走行中エンジン停止!パレット・ワゴンRの人、必見👀

走行中、エンジン停止で スズキ パレットがレッカー入庫

 

バッテリージャンプでエンジン始動するが
チャージランプ(バッテリーを現したランプ)が点灯したまま…。

 

ということで、

リフトアップ!

 

◆エンストの原因を診断

 

発電機(オルタネーター)を覗いてみると👀

あれっ

❗️ベルトが無い😳❗️

 

 

古くなって切れちゃったのかな…と思いながら見ていると、

2ヶ所、気になるところが・・・😓

 

随分大量の黒い粉と、小さなツララ。

 

『あ〜〜、…… 凍ったな。』

 

◆診断結果

厳寒期に時々ある、

 

【オルタネーター凍結】

 

👩 え~~~、オルタネーターって、凍るの!??

と 女性スタッフの声。

 

そうです、前々からあることですが・・・。
知らなかったの?

 

????👧????

 

◆なぜ、オルタネーターが凍ったのか?

 

駐車条件、気温、水分など、いくつかの要因が重なった時に発生してしまいます。

 

凍りつくことにより回転できなくなった発電機と、エンジンによって回転しているゴム製のベルトとが、ものすごい勢いで擦れ合い、異音(キュー、キーー)を出しながら

大量の摩耗粉を発生させ、やがて切れて飛んで行ってしまいます!

 

後からお客様に聞いたところ、

エンジンを掛けた時に キーーと大きな音がしていたそうです。

 

発電していないのに走ってしまったので、バッテリーの電気が無くなった時点で、エンスト⚠️🚗⚠️してしまったということですね。

 

◆凍る原因を動画で紹介

ちなみに、この車は

丁度、発電機に水が流れていってしまう構造でもあったので、

その対策もして、納車しました✌✨

主に、パレットとワゴンR

型式にもよりますが特に注意です。

 

⛄🚙⛄🚙⛄🚙⛄🚙⛄🚙⛄

 

聞きなれない音がした時、

変わった匂いがした時は、

すぐに点検に来てくださいね!

 

整備の伊藤より、情報でした~。

 

 

 

世界に一台の車が…!デリカD:5 雪に負けたカウルトップ

『ワイパーの所が、なんかオカシイ』

以前、お店のパンフレット撮影用にと全塗装をしたデリカD:5

見てみると、ワイパーカウルの真ん中辺りが少し変形したように下がって、

隠れているはずのガラスのフチが見えている状態。

🤔なんだこりゃ

何日かの間、駐車場に停めたままにしていたところ、雪が落ちてガラスの上に溜まっていた とのこと。

時間はあると言うので、

すぐに、工場に入れて点検しました。

ちょうど工場の人たちが全員集まって打ち合わせをしていたところだったので、最初3人だったスタッフが、

1人増え、また1人増え…。

クリップを外して止め直そうとしたところ、元の位置に届かない。

あれれ。

ワイパーを根元から外し、

ワイパーカウルも全部外し、

 

こっちチームは、カウルトップの変形を確認🧐

あっちチームは、カウルが壊れていないか点検

 

取り付けの土台となっている内側の骨みたいな部分の変形を簡易的に修正!🚙💖🔨〃

これでどうだ!

着くか?

こっちいい感じ!

あ、いいんじゃないか!

っていうか、

手、ありすぎじゃない!? 笑笑

無事、修正完了!! 😄

『なんか、簡単に直らなそうだから

テクニカルオート行かなくちゃと思って、来ちゃった😅来てよかった😊』

デリカD:5 マットグリーン&マットブラックの2トーン塗装

『よく、世界で1つしか無い車だよねって言われます。』

マットグリーン&マットブラックの

2トーン塗装。

長く、カッコよく、走ってくれますように😊

2色のバンパー 部分的に修理塗装 (ヴェルファイア)

雪の塊にぶつかって、バンパーの下側が割れてしまいました。

バンパー1本丸ごと取り替えるだけで、10万円以上掛かってしまいます。

『直らないかなぁ?』

割れてしまったところは、一時的には直りますよ!

ただ、下の部分でバンパーを固定している箇所が壊れてしまっているので、グラグラするし、

少し硬い雪や氷の塊に押されたりするとすぐにピリッとヒビが入るかも…。

それでも仕方ない、ということで…


バンパー修理


バンパーの裏側を削って、熱をかけてピンで固定していきます。

黒くて見えにくいかもしれませんが、数箇所止まっています。

ヴェルファイア バンパー修理

その上から、バンパー補修用のネットを貼り付け、埋め込みます。

表側は、きっちり平らになるように形を整え、塗装の下地をつくります。


塗装は、2トーン

パールホワイトと、黒の2色です。

今回は安価で抑えるため、部分的な塗装をします。

まずは、白から塗装していきます。

ヴェルファイア バンパー2色塗り分け

次に、黒い部分を出して、

ヴェルファイア バンパー2色塗装

さっき塗った白い部分を隠します

黒だけを塗装して、

2色の塗り分け完了

そして、塗装した箇所全体に、クリアを吹いて仕上げます✨

これで、どこが割れていたのか、もうわからなくなっています。😊

あとはバンパーを車体に戻して組み付け、完成です!

運転席のドアが開かなくなった。他に鍵穴が無いし、どうする?

見積を・・・と突然ご来店のお客様。
「ちょっとぶつけてしまって」とのことで
車を見てみると・・・!!

運転席の窓が割れている! ぶつかって割れちゃったんですか!?

コルト ドアが開かない

ドアがぶつかったために、鍵もドアも開かなくなってしまったので

助手席にカギ穴も無く、どうせドアは交換だろう!と見込んで

窓を割って鍵を開けて乗り込んだ。。。とのこと。 なるほど。

コルトプラス 運転席ドアの鍵が壊れた

要望としては、「ドアの開閉ができるようになればいい」

ん~~~~。 「とにかく、できるだけ安く。」

では。

①フロントドアはエコパーツを探しましょう。

②後ろのドアはそのまま直さずにタッチアップで我慢する。

③ピラー(ドアとドアの間の柱)は、ドアの開閉ができる位に簡単に修正。

 

フロントドアを同色で探してみると、同じ色でそのままポンポーンと取り替えて使える物が、取引のある部品商5社から、それぞれのルートで全国を探してもらって なんと1点のみ!!!

ドアをエコパーツで取り替えて、ピラーを簡易的に直して、
リアドアはそのままタッチアップだけして

上出来♥  ご満足いただけたかしら😊

コルトプラス フロントドア中古で交換

リヤ事故 クォーター交換 職人技

フィットのリヤフェンダー損傷。
事故による損害です。

バンパーやリヤゲート、他にもいろんなものを外して
裸の状態に。(*ノωノ)

フィット リヤフェンダー損傷

ナンバープレートを外すためには封印も外さなければなりません。
テクニカルオートは、特認一種という工場の特別な資格があるので、
封印を外しても、また新しい封印を取り付けることができます。

タイヤの上のパネル リヤフェンダーがボコボコと広い範囲で大きく歪んでいます。

ボルトやビスで固定している部分ではありませんが、

交換することができるんです。

どうやってするかというと、

切っちゃいます。

フィット リヤフェンダー交換

今回、外側のパネルは交換でものすごく大規模修理に見えますが、

骨格の部分は 板金で直すことができる位の損傷で済みました。

硬い骨格!

こんなに ぐにゃっと曲がった所でも、上手に直す技術があるんです。

フィット メンバー板金

きちんと寸法通りに!

見えないところを確実に直す。職人の拘りと技術です。

miniエンジン乗せ替え

ミニクーパーSに乗っている、まあやちゃん。

「可愛いから」と言って、初めて自分で買った大事な車です。

ミニクーパー minicooper

お友達と色んな所に遊びに行って、たくさん思い出を作って、
miniも楽しく頑張って走っていたのですが、
気づかぬうちに、水漏れを起こしていました。
水というのは、エンジンを冷やす冷却水(クーラント)です。

クーラントが漏れると、ヒーターの吹き出し口から、少し甘い匂いがします。でも、車のことがわからないまあやちゃんは、甘い匂いがしていたことも『変だな』とは感じませんでした。
miniは元気だと思い込んでいたのです。

でも、miniは、もう限界に来ていました。
エンジンをかけると おかしな声を出すようになりました。
熱も出てきました。

テクニカルオートへ行って、あきら先生に診断してもらうと
これはすぐに入院が必要です・・・と。 そして、心臓移植が必要ですと・・・。

全国を探してもらいましたが、ドナーは見つかりません。

色々調べてもらいましたが、
結果、“もうお別れするしかない”という宣告までされてしまいました。

まあやちゃんは覚悟を決めましたが、テクニカルオートのみんなはそれでも諦めきれず、更に色んな人に、仲間のお医者さんにも情報を!と頑張ってくれました。

その時! とうとう、移植できる心臓が見つかったのです!!

今日は心臓移植の手術の日でした😊

miniの心臓 エンジンはとっても重たいです。

ミニクーパー エンジン乗せ替え

miniの方の準備はOK

ミニクーパー minicooper エンジン乗せ替え

前のエンジンはおろし、開胸状態です。

こんなに沢山、色んな部品を外しました。

それでは、エンジン 移動するよ!!

 

ミニクーパーS Minicooper エンジン乗せ替え

エンジンを乗せて、あとは血管や神経などを繋ぎ、
全部を正常に動かせるよう、組み立てていきます。

もう少しで、退院できるかな!

miniは、まあやちゃんとのドライブを楽しみに頑張っています😊

フロント損傷100万円以上・・・

フロント右側が大破の車です。

足廻りも損傷、骨格も大きくゆがみ、
外装パーツをただ、交換するというだけでは済まない損害です。

 

なぜ、パーツ交換だけでは済まないのか?

☟こちらをご覧ください

エンジンも降ろして、骨格だけにして、 あるはずの骨が無い状態。
こんなところも交換することができるんです。
そして、全体に歪んでしまっているので、波及した箇所まで
本来の寸法に戻るように、修正してあげます。

こういった部分が、大きくなってしまうため、
『適当でいいから走るだけでいいからとにかく安く直したい」という時には
想像以上の金額が掛かってしまうのです。

ちなみにこのお客様は、リサイクルパーツを使用しても
100万円以上掛かってしまう修理費用となっています。

 

ケガが無くて良かった・・・!

保険に入っていたから、大好きな大事なこの車を修理することができました。

最近、道路は滑りやすくなっているので、くれぐれもご注意くださいね!!

コイルスプリング交換

自動車のコイルスプリング

道路の凹凸で車体に加わる力を吸収して、

乗り心地を良くしてくれるバネの部分なのですが、

昨日のステップワゴンは、これが折れていました。

ぶつけたわけではありません。

疲労骨折です。

▼先ずは交換するために取り外し

ここからバネを外します。

▼これが折れたスプリング

▼新品との比較

▼車体に戻して完了!

これで、安心!😊

まだまだ走れるぞ、ステップワゴン😁

突然タイヤの方から変な音が…ショック スプリング


今日、突然

エンジンを掛けたら聞いたことが無い音が聞こえてきました。

何か外れた感じがして、外を確認しても何もありませんでした。

平岡から豊平区まで移動しましたが大丈夫でした。

ただ、左前のタイヤ周辺から時々、何かに当たる音がします。

ハンドルを切るタイミングなどです。

ちょっと様子を見ています。

年明けにお世話になると思います。


年末の休みに入ったと同時に、

こんなメッセージが入りました。

年末年始のお休みをそのまま過ごし、

年明け、確認でお預かりすることになりました。

あらっ・・・!

スプリングが折れてるっ。

 

左フロントのショックが受け皿のあたりで折れていて、

バネが崩れて左側に寄っているのがわかりますか?受け皿のゴムの当たりもおかしくなっています。

異常のない右フロントのショックはストラット(真ん中にある棒っこ)に触れることなく真っ直ぐバネが取り付いています。

折れたとき、バキッ!と結構な音がしたと思います。

このせいだったのですね。

そのまま入庫となり、バネだけ交換するか、ショックごとエコパーツで交換するか。

金額とエコパーツの状態を調べたところ、

部品代が1500円、工賃が4000円位の差額。

工賃は少し融通できるとしても、エコパーツと新品の金額ちょっとしか違わないなら、

しっかりした方がいいよね!

ということで、新品バネを使用して交換することにしました。

結構頑張って走っているステップワゴンちゃん。

もうすぐ直るからね!

アウディ 左目、緊急手術!? ライトが点かない

車検でお預かりしたアウディ。

『ライトがおかしい😨』

どうやら、球切れだけの問題ではなさそうです。

さて。 どうするかな。

ヘッドライト丸ごと交換…と言いたいところですが…

……何とかならない?

そこを何とか!

そこを何とか…!

.

▼ヘッドライト裏側

.

電気の流れを調べたら、配線が悪さをしているようです。

あそこか…😓

ん~~~~~、

『開けるか。』

それではこれより、

左目神経接合手術を行います。

メス🔪

ヘッドライトの中の、配線部分をピンポイントで修理。

普通は、あまり、やりませんよ。

この子が悪さをしてたんですね。

くっつけてあげたら、直るはず。

ちょっと加工してあげましょう。

よし、これでOK!もとに戻します。

接合完了。

あとは、穴を開けたところから水分が入らないようにしっかりと止めてあげます。

この接着剤はかなり強いものです。

これで、ヘッドライトが光る✨

はい~!OK~!

ヘッドライトを丸ごと交換すると何万円も掛かってしまいます。

輸入車は特に、一個一個、部品代が高いんです。

今回は無理矢理直したので、何千円かで直すことができました😆👍✨