サーブ フロントバンパー・フェンダー修理

駐車場で擦ってしまい、

バンパーに傷がつき、

フェンダーが歪んでしまったお車🚗

サーブ(SAAB)という輸入車です。

初めてのご来店でしたが、実は以前、ご家族の方がテクニカルオートをご利用頂いた事があったとのこと!

修理方法などを相談し、お預かりすることとなりました。

 

ぶつかった事で、車体の内側へ押され変形してしまったフェンダーは、板金をして元の形へと形成

 

左側についたバンパーの傷は修理をして、経年による部分塗装のぼかし目が出ないよう、 バンパーを取り外して1本全部を塗装しました。

 

『せっかく車が綺麗になるのでずっと気になっていたホイールナットの錆も一緒に綺麗にしたい!🔩✨

とのご希望もあり新品のもので交換もした所で…全て完了🙆‍♀️✨

 

ナットも新品でピカピカ🌟

▼お直しした箇所もこんなに綺麗に🌟

 

そしてお返ししてから数日後、実はこのお車が走っている所を偶然発見👀❗️

 

綺麗になった車で実際に走っている所を見ると何だか、より嬉しい気持ちになりました😄

ティーダ リヤフェンダー修理

ご入庫頂いたティーダ🚗

リヤフェンダーとリヤバンパーの修理でお預かりしました。

 

 

このそれぞれのラインが合わさる部分は

板金でしっかりと出さないと仕上がりがイマイチになってしまいます。

 

そこを意識しながら、いざ修理❗️

 

▼バンパーを外してみると、意外にも凹みが大きい事がわかります。

 

まずはこの状態から、元々のラインを出す為に引き出し板金をしていきます。

板金が綺麗に出来ると、この後のパテ埋めが少なく出来る為

この部分の作業はとても重要✨

 

 

 

▼引き出しした後は、形を整えていきます。

 

▼板金で凹みを出せたらバンパーを仮合わせ

 

良い感じの面出しが出来たので、次は下地処理へ😊

板金が上手くいくと、下地処理も良い感じに♪

 

 

このあとは、塗装を行い リヤバンパーは交換した物を取付して完成~!

 

綺麗にお直し出来ました👌

 

車の足廻り バンプラバーが錆で欠落

👨『フレームの所の溶接って出来るかな?』

とハイラックスサーフにお乗りのお客様からご相談を受けました。

 

リフトに上げ、お車の状況を確認👀

 

 

リヤバンプラバー(サスペンション構成部品の1つ)の取付部が錆で腐食…。

そしてバンプラバーその物も落ちて無くなってます😨

 

▼あるはずの物が…無い!!!

 

これでは乗り心地も悪いはず。

 

このままではバンプラバー自体も取付が出来ない!

 

良し!直していきましょう💪

 

まず、フレームに残っているバンプラバーの土台は取り外してしまいます。

削り落として防錆して溶接!

このままでは鉄板が剥き出しなので、

錆を防ぎますー。

 

そして、新しい土台を取付けます。

 

次はバンプラバーの取付!

 

 

 

完成~♪

 

これで乗り心地も良くなる‼️

綺麗になると気持ちいいですね☺️

 

お客様も安心してお帰りになりました🤗

バンパーを外して発見👀骨格の錆

フロントバンパーとヘッドライトの交換で

keiをお預かりしたのですが…

 

フロントバンパーを外してみると、

フロントクロスメンバーの錆がスゴい!

頑丈な部分なのに、もろくなってしまっています。

 

クロスメンバーって? ここです。

クロスメンバー

自動車の骨格 クロスメンバー スズキkei

 

ここは、車の骨格の一部です。

右も、(進行方向で右:運転席側)

左も、(進行方向で左:助手席側)

この状態では、本来発揮すべき役割を果たしきれません。

ここまで錆が進行してしまうと

クロスメンバーの交換が必要です!!😵

 

このクロスメンバーの部分だけを修理となると、

費用的にもご負担が大きくなってしまいますが、

今回はバンパーを交換する為、ついでにやった方が絶対良い!

っていうか、あぶない💦

スタビライザーバーの固定箇所なのでこのままでは危険なのです。

スタビライザーバーって?

左右のタイヤの内側から、

ず~っとつながっている長~い棒っこです。

スタビライザーバー

自動車部品 スタビライザーバー スズキkei

スタビライザーは車がカーブするときに車体の安定を保ってくれる大事な役割をするので、

ここにまで影響が出てしまうと大変です。

 

ということで

交換😊

骨格は、頑丈でなくてはいけない!

普段はなかなか気づくことは出来ません。

車検整備やオイル交換など、リフトアップをした機会に

下から覗いてみて錆を発見した時は

酷くなる前に早目の錆処置をしてあげると良いかもしれませんね!

 

右側のヘッドライトも磨いてきれいにして、

ヘッドライト曇りの左右差を無くしました。

修理完了です😊

 

ディフェンダー腐食修理

登録は28年のまだ新しい車なのですが、

アルミが腐食しています

 

どこがというと…

▼ほら!ここです まだわかりにくい?

▼ここです。 白くなってるところ

▼この小さな部品を外すと裏側まで腐食が!

研磨して素早く防錆して塗装です

 

染まりが悪いので下色を塗り、本色です。

▼薄っすらピンクの下色

▼本色に塗装できました

取り付けして完成です

 

なぜ、この部分だけ腐食したのかは

謎です。

外側からなのか、内側からなのか、

何か小さなきっかけから腐食がどんどん広がったのだと思いますが…。

鉄板は錆が茶色くなって進みますが、

アルミの腐食は、こんな感じになるんですよ。

 

ずっと気になってた所が、

きれいになりました!

気分晴々☀️ 気持ちいいです♪

デリカD:5 バンパー部分塗装

LINE@から、バンパーに傷かついてしまったとご相談がありました。

部品交換の場合、両方の傷を修理した場合など考えられる修理内容をお伝えしたところ、実際に車を見せに来てくれました😊

実際に傷が確認できるとより具体的にお話ができます。

バンパーのボディ色と同じ色の部分、そしてフォグランプ周りのシルバー色の部分それぞれに一連の流れで傷がついています。

 

 

相談して決まった修理内容は…。

 

▼このように決定

 

右側は少~し傷が残るかもしれないけど

だいたい気にならないくらいになると思う!

左側は削れてしまって素地が出ているので

塗装しないと直らないから部分的に修理!

 

ということで。

右側は磨き✨

左側は部分塗装

傷の部分はきれいに研いでUVパテを使用し、

UVサフェーサーで処理をして、塗装です。

塗装の範囲は、養生されていない、

表に出ている部分です。

 

きれいに直りました😊

このような修理方法であれば、保険を使わず直した方が良いです。

一時的な出費にはなりますが、

保険料の差額と比較しても

トータルの出費を抑えることができます。

困ったなぁと思ったときは、お気軽にご連絡くださいね!

内張溶接!バンパー溶接の応用

アルファードの内張は上下2分割に分かれています

 

この横の隙間が広がってしまい、何とかしてほしいとの事で!

上下2分割なのに交換となると一体物になります

価格は7万!!?

きゃーーー😫うそぉぉぉ💦

 

先ずは内張を外します

 

 

ここの部分が剥がれて

 

☝隙間が広くなっています

 

その剥がれた部分を溶接していきます

 

登場するのがポリバンスの溶接機です

 

 

素材はPP

溶接していきます

 

 

これでかなりの強度になりました

思いっきりやると溶接部分が強すぎて、溶接横の、元の部分がちぎれてしまうでしょう!

7万もする内張だけど、とぉぉっても安価に済みましたね!😊よかったよかった

 

ハイエースフロントパネル板金

ハイエースのフロント事故。

結構大きな損傷だったため、車両保険の限度額を上回る、修理費用が掛かる状態でした。

仕事で使っている車両のため、一刻も早く直したい!

貨物車のため、年に一度の車検が必要で、更新時期も間近でした。

保険で降りる額と、修理費用の差額、そして車検費用。

いつもより大きな出費となりますが買い替えるよりはるかに安く早いということもあり…。

ハイエースのフロントパネルは、ボンネットのようにビスで交換できる物ではありません。

交換が必要な箇所と、修理できる場所。出来るだけ安価で収まるようにフロントパネルは板金で直すことにしました。

ゴンっとチョップされた様に凹んだパネル。

ここを板金するためには、室内側をバラバラにする必要があります。

👇助手席に座った目線です

この配線もよけることになりますが、凹んだ箇所はこの状態でもグイッと押し出される様に変形しているのが分かります。

もう少しバラしてみると。

ここを表と裏、両側から板金です!

きれいに凹みを直して塗装もして、

これで大丈夫‼️

元よりきれいになった✨とお客様も喜んでくださいました(笑)

引退するのは俺が先か車が先か?なんて笑いながら仰る元気いっぱいの人生の先輩が沢山いらっしゃいますが、

どちらも、まだまだ‼️

元気に走り続けて欲しいです😊

車の屋根に傷 ルーフ修理塗装

車の屋根を、駐車場で大きく擦ってしまった状態で、

昨年末に修理の相談にいらしたお客様。

  ⇒過去ブログ 車の高さと駐車場の高さ

今回は、車両保険を使用することができないため

できるだけ安価に修理をしたいご要望。

本来でしたら、ルーフ交換という状態。

大きな範囲に、多数の傷・大きなゆがみを修理することになりました。

 

直さなくてはならない凹み部分に全て印をつけ、

 

凹みを直してから、傷を隠します。

 

 

表面をきれいに平らにするために、パテは使用しますが

ここはできる限り薄~くつけたいところ!

長くきれいな状態で乗れるように、

板金やさんと塗装屋さん、頑張りました!

 

▲サーフェーサーを吹いて塗装の直前状態。

 

塗装しない箇所は、マスキングをして覆い、

余計なところにミストが掛からない状態にしてあります。

今回は、ルーフモールの外側の部分にも傷が入っていたので

フロントピラーまで塗装をして仕上げます。

 

▼塗りあがりました

 

出来栄えはどうなるかな?屋根だからあまり見えないし目立たないかな?

そう心配されていましたお客様。

 

納車の時の、車の仕上がりを見て

『とってもきれいです!』と喜んで頂くことができました😊

ご満足いただけて良かったです!

バックする時 ブザーが小さい

車がバックする時の 『ピー・ピー・ピー』 という音。

この音が、前よりも 小さい気がすると ジムニーのお客様・・・

 

バックの音が小さくなるって、なんだろう~?

更に、バックブザーだけでなく、シートベルト警告ブザーの音も小さい!

どこから鳴ってるのか調べてみましたが、

本当に音が小さくて、なんだかよくわからない!

で、更に更に調べてみたら

あった!

メーターの裏でした!

これかぁ~~

ブザーが鳴っているスピーカーの異常です。

 

 

でも、スピーカー単体の供給が無いため

メーターassy(丸ごと)交換となりました。

 

交換後は、 大丈夫!

しっかり聞こえます^_^