様。

これからも長く長く乗れることを願っています🙏

 

 

 

インプレッサ ルーフサイド〜ゲート開口部 クラック錆修理❶

 

雨の降る日修理のご相談でご来店くださったインプレッサにお乗りのお客様🚙💡

 

どんな相談かというと・・❓

こちらの箇所💡

どこかというとリヤゲートを開けると見える

こちらの部分です☝️


ルーフサイドの合わせ目部分に錆が発生していました💦

この箇所を100%の状態に直してあげるにはクォーターパネルやルーフなどの

溶接でくっついているパネルを全部交換してあげないといけない・・

金額も高額に💸💦

 

どのように修理を進めるか一緒に相談し

できる限りの錆を削り落としコーキングをして外側からの錆の進行を防ぐ方法に決定😊💡


 

修理スタート❗️

ルーフモールを外してみるとその下は塗装が割れ

そこから錆が発生していました😢

錆を削り落とします🌀

そしてゲートの開口部ふちのモールも外すと

こちらの方は広範囲で錆が😱

ここも一緒に直すことにしました🙆‍♂️❗️

ベルトサンダーを使って研磨💡

荒さの違うものを使い分けて

ペーパーも使って

研磨完了🙆‍♀️⭕️

 

明日は塗装部門へ移動してからの修理の様子をご紹介😄✌️

 

ティグアン ドアに出来た小さな凹み

ティグワン🚙の運転席ドアに小さな凹みが…‼️

ちょうどプレスラインに掛かる所。

当初デントをご希望されていたようですが、このようにライン上に出来てしまった凹みは

簡単には出てくれません…😢

ドアを修理する方法でお預かりさせて頂く事になりました。

 

凹みの部分にはパテをうす〜く塗布。

定規のような平たい物を使い表面を均しています。

 

本来は隣接するパーツに塗装のぼかしを入れるところですが

少しでも安価な方法をご選択だった為、今回はドア単体を塗装する方法で💡

パールの入っているお色は

単体でそのパネルだけ塗装をかけてしまうと

隣接するパーツとのパールの入り具合が変わってしまう為、見え方が全然違うんですよ〜🔍👀

 

パテの種類を変えて再び塗布し、硬貨した後は不要なパテは研いで落としてしまいます。

 

塗装前の最後の仕上げ、サフェーサーを塗布して

塗装範囲全体の塗膜を落としています。

 

そして、全体の汚れや油分を落として

塗装

 

塗装時についてしまった小さなゴミ・チリをペーパーで丁寧に取り除き

最後はポリッシャーで磨き仕上げを行います。

 

こうして出来上がったお車はこちら👋😊

ご覧ください👍

 気になる凹みはすっかり元通りになりました😆

レジアスエース🚙クォーター修理

先日、レジアスエース🚙を修理でお預かりさせて頂きました。

テールランプは破損し、クォーターも衝撃で折れてしまっています💦

そしてバンパーにもひび割れが見られました。

 

今回は保険を使用する方法でのご依頼でしたが

別件でこちらの凹みの修理もお任せ頂きました。

 

┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈

 

破損しているバンパーやテールランプは全て取り外して

クォーターが押されている部分の修正を行なっていきます🔧

後ろから押されている状態を、逆の力で引き出す💪

引き出す方向に最適な角度でアタッチメントを半田を溶かして接着します。

変化を見ながら、位置を変え細かく細かく修正をしています。

 

修正が終わったら、引っ張っていた部分のパネルはカット✂️

この部分には新しいパーツが取り付けされます

▼黒い部分が新しいパーツ。溶接機でボディにくっつけてしまいます。

 

左側の凹みもこのように綺麗に修正できました!

 

┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈ ┈

この後は塗装屋さんの作業です🍀

 

板金した部分には、プライマーをたっぷり塗って鉄板の防錆処理を施し

数種類のパテ塗布して研いでという作業を何度か行います。

 

左側も同様に。

形が出来上がってきました♬

 

この後はサフェーサーを塗布し、下地作りが完成したらブースに入って塗装🌈

 

そして塗り終わったら磨いてピカピカに〜

 

この後は防錆剤をた〜っぷりと塗布。

ここも大切なポイント☝️❗️

手が届きにくい範囲なので、全体に防錆が行き渡るように「これでもか❗️」というくらいたっぷりと😆

▼下から出てくるこのモクモク感💭お分かりになりますでしょうか?

錆が防げるなら、私も浴びたーい🙋‍♀️💓

 

そして車両は板金屋さんに戻ってきました。

外したパーツをそれぞれ元に戻したら、完成です🎶

 

とっても綺麗な仕上がりとなりました😊👍

 

グランドマジェスティ バイクのエンジン不始動の原因🏍

 

以前にも一度ご相談頂き、車の専門ながら

バイク好きの整備士伊藤👨‍🦲がどれどれ

と点検させて頂いたことのあるバイク🏍

 

『エンジンがかからないんです💦』とのお困りごとで

ご相談でした💡

 

普段は車の引き取りしかしていないため、

搬送車に乗せるため自宅からバイク用のロープを持参し

お客様の元へ引き取りに伺いました❗️

 

 

エンジンがかからない・・・

ふとマフラーを覗いてみると👀

❓😳

水が溜まっている💦

しかも結構な量の水がマフラーいっぱいに溜まっていました。

エンジンがかからない原因はまさにこれでした❗️💧

 

冬の間、保管していた時に知らず知らず雪がマフラーの中へ入り込み

マフラーの角度的に流れ出ることなくマフラー内部に溜まっていたのでした😢

 

 

マフラーを外し分解、清掃💨

エンジンがかからないところ何度もかけようと頑張ってしまっていたため

新しいバッテリーも劣化しているような状況でした💦

数日間お預かりしなんとかエンジンはかかるように🏍💨

 

お客様へエンジンがかかるようになったことをお伝えすると

『本当ですか❓❗️✨😭』もうダメかと思っていたので・・

ととても喜んでいらっしゃいました☺️

 


 

納車の時、お母様と娘さんという親子で引き取りにいらした際にお話を伺うと

昔はもう一台同じグランドマジェスティの色違いに乗っていて

2台並んでいつも走っていたそう😉✨

 

きっとこのバイクにはご家族の楽しい素敵な思い出がいっぱい詰まっているんだなぁ🌸

と思うと、バイクが復活できたことを私たちも嬉しく感じました🍀