ボルボ バンパー修理ともう一つのご相談

バンパーのヒビ割れでご相談いただいたお車。

🔍拡大

過去にもヒビ割れ修理をお任せ頂いたことがあり

その時のことを思い出しご来店頂いたそうです🤗

ありがとうございます🙇‍♀️

 

割れの修理の他に、泥除けが雪による影響で

内側に入り込んでしまったので、修正のご依頼も頂きました❗️

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

樹脂溶接を行うために、まずはバンパーを取り外し❗️

そして表面の塗料を削ったら

お馴染みのあの方法で、裏表両方から同じ素材を溶かし割れの部分を補修します✨

※樹脂溶接の作業については、過去の記事をご参照くださいね😉💡

 

パテで形の修復をしたら、サフェーサーを塗布し

塗装前の下地処理は完成👍 この後は塗装となります。

 

 

もう一つのご依頼。

泥除けの角度についての原因もこのバンパーの様子を見て判明👀‼️

 

☝️こちらの写真は、バンパー下からみた様子。底面の黒いパーツに破損が見られます。

黄色:割れ :欠損

赤い部分は泥除けと繋がる部分でもあったため

欠損がある事により、きちんとした固定されていない事がわかりました。

それなら、いくら泥除け本体の角度を変えて上げても真っ直ぐにはなることはありませんよね…😭

新しいパーツに交換をする事にし、この部分のお悩みもスッキリ解消です😆⤴️⤴️

 

バンパーも綺麗に仕上がり

車体をご確認頂いたお客様も

『どこに傷があったか忘れちゃった』と

大変ご満足頂けた納車となりました ♬

ジムニー タイヤハウス錆穴 補修修理👨‍🔧

 

タイヤハウス内を覗くと👀

赤茶色く錆びているところが何箇所か・・・

上のお写真の部分は一度補修をしている様子

はぐってみると・・

あぁ〜💦穴が空いている〜😭

これがもっとひどくなると車検を通すのが難しくなってしまいます

今回は簡易的で良いので穴を塞いで欲しい要望と

下廻りのアンダーコートの施工をしてほしいとのご依頼を頂きました💡

 


 

まずは一度下廻り全体をスチームで洗浄し汚れを落として綺麗にします

細かい部分まで念入りに🚿✨

この後1日しっかり乾燥させます☀️

錆びている箇所を削り落とし

穴が空いていたほうは別な鉄板を当て板して穴を塞ぐため

形に合わせてカットしたら

貼り付けます👏

そして少しでもこの後の錆の進行を遅らせるため

防錆剤を内側へ注入します💉

 


 

穴塞ぎの作業が完了したら

下廻りのアンダーコートの施工へ移ります👉👉

ボディへアンダーコートがかからないようビニールでしっかり養生して準備完了🙆‍♀️

 

▼施工前の足回りの状態

 

▼アンダーコート施工後

細かい部分、パーツの隙間まで隈なく真っ黒く塗装できました

赤茶色になってしまっている部分は防錆をかけても

どうしても錆の進行を止めることはできませんが

何も塗らない場合とは全然違います❗️

 

皆様も来年の冬を迎える前に今一度下廻りの点検をしてみると良いですよ🍀

長く愛車と過ごすためにはこまめなメンテナンスが重要っ😉👍

いつでもご相談くださいね♫

ルーミー ドア修理

ルーミーのドア修理をお任せ頂きました!

ドア全体に、白っぽく広がっているのは傷です。

そして下部(囲っている部分)には凹みがあり

パテ付けされたような跡も発見👀‼️

 

お話を聞くと、傷がついてしまったので

まずは自分でやってみよう!とチャレンジしてみたんだとか✊✨

 

購入したばかりのお車のようなので

修理方法をご相談した結果

ご予算は少しでも抑える方法で、綺麗に修復することにしました。

 

その内容としては、ドア全体の傷修理がメインとなり

下部のパテ付けされている凹みについては

板金修理は行わず、表面の凸凹のみを平らにする方法となります。

 

修理の際、本来ドアは車体から取り外して修理を進めるところですが

車体に付いたまま修理を進めます!

これも費用を少しでも抑える為の工夫です♬

 

ドアミラーとキャッチを外したら

ドア全体の傷を研ぎ、パテを塗布して下地作りをしましょう。

 

パテが固まったら、余分なパテは取り除きます。

 

そして次は、サーフェーサーを塗布。

防錆&塗装の密着を高める為の作業です✨

 

この後はブースへ移動し、塗装スタート。

塗り終わった後の様子がこちら💁‍♀️

 

最後に外した部品をそれぞれ元に戻したら完成〜👏🎉

 

とても綺麗に仕上がりました😆👍

RPステップワゴン スライドドア修理

先日、スライドドアの損傷で、ドアが大きく波及した状態の

ステップワゴンをお預かりしました🚙

 

お打ち合わせの中で、リサイクルパーツでの交換も考えましたが

残念ながら何度探しても在庫が出てこずの状況…😭

 

もしもスライドドアを新品で交換するとなると

パーツは未塗装で納品となる為、塗装が必要になり高額になってしまいます。

 

今回は保険を使用しないため、お客様負担の少ない他の方法で!と

板金修理の方向で進める事に決定しました✊

 

お車の状態をじっくり見てみると、ドアの1番下側の所がかなり変形しているのがわかります。

まずここの変形からお直ししていきましょう🔧

 

スライドドアの構造は

外側のパネルと内側のパネル2枚の鉄板が合わさって

折り返すような作りとなっています。

 

この折り返し部分が、変形修正の作業を進行中に

ぱっくりと外れてしまいました…😱‼️

🔍拡大

もちろん、この外れた箇所も 溶接を行いきちんとした形に戻します。

はい、これでOK🙆‍♀️

 

そして表面のライン引き出し板金の続きへ。

ライン上にアタッチメントをハンダで溶着したら、専用の工具を使って引っ張り出します!

1番下のラインは途中から変化しているので 反対側のドアで形状を確認しながら。

 

このラインが終わったら、次は面の作業へと移行していきます。

実は、面の部分にもいくつものラインが存在しているので、反対側のドアとの比較は本当に大切です☝️

 

こうして板金作業が完了した状態がこちら💁‍♀️

 

この後は、塗装屋さんにバトンタッチ👐✨

 

下地作りへと進めていくのですが、ドアの表面はもちろんの事

裏側の溶接した部分などにも、きちんと防錆処理を施します。

 

パテを付けて形成。

 

サフェーサーを塗布。

乾かした後に、目を凝らしてよーく見てみると巣穴がポツポツ👀!!

👇このような凄く小さな穴

この小さな素穴をきちんと丁寧に拾って

きれいに埋めてあげる作業が、美しく綺麗に仕上がる秘訣です✨

 

 

 

鉄板の合わせ目部分には

防水・防錆の為のシーリング剤も丁寧に施しています。

 

そして、塗装をした後の様子がこちら👇

とても綺麗です♬ あの大きな傷があったドアとは思えません✋

 

最後に磨きをかけて、組付が終わったら完成です👏

 

外装色や新品部品の金額によっても変わりますが

作業工賃は上がっても部品代がかからない分

トータル金額が抑えられることもあるので

部品が無くて困った〜💦 と、お困りの際にはぜひご相談くださいね☺️

オイル漏れ点検…その時に発見されたものとは?

まだ路面に雪が残っている頃❄️

車体の下に黒い液がポタポタと落ちた跡を発見し

心配になって、ご来社頂いたお客様。

 

リフトアップをし、すぐに整備士と一緒に確認を行いましたが

幸いな事にオイル漏れはありませんでした☺️

 

「もしかして、マフラーからのカスがオイル漏れのようにも見えたんでしょうかね」

なんて言う会話をしながら、ホットしたのも束の間…。

 

あれ???

この部品に、穴が…😱‼️

👇こちら

 

外れた物を間近で見てみると

穴が空いた中には、鉄の欠片がパラパラと

まるで、お菓子のチョコフレークのようでした😅

この部品はフロントバンパー裏のフレームとサブフレーム縦に繋いでいて
補強の役割を持った『アンダーロアメンバー』と言う部品です。
錆の状況から、すぐに外れてくれるかどうかが心配でしたが
スムーズに取り外しが出来ました。
あとはここに、手配をしておいた新しい部品を付けるだけ👍
装着完了🤩👍
オイル漏れの心配が無ければ
この錆・腐食に気が付くのもまだまだ先だったかもしれません。
早め早めの修理が、普段お車を使用する上での安心材料にもなりますので
オイル交換の時にでも、こまめにチェックをしておけたら良いですね♬

シルフィ🚙 クォーター板金修理🔨

 

シルフィにお乗りのお客様🚗

まだ雪の多く積もっていた2月にぶつけてしまったんです😢とご相談でした💡

 

ご相談させて頂いてからこちらの都合でしばらくご入庫をお待ち頂き、

この度やっと修理をスタート✨お待たせしました🙇‍♀️

 

▼右のうしろのドア〜クォーターにかけてザザッと傷とクォーターに歪みができています💡

修理方法としてはドアガラスのところの水切りのベルトモールは交換しますが

その他の部分はマスキングにて養生する形で進めます🙆‍♂️

 


 

まずはクォーターの凹みをハンダを使って引っ張り出すところから💪❗️

▼ハンダで引っ張る際の土台となる鉄板をくっつけます🙏❗️

👇他の車両ですがこんな風につけます

 

くっつけた後はスライドハンマーを使用してドアの高さ、元々のクォーターの

高さに合わせて凹んでいる部分は引っ張り、押されて飛び出たところは叩いて🔨

形を戻していきます🙆‍♂️💡

クォーターのラインが元の高さに戻りました


 

ここから先は塗装屋さん👨‍🎨✨

パテを乗せる前に板金した後のパネルの表面を削って整えます🌀

 

▼研磨が終わったら板金パテをのせて

乾燥☀️

クォーターのラインが大まかに出来ています💡

しっかり乾燥させた後は研磨して

その後仕上げパテを乗せて

同じように乾燥させたのち

ポリッシャーと手のチカラで形を整えます💁‍♀️

⬇︎

⬇︎

ここまできたらサーフェーサーを吹きかけて

⬇︎

下地づくり完了🙆‍♂️✨🌈

 


 

次はブースの中で塗装をかけるため塗装しない部分に養生をかけて

ちなみにドアも塗装をかけるため表面を研磨し

土台作りをしています💡

 

塗装が完了したら組み付けをしたら

みんなで丁寧に洗車をし、

車が綺麗になった状態で飛び石傷等をさけるための

ストーンガードをクォーターに貼りつけをして・・・

完成😊🙌‼️

 

綺麗すぎて空や🌤周りの景色が映り込んじゃうくらいピカピカ✨😝

 

 

開く一方で閉まらない😱

窓ガラスが閉まらなくなったお車が入庫。

 

見てみると、ガラスを上げ下げするスイッチ自体に異常なさそう⭕️

ガラスは下がるばかりで、上がりません。

…となると、きっとアレがダメになっているはず!!🤔💡

 

運転席ドアの内張りを外して早速点検をしました🔍

 

やっぱり‼️

 

原因は『レギュレーター』と『モーター』!!

とりあえず、部品が届くまでのは間は

窓ガラスはテープで固定して数日は我慢…💦

 

------------------------

 

部品が届いたら交換の作業です🔧✨

 

内張りとビニールを剥がしたら準備OK👍

 

壊れているレギュレーターモーターを取り外し

いつものように交換の作業を進めますが

今回はもう一つ作業が追加☝️

 

▼登場するのは、こちらの工具

 

本体のボルトが緩んだまま(モーター位置ずれ)ガラスの上げ下げをおこなった事で

取り付け位置に負荷もかかり、穴が歪な形になっていました。

この修正を工具を使って行います❗️

 

修正箇所の裏にドーリーを押し当て、ハンマーで叩きます🔨

 

元通りになったら、あとはいつものように

リサイクルパーツで準備しておいた部品の取り付け👇

 

ガラスも固定。

 

動作の確認もしっかりとね💡

 

最後に 内張りなどの外した部品を、それぞれ元に戻したら完了❗️

 

運転席の窓ガラスは、他に比べて一番開閉が多いところなので

その分 故障もやはり多いです。

いつもと動きが違うな〜と感じたら、すぐに点検しておきましょうね😊♬

 

ジムニー雨漏りがする💧

 

運転席の足元に水が溜まるんです・・💧💧

と、ご相談のお客様のお話です💁‍♀️

 

お車はジムニー🚙

どんな風に溜まってるんだ❓

とまずは水をかけて症状の確認からしていきます💡

 

雨降りを想定してシャワーでドバッと水をかけてみると・・・

ポタっポタっ・・💧

ビスのあたりからじんわり水が滴っているのがわかりますか❓

 

どこからか雨漏りしている🤔

さて、どこから伝って水が来ているのか❓❓

考えられるところを点検していきます🔍

 

フロントガラス周りが怪しい・・

すると、見つけました‼️👀💡💡

 

矢印⇧で示した場所。

ルーフモールをめくってみると・・・

シーリングが劣化していました💡

さらにめくって見てみると🔍

あ、ひび割れている💦😭

この劣化していたシーリングの隙間をぬってこのひび割れから室内まで

水が伝ってしまっていたのでした‼️

 


 

原因がわかったらあとは修理するのみ💪✨

ルーフモール自体はまだ使えるものなので再利用で進めます。

紐のでているところはアンテナがついていたところです💡

今回塗装をかけるため一度取り外します🙆‍♂️

水が滴っていたのは運転席側でしたが

反対側も見てみると同じようにひび割れが💦

両方直します💡

ひび割れを修理することは難しいため今回はシーリングで

割れている箇所を塞ぎました🙌

隙間なく埋められるようフロントガラスの被さる部分まで

しっかりと密着させます👨‍🔧

 


 

左右ともシーリング剤がしっかり乾燥したら

その上からクリアをかけてコーティングするイメージで塗装をかけます🙆‍♀️✨

塗装をかけるところ、かけないところで養生をして

見た目の境目がわからないよう両サイドフロントガラスの横のピラー部分にも

クリアを吹きかけました💨✨

 

あとはめくって固定していたルーフモールを元通り取り付けし直して

外したフロントガラスを再度はめ直してアンテナも付けたら

修理完了🤗‼️

 


 

雨漏りを放っておくと室内がカビ臭くなってしまったりするのは

早く原因が分かり、修理することができたのでよかったですね☺️🍀

 

シエンタ フレーム修正

先日、お預かりしたシエンタのお話です。

 

フロントの損傷が大きく左右のフレームが助手席側へ折れ曲がっている状態でご入庫となりました。

 

残念ながら保険のご契約も車両のご付帯が無い状況ではありましたが

車検を取ったばかりと言う事と、愛着があって乗りやすいからまだまだ乗りたい❗️

と言ったお話で、何とか修理を進めたいというご意向です。

 

修正出来る箇所は、じっくり修正をして極力 交換する部品も少なくなるような工夫をし

交換となる部分は、リサイクルパーツを使用して出来る限り修理代を抑える方法で行っていきます。

 

今回のように、ここまでフロントに大きな損傷があるお車は

修理過程でエンジン本体と足回り関係を車体から一度外す作業が必要となります。

そしてフレーム部分の修正を💪

フレーム修正機の上での作業します。

きちんとメーカーから出ている車両寸法に基づき修理。

各箇所の寸法を測りながら引っ張り出したり広げたり🛠

その調整はミリ単位です!!

 

骨組みとなる部分が完了したら

ボンネット、フェンダー、ライトを仮合わせをして隙間や高さなどの確認をします。

フェンダーの色が違うのは、リサイクルパーツを使用しているから☝️

仮合わせの段階なので、届いたままつけていますが

この後はボディ色に合わせて塗装しますよ🍀

 

 

――――――――------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

そして、今回お客様にもう一つご提案させて頂いたこと。

 

お車は走行距離がかなり伸びていたため、この先も長く乗られるのならば…と

せっかくエンジンを脱着する作業ということもあり エンジン本体の交換もご提案させて頂きました🗒

 

『是非、そうしてください』と仰って頂いたので

リサイクルパーツで少ない距離の物をご用意することに✨

 

補器類、ミッションを移設しエンジンを乗せます。

 

オイルパンにも損傷が見られた為、こちらも新しいものに交換してしまいます💡

⬇️ 外れた状態

⬇️ 新しいオイルパンを取り付けした様子

 

ボディの塗装をし組付を行ったら

四輪アライメント測定で足回りの数値もしっかりと確認🔍👀

 

最後に、走行テストをして異常がないかの最終点検をして🆗なら

お客様へようやく納車が出来ます✨

お車を取りにいらしたお客様には、とっ〜てもご満足頂くことが出来ました😊

何度も修理についてお打ち合わせをし、テクニカルオートを信頼して頂けた事にとても感謝しています。

 

今回のように大きな事故の場合、足廻りの損傷も考えられるのでしっかりと各部確認と点検が大事です。

納車後も安心して運転していただけるように努めるのが私たちのお仕事です✌️

リヤフェンダーの傷 パパッと直る?

ハイエースのお客様から頂いた修理のご相談です。

 

テール横のリヤフェンダー部分にはザリザリとした目立つ傷と凹み。

テールランプとその下のコーナー部分にも傷が出来ていました。

 

修理方法をお打ち合わせした結果

少しでも費用を抑える為に、テールランプ類はそのままで

リヤフェンダーも凹みはそのまま・傷のみを修理する方法に決定です👍✨

 

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

 

よ〜し✊

直して行きましょう!!

 

まずは調色を行い

テールランプは外してしまいましょう。

 

スライドレールやオーバーフェンダー部分などはマスキングで養生をして

研ぎの作業で傷が入ってしまわないような処置を施したら

傷を落としながら、塗膜を削り落とします。

 

研いだ箇所は、UVパテで形を形成。

その後は、こちらの紫外線を当ててパテを硬化させます。

パテを塗布した範囲にもよりますが

1分以内には固まるので作業効率がとても良い♬

 

再び研ぎの作業。

機械を使って研いだ後は、手作業で細かな所まで丁寧に。

 

塗装範囲は全体を研いで塗料が密着しやすいように処理します。

 

サフェーサー(下地塗装)を入れたら

マスキングで塗装範囲だけを残して養生。

この後は塗装です❗️

 

最後に、テールランプを元に戻して出来上がったのがこちら💁‍♀️

ちらついている雪が写ってしまいましたが

仕上がりはとても良い感じになりました😆👍

 

 

余談ですが…

ハイエースやキャラバン等、大きな車両のご入庫が重なったので

工場内では そのお車が並び同時に修理が進んでいましたよ😁⤴️⤴️

珍しい光景についついパシャリ📸✨