板金・溶接! え、それも?

鈑金の親方、

なんでもやっちゃいます。

🔵サイドシル節約修理

↓切り取って板金して再使用!

🔵バンパー樹脂溶接修理

破損して切れてしまった取り付け部分を、強固に修理!!

🔵ゴルフ錆修理

錆で腐食してしまった部分を切り取り、新しい鉄板を同じ様な形に加工して溶接✨

🔵溶接機のタイヤ交換

これは、自分達が使用している機械のキャスター部分です。 業者に依頼する前に、自分で直す!

😄❗️

塗装の親方もスーパーマンですが、

鈑金の親方もスーパーマン。

長年の経験からの応用力が凄い。

向こうに見える、アンパンマンのトランポリンの足も直してました(笑)

テクニカルオートはスーパーマンだらけなので、何かお困りのことがあれば、お気軽にご相談を😊

最後の車検。だからこそ。

今年、もう少しで車検満了を迎えるというお客様。

 

今回の車検を最後にしようとお考えとのこと。

出費は出来る限り抑えたい。
反面、
できるだけ、きれいにして最後の2年を過ごしたい。

 

外装の修理と一緒に、
とても気になっている所が
給油口です。

給油の際、ふたをパカンと開ける度に
気になっていた「錆」。

給油口のキャップの廻りは錆による腐食が進み
塗装の下からモリモリと膨れ上がっている状態でした。

本来であれば、その部分を修理するには
交換が必要なほどの進行具合。

交換をするとなると、それはもう大掛かりな
20万円以上掛かってしまうような修理作業です。

 

さぁ、どうする。

 

お客様に提案したのは、
ここまで来ると交換する以外、錆の進行は止められないけど、
残り2年と決めるなら、
出来る限り進行を遅らせて 見た目をきれいにしてあげる方法。

10分の1の料金です。

 

外装の修理も、給油口の修理も、併せてご検討いただくこととなりました。

 

数日後、修理をすることに決めたとのご連絡があり、
給油口も、安価なご提案の方法で。😊

 

そうと決まれば、安価といえども、
できる限りのことを!

給油口の注入口キャップ部分を外した状態で
塗装下に膨れ上がっている錆を除去。

あまり落としすぎると、すぐに穴が開いて
形が無くなってしまうくらいの
深い腐食だったので、丁寧に慎重に。

ギリギリのところまで、錆を落としました。

まだまだ残っていますが、これがギリギリです。
下側はすでに形がポロポロと・・・。

 

ここから、防錆処理と修復作業!

たっぷりと防錆剤を塗布してから、
更に、プライマーで防錆処理。

ここから、穴が開いてしまった部分も塞いで
きれいに塗装を。

どの位、この塗装の下で
錆に耐えられるか…!!

2年キープはできなくても
今のままよりは確実に長持ちします。

沢山の思い出を作ってくれたステップワゴン!
今回の車検を取って、あと2年!
楽しい思い出をまだまだ増やしてくれるといいな。

ガソリンを入れる度に、
お客様もステップワゴンも、
ちょっといい気分になるといいな😊

諦めていた車の修理、実現の方法とは?

20代、大学生の男性から

『どの位の修理費用で直るか教えて欲しい』 と、電話がありました。

訊くと、軽自動車のリヤゲートの窓ガラスが割れ、車はレッカーされたとのこと。

見てみないとわからないので、

そのまま

レッカーで運んで来てもらう事となりました。

運ばれてきた車の状態は、

リヤガラスが割れ、リヤゲートは交換が必要、その上リヤゲートがつく右側の

↓ここ!

この場所がグキッと変形していて直さないとリヤゲートがつかない状態💧

あらぁ…😞💧

すぐにリサイクルパーツを探そうと思ったら、車検証を降ろされていて、車内に積み込みがありません。

見たところ、30万は下らない損害。

依頼主の男性と連絡を取り、パッと見たイメージ的な見積り額をお知らせしたところ、

車両保険に入っていないし、

お金が無いし、

親には言いたくないし、

…って、あら〜〜〜〜😵💦

青年は、10万位で直したい と言うのです。

先ずは車検証をもらって、

リサイクルパーツをさがし、

肝心のあの場所は、普通ならリヤフェンダー交換ですが、

部分的に切り取って、形を作り直すことで劇的に料金を抑えることができると考えました。

見積り額は14万円。

これが、限界です。

30万と聞いて半ば諦めていた青年は、

その修理方法と料金を聞くと、

え!!!それでお願いします!との返答。

その代わり、ピン!と新品のようにまではいかないかもしれないからね。

このような状態だった 変形部分は

思い切って、カット‼️

取ってしまい、同じ大きさの鉄板を用意して、形は職人技で再現。

うまく、形になりました。

これをちゃんと付けて仕上げて、

塗装をしたら‼️🤗🤗🤗

かなりいい感じ❤️

どうしようもない と諦めてしまったらそれまでですが、

何とか知恵を絞って考え、機械には成し得ない技を使えば、このように、再生することができました。

目の前のお客様に喜んでもらうため😄

色々考え、最高のサービスを提供していきたいな と、日々、考えています。

バンパー下のガリ傷 短期修理

フロントバンパーの下、底の面を

駐車場のタイヤ止めや縁石に

ガリガリッ と擦ってしまった!

なんていうことは、

意外と多くの方が経験しているのではないでしょうか。

ぱっと見、分からないような

底面の傷ですが、

洗車をする度に気になってしまう傷。

真っ直ぐみると死角の場所ですが、腰を屈めて覗くと、結構 痛々しく傷が付いています。


バンパー修理の日数は?


実際に、このガリ傷を修理したら

何日くらいで直るかな?

週末に車を使いたいから、出来るだけ早く直ればいいなぁ。

👨‍🔧1泊2日でお返しできます!


特別な色でも、ちゃんと直る?


ご心配なく!

安価で部分的に修理をしても、色の違いは全然気にならないほどに、きれいに仕上がりますよ😊

ガリガリの傷を無くして、

形の修正も完ぺき🌟

車体に合わせた色を作るので、

部分的に塗っても違和感なく

きれいに仕上がります。

純正の色を基本として、数種類の色の塗料を調合して作り、

そこから、車体に合わせて微調整を行います。

決して、ベタッとはなりません。

意外となかなかなの

プロフェッショナル〜〜😊

お客様、喜んでくれるかな!!🙌

GT-Rエアロバンパー納車

GT-Rのエアロバンパー及びフード 交換!

完成し、納車となりました。

連休前のお返し、間に合いました~~♬

 

実は、前日にも「どんなかんじ?」とLINE@で連絡を取り合い、

「明日お渡しできるように進んでいて、最終点検を行うところです!」

と、お渡しの約束をしていました。

が、お客様へは、完成したこの車を生で見て欲しいので

送った写真は モヤッと・・・

笑いながら、楽しみにしてくださっていました。

 

 

お預かりから納車の日まで、
進捗状況や確認個所などを連絡しながら、
待ちに待った完成の日。

連休直前、納車の日、札幌は生憎の雨天。

朝から霧雨が降ったりやんだりの天候でした。

 

お客様がご来店。

『楽しみにしてたのに、雨降っちゃったでしょう☹
この、天候だけがショックなんだよねぇぇ…!! 』

そう話しながら、目は GT-Rを探し

『あれ、どこだ???』

いつもは事務所前に置いてあるのに、
広くない構内をキョロキョロ見渡しても
なかなか見当たりません。

 

👩『ご案内しますね!』

 

案内した先は、 塗装ブース😊✨

 

『え~~~!?』

 

 

ブースの扉を開いて、

GT-Rとご対面😊

 

 

このブースで引き渡しをし、

納車完了です!

 

お客様にもご満足いただけたようで、
私たちもとっても嬉しく、
また、夜には嬉しいメッセージを頂いて
またまた感激✨

 

今後もまた、色々カスタマイズを考えていらっしゃるとのこと。

今度はどのようにカッコよくなるのか、また楽しみです😊

GT-R 35 中期から後期の顔に

去年、リヤスポイラーを取り替えた

記憶に新しい GT-R!

🏎過去ブログはこちら🏎

春になったら!…と楽しみにしていたこと。

それは…?

このバンパーを後期の形に交換したい😁✨

でも、バンパーのデザインが変わると、バンパーからボンネットに繋がるラインはどうなる???

😳ボンネットも同時に交換!?

ということで、

バンパーは後期型に作られた、社外のFRP素材のエアロを、

ボンネットはそれに合わせて後期型の純正を注文。


◆FRPエアロバンパー


届いたエアロは、

↑こんなやつ!

色が付いてないから、抜け殻みたいに

半透明の状態です。


バンパーの仮合わせ


届いたから、ぽんぽん〜っと取り替えられる??

いいえ、そう簡単ではありません。

車体に、きちーんとピッタリ合うことを確認しなければなりません。

どれどれ!!!

まずは、新しいバンパーを取り付けるために。今のバンパーを取り外します。

あれ? なんでタイヤも外すの?

タイヤを外さないとね、

バンパーが外れないからです🙋‍♂️

じゃあ、いよいよ!!

付けてみよう!

どうだ!!

おっ

🤩いいんじゃなぁ〜〜い?


社外のエアロバンパーは、

実際に取り付けて、合わないところがあると調整や加工などが必要。

場合によっては、調整などで済まず、形状・サイズが違うということで、メーカーに返品交換の依頼をする場合もあります。

高価な物は仕上がりも良いですね。

ちなみに、バンパーの部品代は33万円ですって!(◎_◎;)

錆は早期発見早期治療-車の癌

ひと冬越して、久しぶりに洗車をしたときに

『あらっ?』 と気づかれる方が多い車の錆。

いつの間にか そこにある・・・!

“いつの間にか”なのですが、小さな錆の発生に気がつかないでいると
どんどん進行して、直そうかな と思ったときには大変なことになっていることがあります。

 

今日は、お客様からよく相談がある
サイドシルの錆修理についてご紹介します。


🔹サイドシル 錆修理


小さく出ている この錆が気になるんです。

ドアを開けたところに見える、さび色。

よく見るとその横はボコボコしています。

隠れているので、外側のカバーを外します。

ここです。

すると、隠れていたところが
どうなっていたか?というと・・・

あら。

思ったより広範囲ですね。

実はこのように塗膜の外まで見えるようになってしまうと
鉄板の内側で錆が進行しているため
「ちょっと簡単でいいから直して」という訳にはいかないのです。

錆は少しでも残すと、どんどん広がります。
錆修理をせず、ごまかして塗装をし、簡易的に済ませると
何週間と言わず、ひどいときなら1週間後にはプクプクと浮いてくることも。

 

まずは今見えている外側の錆を落としましょう。

錆を落とすと、鉄板が無くなってしまいます。

 

次に切開します。

内側はこんな感じです。

癌になる錆の部分は切り取ってしまい、
内側の見える錆は削って保護します。

次に、切り取った部分に、
新しい鉄板を丁度良い大きさに切り合わせ…

そして、溶接!

溶接個所は、研いで平らにします。

そこに、鉄板を保護するためにプライマーを塗って

空洞になったサイドシルの中に
この小さな穴からも防錆剤をシューーーーーッと入れます!

放射状に噴き出すこのノズルを使用するんですよ。

こんな風に吹き出します。

そして、注入。

下から滴り落ちるくらいたっぷりと入れます。

ここまでして、ようやく
あの小さく気になっていた錆の処理が終わります。

この後は、また、下地処理をして、塗装の工程に進み
きれいに完成します✨

 

ご紹介したこの錆修理は、まだ重症ではありません。

 

錆の修理は大きくなればなるほど大変です。

 

早期発見!早期治療が、その後の再発を抑制させ、
料金的にも、ボディのためにも、安心の状態をつくることができます。

 

 

サイドシルや、タイヤハウスのまわりは、ドアなどと違ってポンポンと交換できる場所ではないので、

できるだけ早めに見せに来てくださいね!😊

新車ステップワゴン 傷修理

新車で納車されて間もなく、
傷がついてしまったステップワゴン。

走行距離、900kmのお車です。


・とにかくきれいに直したい!

・だけど、できるだけ安価で済ませたい!


これがお客様のご要望です。

 

どこで直したらよいだろうと、インターネットで修理工場を探し、
色々調べて数ある修理工場の中から選んで
テクニカルオートにご来店頂いたそうです。
大変ありがたいお話です✨

修理したい場所は、リヤゲート。

リヤゲートは通常、内貼りも外し、ナンバープレート(封印)も外し、
ガラスを外してバラバラにした状態で板金修理、或いは交換を行うため
予想以上に高額になってしまいます。

今回は、安価で済ませるというご要望でしたので、
メリットデメリット等お伝えしたうえ、部分的に修理を行うこととなりました。


◆ リヤゲート 部分範囲で板金塗装


 

先ずは、塗装の妨げとなる部分のエンブレムを外します。

傷つけないように、ゆっくりと丁寧に。
そして、プラスチックベラで隙間から外していきます。

周りに黄色いマスキングテープを貼っているのは、わかりやすいようにではなく
ヘラでボディを傷つけてしまわないようにです。

 

次に傷ついてしまった部分に、密着プライマーを塗布します。
鉄板を錆びから守る役割と、形成するためのパテをしっかり密着させる役割との両方の効果があります。

プライマーを塗った後に、研いできれいにします。

次にUVパテを付けます。
紫外線を当てると、30秒で硬化します。

このパテは、硬化した後も柔軟性を伴う上、収縮しないため
割れや浮きが出ることなく、
長くきれいな状態を保つことができるのです。

 

硬化したパテをきれいに研ぎ、形を仕上げてから
サーフェーサーを塗ります。

更に研いで塗装する面の処理を仕上げた後、
塗装しない部分の養生をします。
これが “マスキング” です。

いよいよ、塗装に入ります。
塗装ブース内で行います。

純正の色ですが、車体に合わせて微妙な調色を行った塗料を用います。

何度も塗り重ね、しっかり色を塗り、最後はクリアで仕上げます。

ここで完了ではありません。

最後に、塗装面を磨きます。

ミガキの作業では、小さなごみ等が無いかのチェックを行いながら
新車の肌に合わせます。

平らになりすぎて鏡面肌にならないように、スポンジバフで磨きます。
この肌を合わせる仕上げも、職人技です。

黒い色は傷や汚れなどがとっても目立ちやすいので、
アルコールを吹き付けながら、油分などを取って最後は手で拭き上げます。

これで、新車と同じく、出来上がります。

 

お客様へお渡しした際は、料金、仕上がり共に
大変ご満足いただくことができました😊

 

新車でご購入されたばかりの大切なお車を、
私たちにお任せ下さったこと、
大変光栄に思います。

ありがとうございます!

ランクル80車検 オイル漏れ修理

いつも整備や修理でご利用頂いているお客様のお車を、車検でお預かりしました!

◆ランクル80 車検整備

インテークマニーホールド ガスケットからのオイル漏れを直すところからです。

ガスケット →要するにパッキンのような役割の小さな部品なのですが、これを取り替える為には、色んなものを外さないとたどり着けない場所にあります。

先ずはこの大きいのを外して、

その下にある…

これこれ! これの〜、

ここの部分がオイル漏れを起こしています。

▼ここです

で、ごちゃごちゃいっぱい着いているものを全部外してしまってから、

よいしょ!

この四角い部分それぞれに着く、ガスケットを取り替えるのです。

▼こんな部品です。

燃料が通っているパイプも、外さないとならないんですよ。

なかなか大変でしょ。

でも、こういった不具合をごまかさずにちゃんと整備しておくと、車は長〜〜く快調に走ってくれるんですよ。

マフラーの排気漏れは、いずれ交換しないとならないけど、ここは排気漏れを止めてあげさえすれば大丈夫なので、溶接で修理!!

ちゃんと、やるところはやる

様子見で良いところは保留にする

お金を掛けずに出来るところは、出来るだけ安価で済ませる。

そして、後から困らないように、長く乗れるように、判断して車検をとる。

これが、車とお客様のための、

トータルで考える一番お金を掛けない、

安心の車検です。

やるところを何でも省くと、車の寿命も短くなり、車買い換えなんて高額な出費を短いスパンで繰り返すことになります。

車検をとろうと思っていたのに…と、突然の出来事が起こらないためにも、しっかり判断してメンテナンスをしましょう!

🚙✴️🙋

エアロパーツ 2色塗り分け

CR-Zに取り付けるNOBLESSEのエアロ。

この前は、下地処理をして

サーフェーサーまでで終わりました。

→塗装までの工程←

◆エアロ 2色に塗り分け

先ずは、全体に黒を塗りました。

マスキングをして白を塗り。

この、マスキングを外すと…

きれいに2色に✨

2色に塗り分けたところで最後に全体をクリアーで仕上げます。

塗る前はきれいに脱脂をして。

クリアーをガンに。

全てのパーツを、一気に塗りあげます。

細かいところまで丁寧に!

塗装ブースは誰でも出入りできる場所ではありません。

ブースの外から窓越しにでしたら、塗装の見学もできます😊

塗り上がったパーツ、

✨ピカピカ✨です。

このまま、自然乾燥。

仕上がりが楽しみです😄🎶