GT-R 35 中期から後期の顔に

去年、リヤスポイラーを取り替えた

記憶に新しい GT-R!

🏎過去ブログはこちら🏎

春になったら!…と楽しみにしていたこと。

それは…?

このバンパーを後期の形に交換したい😁✨

でも、バンパーのデザインが変わると、バンパーからボンネットに繋がるラインはどうなる???

😳ボンネットも同時に交換!?

ということで、

バンパーは後期型に作られた、社外のFRP素材のエアロを、

ボンネットはそれに合わせて後期型の純正を注文。


◆FRPエアロバンパー


届いたエアロは、

↑こんなやつ!

色が付いてないから、抜け殻みたいに

半透明の状態です。


バンパーの仮合わせ


届いたから、ぽんぽん〜っと取り替えられる??

いいえ、そう簡単ではありません。

車体に、きちーんとピッタリ合うことを確認しなければなりません。

どれどれ!!!

まずは、新しいバンパーを取り付けるために。今のバンパーを取り外します。

あれ? なんでタイヤも外すの?

タイヤを外さないとね、

バンパーが外れないからです🙋‍♂️

じゃあ、いよいよ!!

付けてみよう!

どうだ!!

おっ

🤩いいんじゃなぁ〜〜い?


社外のエアロバンパーは、

実際に取り付けて、合わないところがあると調整や加工などが必要。

場合によっては、調整などで済まず、形状・サイズが違うということで、メーカーに返品交換の依頼をする場合もあります。

高価な物は仕上がりも良いですね。

ちなみに、バンパーの部品代は33万円ですって!(◎_◎;)

錆は早期発見早期治療-車の癌

ひと冬越して、久しぶりに洗車をしたときに

『あらっ?』 と気づかれる方が多い車の錆。

いつの間にか そこにある・・・!

“いつの間にか”なのですが、小さな錆の発生に気がつかないでいると
どんどん進行して、直そうかな と思ったときには大変なことになっていることがあります。

 

今日は、お客様からよく相談がある
サイドシルの錆修理についてご紹介します。


🔹サイドシル 錆修理


小さく出ている この錆が気になるんです。

ドアを開けたところに見える、さび色。

よく見るとその横はボコボコしています。

隠れているので、外側のカバーを外します。

ここです。

すると、隠れていたところが
どうなっていたか?というと・・・

あら。

思ったより広範囲ですね。

実はこのように塗膜の外まで見えるようになってしまうと
鉄板の内側で錆が進行しているため
「ちょっと簡単でいいから直して」という訳にはいかないのです。

錆は少しでも残すと、どんどん広がります。
錆修理をせず、ごまかして塗装をし、簡易的に済ませると
何週間と言わず、ひどいときなら1週間後にはプクプクと浮いてくることも。

 

まずは今見えている外側の錆を落としましょう。

錆を落とすと、鉄板が無くなってしまいます。

 

次に切開します。

内側はこんな感じです。

癌になる錆の部分は切り取ってしまい、
内側の見える錆は削って保護します。

次に、切り取った部分に、
新しい鉄板を丁度良い大きさに切り合わせ…

そして、溶接!

溶接個所は、研いで平らにします。

そこに、鉄板を保護するためにプライマーを塗って

空洞になったサイドシルの中に
この小さな穴からも防錆剤をシューーーーーッと入れます!

放射状に噴き出すこのノズルを使用するんですよ。

こんな風に吹き出します。

そして、注入。

下から滴り落ちるくらいたっぷりと入れます。

ここまでして、ようやく
あの小さく気になっていた錆の処理が終わります。

この後は、また、下地処理をして、塗装の工程に進み
きれいに完成します✨

 

ご紹介したこの錆修理は、まだ重症ではありません。

 

錆の修理は大きくなればなるほど大変です。

 

早期発見!早期治療が、その後の再発を抑制させ、
料金的にも、ボディのためにも、安心の状態をつくることができます。

 

 

サイドシルや、タイヤハウスのまわりは、ドアなどと違ってポンポンと交換できる場所ではないので、

できるだけ早めに見せに来てくださいね!😊

新車ステップワゴン 傷修理

新車で納車されて間もなく、
傷がついてしまったステップワゴン。

走行距離、900kmのお車です。


・とにかくきれいに直したい!

・だけど、できるだけ安価で済ませたい!


これがお客様のご要望です。

 

どこで直したらよいだろうと、インターネットで修理工場を探し、
色々調べて数ある修理工場の中から選んで
テクニカルオートにご来店頂いたそうです。
大変ありがたいお話です✨

修理したい場所は、リヤゲート。

リヤゲートは通常、内貼りも外し、ナンバープレート(封印)も外し、
ガラスを外してバラバラにした状態で板金修理、或いは交換を行うため
予想以上に高額になってしまいます。

今回は、安価で済ませるというご要望でしたので、
メリットデメリット等お伝えしたうえ、部分的に修理を行うこととなりました。


◆ リヤゲート 部分範囲で板金塗装


 

先ずは、塗装の妨げとなる部分のエンブレムを外します。

傷つけないように、ゆっくりと丁寧に。
そして、プラスチックベラで隙間から外していきます。

周りに黄色いマスキングテープを貼っているのは、わかりやすいようにではなく
ヘラでボディを傷つけてしまわないようにです。

 

次に傷ついてしまった部分に、密着プライマーを塗布します。
鉄板を錆びから守る役割と、形成するためのパテをしっかり密着させる役割との両方の効果があります。

プライマーを塗った後に、研いできれいにします。

次にUVパテを付けます。
紫外線を当てると、30秒で硬化します。

このパテは、硬化した後も柔軟性を伴う上、収縮しないため
割れや浮きが出ることなく、
長くきれいな状態を保つことができるのです。

 

硬化したパテをきれいに研ぎ、形を仕上げてから
サーフェーサーを塗ります。

更に研いで塗装する面の処理を仕上げた後、
塗装しない部分の養生をします。
これが “マスキング” です。

いよいよ、塗装に入ります。
塗装ブース内で行います。

純正の色ですが、車体に合わせて微妙な調色を行った塗料を用います。

何度も塗り重ね、しっかり色を塗り、最後はクリアで仕上げます。

ここで完了ではありません。

最後に、塗装面を磨きます。

ミガキの作業では、小さなごみ等が無いかのチェックを行いながら
新車の肌に合わせます。

平らになりすぎて鏡面肌にならないように、スポンジバフで磨きます。
この肌を合わせる仕上げも、職人技です。

黒い色は傷や汚れなどがとっても目立ちやすいので、
アルコールを吹き付けながら、油分などを取って最後は手で拭き上げます。

これで、新車と同じく、出来上がります。

 

お客様へお渡しした際は、料金、仕上がり共に
大変ご満足いただくことができました😊

 

新車でご購入されたばかりの大切なお車を、
私たちにお任せ下さったこと、
大変光栄に思います。

ありがとうございます!

ランクル80車検 オイル漏れ修理

いつも整備や修理でご利用頂いているお客様のお車を、車検でお預かりしました!

◆ランクル80 車検整備

インテークマニーホールド ガスケットからのオイル漏れを直すところからです。

ガスケット →要するにパッキンのような役割の小さな部品なのですが、これを取り替える為には、色んなものを外さないとたどり着けない場所にあります。

先ずはこの大きいのを外して、

その下にある…

これこれ! これの〜、

ここの部分がオイル漏れを起こしています。

▼ここです

で、ごちゃごちゃいっぱい着いているものを全部外してしまってから、

よいしょ!

この四角い部分それぞれに着く、ガスケットを取り替えるのです。

▼こんな部品です。

燃料が通っているパイプも、外さないとならないんですよ。

なかなか大変でしょ。

でも、こういった不具合をごまかさずにちゃんと整備しておくと、車は長〜〜く快調に走ってくれるんですよ。

マフラーの排気漏れは、いずれ交換しないとならないけど、ここは排気漏れを止めてあげさえすれば大丈夫なので、溶接で修理!!

ちゃんと、やるところはやる

様子見で良いところは保留にする

お金を掛けずに出来るところは、出来るだけ安価で済ませる。

そして、後から困らないように、長く乗れるように、判断して車検をとる。

これが、車とお客様のための、

トータルで考える一番お金を掛けない、

安心の車検です。

やるところを何でも省くと、車の寿命も短くなり、車買い換えなんて高額な出費を短いスパンで繰り返すことになります。

車検をとろうと思っていたのに…と、突然の出来事が起こらないためにも、しっかり判断してメンテナンスをしましょう!

🚙✴️🙋

エアロパーツ 2色塗り分け

CR-Zに取り付けるNOBLESSEのエアロ。

この前は、下地処理をして

サーフェーサーまでで終わりました。

→塗装までの工程←

◆エアロ 2色に塗り分け

先ずは、全体に黒を塗りました。

マスキングをして白を塗り。

この、マスキングを外すと…

きれいに2色に✨

2色に塗り分けたところで最後に全体をクリアーで仕上げます。

塗る前はきれいに脱脂をして。

クリアーをガンに。

全てのパーツを、一気に塗りあげます。

細かいところまで丁寧に!

塗装ブースは誰でも出入りできる場所ではありません。

ブースの外から窓越しにでしたら、塗装の見学もできます😊

塗り上がったパーツ、

✨ピカピカ✨です。

このまま、自然乾燥。

仕上がりが楽しみです😄🎶

エアロパーツ 塗装までの工程

フロント大破のCR-Zです。
所有者のご希望で、
どうせ取り換えるなら純正バンパーではなく、
前々からつけたいと思っていた高級エアロをつけたい!

自費で購入し取り付けることにしました。

エアロは2種類のメーカーを選びましたが、
受注生産のため、到着までに約1ヶ月半。

修理は進められるところまで進め、
エアロの到着を待って一時中断。

 →前回投稿のフレーム修正はこちら←

そして、待ちに待ったエアロが到着しました😊♪


◆エアロ塗装の工程

エアロはボディー色に塗装をして使用します。

が、ただ色を塗るという簡単なものではありません。

 

素材の巣穴を細かくチェックし、
巣穴全てを埋めてきれいにします。

そうしてあげないと、
塗装後の美しさが、全く違ってくるのです。

 

・フロントバンパー

白っぽく色がついている所は、巣穴を埋めたあとです。
生産の時に繋ぎ目となる付近が、
どうしても補修が必要になりやすいです。

・リヤバンパー

・リヤバンパーにつく部品

・サイドスポイラー

 

塗装ブースの中に設置完了です。

 


色を乗せるためには、素材を全て研ぐ必要があります。

塗装の密着を良くするための大切な作業で、
ひとつひとつの手順をきちんと丁寧に行うことで
仕上がり品質、納車後の品質の維持に繋がります。

超~ベテランのスタッフが手掛けても、
リヤバンパー1本だけで2時間も掛かりました😅


・これで塗装の準備が整った!?

いいえ、まだです。

次は、サーフェーサーを塗布します。

調色した色をきれいに密着させるための
お化粧下地の役割です。

白く見えますが、色は明るいグレーなんですよ。

 

ボディーのような鉄板と違って、エアロの素材は
強制的に熱を掛けて乾燥させることができないため、
これで、自然乾燥。

このまましっかり乾くまで、
そして余計な水分油分ごみホコリが付かないように
塗装ブースで、明日まで。丸一日、この中です。

 

明日は、塗装かな!!

 

楽しみです😊

 

 

 

 

 

 

フロントドア凹み クイック鈑金

毎日、色々な修理で車をお預かりします。

時には、どう~~~しても急いで修理しなければならない事情のあるお客様も。

『明日人と会うので、 ぱっと見、わからなくなるように。 というか、バレない様に・・・。 』

ん~ ぱっと見わからない のと バレないのとでは 随分違いますが、
こちらで感じたお客様のご要望は

  1. 『人と会う時間に間に合うように』
  2. 『ぱっと見わからないような簡単な修理で良いので安価でおさえて』
  3. 『バレないように直してほしい』 ですね! (笑)

とにかく、ご要望は承りました。 時間がありません。
間に合わせるためには今すぐにでも修理を始めたい!!と やる気に満ち溢れます(笑)


◆フロントドア ライン上凹み修正

ドアの内貼りは全部バラします。

そして、内側からドアの凹みを押し出します。

粗出しをした部分を、細かく板金で修正。

たたく!

ひっぱる!

 

先ずは、

↑これが ↓こうなりました

 

 

次! 研ぐ✨

いいねぇ~

 

板金パテ

 

ポリパテ

 

サーフェーサー

 

マスキングして、塗装!

 

太陽灯でチェック

 

 

 

完成~~~!!

 

 

お約束通り、“待ち合わせ” に間に合う時間に、
お渡しできました😊

 

 

 

 

軽自動車 側面事故の修理

◆事故の状況と保険の適応

交差路で、車同士の接触。
実は、借りていた車での事故でした。

運転していた方は、自分が所有している車に
ちゃんと自動車保険を掛け、
更に 車両保険にも入っていたので
『他車運転特約』を使用して、
借りていた車の修理の補償も、接触した相手への補償も、
両方受けることができました。

 

すまなさそうにご来店されたお客様。

大丈夫、車はちゃんと直りますので😊
それより、怪我が無くてよかった!😟💦


そんな事情で、入庫になったアルトエコ。

部品が入荷したので着工!

一日で一気に進みました。

◆側面損傷 修理の過程

損傷個所は、
フロントドア・リヤドア・サイドシル・リヤフェンダー。

各パーツとも、大きく凹み、損傷範囲が広いため交換となります。

先ずは、分解。
ドアだけでなくリヤバンパーもテールランプも外します。

そして、サイドシルの大きく損傷を受けたところも
切り開いて、取っちゃいましょう!

リヤフェンダーの歪んだ部分は、
外のパネルが付いたまま修正。
元の位置に、きれいに。

そのあと、リヤフェンダーの外側のパネルを
切り外します。スポットで止まってる部分を、
一つずつドリルで揉んで。丁寧に。

はい! リヤフェンダーが外れました。

こんな風になってるんですね~~~!

これからは、新品部品の取り付けです。
下に並んでいるのが 新品パーツ。
色を塗る前の部品です。

このパーツを取り付け位置に固定して、

ドアを合わせてみながら、

それぞれの位置を確認して、
とりあえず溶接でくっつけてしまいます。

つなぎ目に、点 点 ・ ・ ・ ・
これが仮に溶接した箇所。
調整が必要な場合は、
まだいつでも外せる状態です。

色んな部品がきちんと取付される位置になるように
確認して、決定したら、次は本溶接です😊

今日一日で、ここまで進みました😊✨

 

 

保険事故 即座に 神対応

先週末納まった車です。

仕事で移動中、

雪が吹き荒れ…

街灯も少なくなり、辺りはホワイトアウト状態!

進む道の先も、前を走っている車も見失いそうになる中、

十字路を通過した その時でした!

同じように左側から十字路に進入してきた車が…!!!!!

こちらの側面後方部に衝突😖🗯

後ろに突っ込まれたとはいえ、左方優先。やはり、こういったケースは、双方過失を求められる事故です。

大事には至りませんでしたが、思いの外、大きな損傷。

代車の特約には入ってないけど、直ぐに代車も必要だし、冬季の忙しい中、直ぐに引き受けてやってくれるところは……😫💦

保険会社の事故担当は、困った時のテクニカルオート🙏と、連絡をくれて、お預かりの流れとなりました。

毎日仕事で活躍している車なので、出来るだけ早い修理と対応が必要!!

さぁ、どうする!

直ぐに修理内容と交換部品を確認し、保険会社の承認を得て部品発注!

助手席の後ろ側から、

スライドドア・クォーターパネルは交換です。

結構大きな手術となりましたが、

無事、完了!!!

すっかり元通りに綺麗になった車を見て、ドライバーさんは素敵な笑顔で、

『いや~、良かった! ありがとうございます!』と、

嬉しいお言葉をいただきました😊✨

喜んでいただけて良かったです!

ありがとうございます😊

走行中エンジン停止!パレット・ワゴンRの人、必見👀

走行中、エンジン停止で スズキ パレットがレッカー入庫

 

バッテリージャンプでエンジン始動するが
チャージランプ(バッテリーを現したランプ)が点灯したまま…。

 

ということで、

リフトアップ!

 

◆エンストの原因を診断

 

発電機(オルタネーター)を覗いてみると👀

あれっ

❗️ベルトが無い😳❗️

 

 

古くなって切れちゃったのかな…と思いながら見ていると、

2ヶ所、気になるところが・・・😓

 

随分大量の黒い粉と、小さなツララ。

 

『あ〜〜、…… 凍ったな。』

 

◆診断結果

厳寒期に時々ある、

 

【オルタネーター凍結】

 

👩 え~~~、オルタネーターって、凍るの!??

と 女性スタッフの声。

 

そうです、前々からあることですが・・・。
知らなかったの?

 

????👧????

 

◆なぜ、オルタネーターが凍ったのか?

 

駐車条件、気温、水分など、いくつかの要因が重なった時に発生してしまいます。

 

凍りつくことにより回転できなくなった発電機と、エンジンによって回転しているゴム製のベルトとが、ものすごい勢いで擦れ合い、異音(キュー、キーー)を出しながら

大量の摩耗粉を発生させ、やがて切れて飛んで行ってしまいます!

 

後からお客様に聞いたところ、

エンジンを掛けた時に キーーと大きな音がしていたそうです。

 

発電していないのに走ってしまったので、バッテリーの電気が無くなった時点で、エンスト⚠️🚗⚠️してしまったということですね。

 

◆凍る原因を動画で紹介

ちなみに、この車は

丁度、発電機に水が流れていってしまう構造でもあったので、

その対策もして、納車しました✌✨

主に、パレットとワゴンR

型式にもよりますが特に注意です。

 

⛄🚙⛄🚙⛄🚙⛄🚙⛄🚙⛄

 

聞きなれない音がした時、

変わった匂いがした時は、

すぐに点検に来てくださいね!

 

整備の伊藤より、情報でした~。