フリードドア&サイドシルの板金塗装

ドアとサイドシルの凹みでご入庫頂いたフリード🚗

 

ドアもサイドシルも浅い凹みではありますが

サイドシルの方は、その凹み位置がラインの部分に掛かっている為

ラインを出してあげないと凹みが綺麗に直りません。

 

ハンダ溶接で上手くラインを出していきましょう☝️

綺麗に出ました👏

 

続いて塗装前の下地処理。

▼サイドシル

 

▼ドア

 

この後は塗装。

凹みやラインが板金で綺麗に出せると塗装も小範囲で済ませることが出来ます✨

 

今回も大成功で終える事が出来ました!

ハスラー ボンネットボンネット&リヤゲート修理

アプリからお問い合わせのお客様📲

 

「中古で購入した車で車両全体に
細かい傷や凹みが無数にあったり、
前のオーナーさんがしたのであろうべったりついたタッチペンの跡などなど
気になる箇所がたくさんなんです😢」

と、相談にご来店されました🚗✨

 

お車を確認すると確かに全体に傷が💦

 

▼広範囲にタッチペン跡

 

「ボンネットが1番気になるんです」

…見てみると沢山の線傷が😨

 

▼アップ📸すると凄くわかる💦

 

お話を聞くと、お客様のおじいちゃんが

冬に雪を下ろす際スコップでガリガリっと
傷付けてしまったのだそう😣

 

おじいちゃんは孫の買った車を傷付けてしまった事でとてもショックを受けてしまっているとの事でした。

 

申し訳なさから修理費を負担するから
気になる所全部直しておいでと言ってくれたことから今回のご相談となりました。

 

ただ全部直すとなると全塗装レベル💦
費用があまりに高額となってしまうため
今回は1番気になるボンネットとリヤゲートの
凹み&傷の修理、フロントフェンダーの交換をすることになりました🙆‍♀️✨

 

 

 

線傷も凹みも綺麗になり

とっても嬉しそうに深々とお辞儀をされ、
お帰りになりました🙇‍♀️✨

これでおじいちゃんの心の負担も
軽くなったかな😊

家族の暖かさにホッコリさせて頂きました❤️

バックドアパネル 板金部分塗装 キャラバン

こちらのお車は、バックさせた際に『ドンッ』と鈍い音がし

慌てて見たところポールのような物に接触してしまったと入庫のキャラバン。

▼リヤゲートを開けてみると、凹み具合が良くわかる

 

 

まずは板金から🛠

▼凹みを引き出しましょう

叩く前にまずは引っ張る!

部分に大きな凹みがあり、結構深く中に入っている状態でしたが

さすが板金屋さん✨

引き出し板金でうまくラインを出せました😊

大きく凹んだ部分、変形してしまった縁の形も修復完了です!

 

次は下地処理✨

 

板金技術で上手くラインを出せたので

板金パテで形成する必要はなく、

今回は塗装前のUVバテ1回で見事に決まりました👏

 

最後に塗装🌈

 

板金の形の基準となるラインが出ると

部分塗装でも綺麗に仕上がります。

 

洗車、最終点検をして

積載ステッカーも貼り付けして作業完了😄

 

凹みは無かったかのように元通り!

費用を最小限にというお客様に、

仕上がりに関しても大変喜んで頂く事ができました🙆‍♀️やったね

トール リヤフェンダーとスライドドア板金

ダイハツ トールが入庫しました。

 

スライドドアからテールランプまでの間の斜めのラインが全体的に変形しています。

 

▼この辺り

 

凹みは点で出すよりも、プレスラインに沿って線で出した後

ラインそのものもしっかり作り、更に上下の面を直していきます。

 

引出しに使うアタッチメントを半田を溶かして接着します。

 

しっかりと接着されました!

 

 

工具🛠をセットして…引っ張る!!!

 

形が出たらアタッチメントを取り外し、表面を削っていきます。

 

こんな感じになりました。

 

後はスライドドアを鈑金して下地作業 👉 そして塗装です。

 

完成😆✨

 

今回は自費で出来るだけ安価でというご希望があったので

必要最低限の部品の脱着で進めました。

 

お客様にも喜んでもらえてよかった〜!

ありがとうございました😊

トランクルームの水溜り 原因は?

トランクルーム水漏れでご入庫のお客様。

 

フロアを覗いてみると、

あら‼️ ほんとだ、 水が溜まってる‼️

すると、ん???

フロアにある めくら蓋が、何故か外して横に置いてある…。

 

何か様子がおかしい🤔

 

周りをよく見ると、

なんだこれ👀

4箇所あるエアダクトのうちの1個だけ、何か流れ出たような古く黒ずんだ跡が…?

うーーん

外側から水を掛けて、水漏れ点検。

 

きたきた!出た出た出た

やっぱりここか😑

 

実はこのエアダクト、

一周ぐるりとパッキンとスポンジで囲まれているのですが、

車についていた物には、パッキンもスポンジも見当たらない😳

なんで???? 劣化にしては凄まじい。

 

 

水漏れの原因はエアダクトとわかったけど

何故こうなったのかは不明🙄❓❓

 

中古で買う前のオーナー時代から、

きっと水漏れに悩んでいたんだろうなぁ。

 

新品のエアダクトに取り替えて、

水漏れ解消✨

フロアの水溜りは悪臭の原因にもなるので、解決してよかったですね🤗

 

アリオン 右フロント部修理

右フロント損傷のお車。

フロントフェンダーが大きく変形しています。

 

『この車を、自費で安く修理したい』とご相談を頂きました。

 

何パターンかのご提案をさせて頂いた上で

一番、大きな損傷を受けているフェンダーはリサイクルパーツをお探ししてみる事に🔍

 

最初は状態の良いパーツも出てこず…の状況でしたが、日を開けながら諦めず何度かに渡りお探ししてみると、そのまま使用できそうなパーツを発見👏👀

数少ない種類のリサイクルパーツは、タイミングにより見つかることもあれば1年2年待つこともあります。

やった‼️ 出てきた‼️と思い、

お客様にすぐにお知らせしました🤙🎶

これで安価修理ができそうです✨

状態も良さそうなのでリサイクルパーツをそのまま使用してフェンダーを交換、

そしてバンパーは歪み修正&タッチアップ!

という内容で修理を進める事に決定👍✨

 

リサイクルパーツは同色の物で取り寄せても、使用条件などにより色味が微妙に違ったりする可能性もあるのですが、到着したパーツを着けてみた感じも違和感なく、なかなか良さそう🙆‍♀️

 

 

ご満足頂ける修理が出来てよかった🤗

 

ありがとうございました。

ハイエースロング リヤフェンダー板金

先日入庫したハイエース🚗のお話です。

お仕事でご使用のお車ですが、とても大事に、そして綺麗にされているお車です。

 

ですが…

駐車中に悪戯でリヤフェンダーがベコベコにされてしまいました。😱

 

恐らく足で蹴られたであろう痕があちこちに、、、

これは酷い‼️

この凹み加減から見るとフェンダーの交換が必要な位の損傷となりますが

お客様と相談の上、何とか鈑金で作業を進めることになりました🛠

 

いざ修理!!

 

ホイールハウス後ろのプレスラインが大きく変形していますね。

こちらはハンダと接着で引作業で直していきます。

 

 

▼ラインの修正も

このラインがきっちり出たら各部の面出しです。

出来るだけパテの量が少なくなるように気にしながら。

修正が終わると次はガラス、スライドドア、レールを外して下地へ。

そして塗装🌈

 

パネルの波もほとんど無く良い感じで仕上がりました。

 

ガラスをはめて、完成✨

 

後日引き渡しでお客様も大変喜んでいただけました。
ありがとうございます😊

アウディの よくある話⁉️テールランプ

メーター内にお車の異常をお知らせしてくれる『チェックランプ』が点灯。

 

そしてウィンカーも点かない状態で入庫したアウディ🚗

 

 

💡❌ レフト、リヤ、ライト…あらそぉ。

 

念の為にバルブの確認をしてみますが、どうやら球切れだけの話では無さそうです。

あぁぁぁ、やっぱり…😑💦

 

これは、配線関係のトラブル❓

車をお預かりして詳しく点検してみる事にしました👀

 

まずはテールランプを外して見ると…

 

 

なんと‼️

すぐに原因が判明。

 

 

テールランプの基盤が熱で溶け、

テールランプ本体までも溶けてしまっている状況です。

 

こうなるとテールランプ本体丸ごとの交換が必要になります。しかも高いです。

『マジでーーーーっ😭』

 

実はこの症状。

アウディの良くある話なんだそうな🧏‍♀️

 

構造上の問題なのかもしれませんね💡

 

純正新品となるとエラく高いので、リサイクル品とか優良パーツとか無いの⁉️なんて言いながら部品を検索!全国手配です🗾

今回のお車はAudi A6 Quadro で、特別仕様だったため、流通している部品が希少!

 

部品屋さんや業者さんがあの手この手と協力してくれました🤝 結果!

☎️🎶『奇跡的に見つかりました!滅多に無いことですよ〜🙌』

なんと、運良く特別なルートで入手することが出来ました👏

ありがとうございます😭✨

 

テールランプ交換後は、チェックランプも消え、ウィンカーも点灯するようになりました☺️

安心してお乗り頂ける状況となり、

お客様も私たちも

ほっ…☺️☺️💨💨💨

良かった〜!!

ストリーム リヤフェンダー左右修理

フェンダー修理のお見積もりでご相談を頂いてたストリーム🚗のお客様。

 

入庫のお約束をしていた矢先…。

『反対側もぶつけられてしまった😭』

と左右の修理となりました。

 

▼左側

バンパーとの繋がり部分まで損傷しているので修理には少し時間が掛かりそう。

 

▼右側

バンパーのラインに傷とフェンダー表面上に凹みなので左に比べると早く終わりそうです。

 

作業開始🛠

 

引出し板金で凹みを出していきましょう✨

 

板金作業完了✨

▼右側

▼左側

修正が終わったら、次はバンパーを仮合わせ。

そしてバンパーとフェンダーの繋がり部分も確認して下地作業に進みます。

 

パテを付け、研いで形を形成していきます。

 

バンパーの傷も修理して塗装前の下準備。

 

そして最後の仕上げ…塗装‼️

 

▼左側

▼右側

 

こ〜んなに綺麗に仕上がりました🙆‍♀️

 

ぶつけられた時のショックは大きかったと思いますが

綺麗に仕上がったお車を見てご満足頂けたようで安心しました🤗

ワーゲン ポロ ドア板金修理

ドアの凹みで来店されたお客様。

お車をお使いの予定があり、それまでに修理をしたいとご相談を受けました。

 

何とか間に合うようにしてあげたい‼️

ということで、お預かりをし短い期間ですが修理を行うことに😁

 

お車の損傷具合は、フロントドアが変形している状態。

ちょうど、プレスラインに掛かっている損傷ですが

このプレスラインを上手く出せば修理の時間も短く、そして範囲も小さく済みそうです。

 

歪みなく自然な仕上がりになるように修理をしていきます。

 

先ずは、ハンダ溶着を利用してプレスラインを復元!

 

そして凹み部分の面はスタッドプーラーという工具🛠で、少しずつ引っ張り出します。

押されてしまっているパネルを元の位置に戻してあげる技法なのですが、どこをどの位引っ張るかの連続技なので、適当ではうまくいきません。

機械の力は借りても、使う人の技量で仕上がりも違います。

 

 

隣接しているパネルや、手をかけず残しておきたい場所の養生も大切です。

板金で出来るだけきれいに形を元に戻し、

このあとに、仕上げとなる表面を作っていくので、パテでごまかす修理方法とは違い、修理後の綺麗さは長く続きます。

 

良い感じで板金が出来たので、このあとは下地処理〜そして塗装😊

 

 

凹みなんて無かったかのような自然な仕上がり✨

 

お客様とのお約束の日にも間に合わせることも出来

安心して納車することが出来ました🤗

 

ありがとうございました。