BMW Z2 リヤバンパー修理

 

お電話でお問い合わせをいただく際にたびたび聞かれることが多いのですが

『外車の修理ってやってもらえますか❓』

というご質問💡

 

テクニカルオートでは、国産車、海外車問わず修理できます💪 😊✨

 

今回もインターネットでテクニカルオートを見つけて

ご来社くださったBMWの修理をさせて頂きました💡

 

ゴールドカラーが眩しくカッコいいBMW

そのリヤバンパー左側にひっかけたような深い傷が💦

▼拡大🔍

 

この傷を今回は部分的な修理で直すこととなりました🙌

 

まずは施工しない部分に傷が入らないよう養生をして

傷の入った部分の塗装を削り傷を拾っていきます💡

傷を落としたらパテで傷がついた部分の形成をして硬化☀️

マスキングで囲った範囲に塗装をかけるため

表面を研いで塗装の下準備をします🙆‍♀️

サフェーサーを塗布したら

ゴールドの車体に合わせて調色した塗料を吹きかけて

塗装してブース内でしっかりと乾燥させます☀️

塗装完了

全ての作業が完了したら

手洗い洗車で外も中も綺麗に清掃して

 

完成😊👏

部分的な修理でもこれだけ綺麗に仕上がります👨‍🔧

 

もちろん、部分的な修理ではなく正規の方法でも修理も可能です🙆‍♂️

お気軽にご相談くださいませ♪

BMW バンパー部分修理塗装✨

 

LINEで修理のお問い合わせを頂いたBMWにお乗りのお客様💡

当初は写真を拝見してのお見積もりでしたが

後日ご来社くださり、お車を確認💡👨‍🔧

 

下から覗き込むと👀

底面にザリザリっと深い傷が💦

ただ、幸い割れは無かったため傷を落として部分的な塗装をする方法で

修理を進めることになりました☺️

工場に入れてジャッキアップしてみるとより傷の状態が分かりますね💡

今回はバンパーを外さずに施工するため

他の部分を傷つけてしまわぬようアルミとマスキングテープで養生した上で

バンパーの傷を削り落とすところから💡

傷が拾い切れたら、元の形を再生させるため

パテを載せて表面を滑らかに形を整えます🙆‍♀️✨

パテ研ぎが終わったら、仕上げのサーフェーサーを吹きかけて

後は調色したボディ色を吹き付けてあげて

 

完成です😊🙌

 

最近ではSNSでお問い合わせをいただくことも多く最初はわからないのですが

ご入庫が決まってからこの方は小樽から来てくださっていたことが判明

 

最近でも日高方面からのご来社の方が続いたり・・と

北海道内さまざまな遠方から、色々な工場がある中で

わざわざテクニカルオートを選んできて下さること、大変嬉しく思い、

そしてお客様の期待を上回るものをお届けできるよう

これからも心を込めた修理を行って行きます💪

 

バンパー〜フェンダーにかけての傷を部分で修理❗️ 付属品も綺麗に✨

フロントバンパーからフェンダーにかけて傷が出来てしまったレクサス🚙

ちょっと写真では分かりにくいですが

バンパー本体の白い部分と、アーチ型になっている素地のパーツ。

それとブーメラン型の黒いデザインパーツの3箇所にそれぞれ傷が入ってしまっていました😢

 

施工方法を色々お打ち合わせしましたが

今回は部分的に塗る方法で行う事に❗️

 

まずは、ぞれぞれのパーツの取り外しから。

こちらのパーツ、実はこの部分だけで注文することは出来ますが

結構高いんです…😱💥ヒィ

なので、ここも塗装でお直ししちゃいます👍

 

遠目からはそんなに目立ちませんが

傷はザザーッと結構広範囲に。

 

アーチモールも取り外したら準備OK🙆‍♀️

バンパーとフェンダーの方は、ガリ傷の表面を削り落とし

UVパテを付けラインが美しく繋がるように形を整えます。

 

そしてサフェーサーの工程へ。

色を掛ける所とクリアを塗布する範囲は、塗装がきちんと密着するように

補修箇所まわりもバンパーの表面を一通り研いでいます。

フェンダーとバンパーの隙間も、出来る限り奥の方まで色をかけられるように

際の部分も入念に行いました。

 

そしてブーメラン型のこのパーツも

このように傷を落としたら、下地作りを順番に進め、塗装をかけます。

▼ボディに装着する為に、粘着力の強いテープを使用して準備

 

それぞれ塗装が完了したら

最後の仕上げで、各パーツを取り付けて。

 

はい❗️完成〜🎉

 

納車の日もお天気に恵まれました☀️ 

修理でお預かりする前には、何度かお打ち合わせを重ねた上で

着工させて頂きましたが、最後は仕上がりのお車を見てご満足頂けた様子でした😊

お任せ頂き、ありがとうございました🙇‍♀️

アウディのお客様から頂いた2つのご依頼😃

🙍‍♂️「バンパーが少し割れちゃったんだけど、直せないかな?」

 

お立ち寄り頂いたお客様からのご相談でした。

割れたというバンパーを近くでよ〜く見てみると👀

あらぁ…💦

バンパーだけでなく、その下のメッキモール部分までも傷が入っています😱

この状態ではボディ色部分はお直し出来ても、メッキモールは交換しないと直りません。

 

お客様と修理方法を色々お打ち合わせした結果

費用を少しでも抑えるためにメッキモール部分は我慢し

バンパー本体のみの修理で進めることにしました💡

 

そして、別件でトランクの傷も直したいとのご依頼も❗️

薄らとした傷ではありますが、爪に引っかかるくらい深いので

バンパー修復と共に塗装をかける方法となります。

 

バンパーの割れについては、樹脂溶接を行うため車体から取り外してしまいます。

 

そしてメッキモール取り外し。

外す際に爪が壊れてしまう可能性もあるため、丁寧に丁寧に一つずつ爪を外してしまいます。

簡単なように見えて、実はこの作業1時間近くもかかってしまいました😅

今回は壊れる事もななく、うまく外れてくれました😆👍

 

外れたバンパーの割れ修理はいつものように樹脂溶接を行って、下地処理を施します。

トランクの方も傷は拾ってこのような状態に

 

最後に色をかけて、外した部品をそれぞれ元に戻したら…?

 

すっかり綺麗に元通り🤗✨

塗装をかけた事で、新車からの色味と違いがでてしまうのではないかとすごく心配されていた様子でしたが

仕上がりを見て大変ご満足頂けた様子😆

その様子に私達も安心出来ました♬

 

レクサス フロントバンパー傷修理

社用車の事で色々と打ち合わせをしていたお客様が

マイカー修理の件もご相談くださいました😊❗️

 

レクサスのフロントバンパー。

バンパー左下部に傷と塗装が剥がれたような跡が。

 

自費で安価な修理をご希望されていたため、

修理方法はバンパーを外さず、マスキングをして部分的に!ということで決定です。

 

傷の表面を削り落とし、パテで形を整えたあとサフェーサーを塗布。

色を掛ける所とクリアの所に、塗装がきちんと密着出来るよう

補修箇所まわりもバンパーの表面を研いであります。

▲左下部のみの予定でしたが、こちらにも傷を発見‼️

せっかくなので、ここはサービスで直しちゃいます✌️

 

塗装範囲以外は紙とマスキングで養生し、ブースへ移動🚙💨

塗装をかけた後は、最後の仕上げを

丁寧に丁寧に磨きを掛けたら… 完成 🎉

 

お客様にも、とっても喜んでいただくことが出来ました❗️

 良かった〜😊

バンパー樹脂溶接の全貌✨動画いっぱい📹

 

昨日のインスタはご覧になりましたか❓📱✨

 

 

バンパーが割れてしまったエリシオン🚙

下の方に割れと、

横の部分に傷が💡

樹脂溶接で修理をしていきますよ〜💁‍♀️✨

 


 

 

割れている部分の裏側💡

溶接は表側と裏側両方にバンパーと同じ素材を溶かして溝を埋めるように

流し込むようにくっつけていきます👏

▲簡単そうに見えて実際にやるととっても技術がいるんです💪✨

溶接後がこちら☝️

溶接が終わったらエアーをかけて固まったのを確認して

表面を研磨し均していきます🌀

研磨後はパテを乗せていくので

プライマーを塗布して密着をよくしていきます🙆‍♂️

U V(紫外線)で硬化するパテをのせた後

余分なパテをバンパーの形状に合わせて落とします🙌

一発勝負

流石です😊

硬化☀️

ちなみに・・側面の傷も同時進行で研磨し傷を拾います🙆‍♀️

バンパーについている牽引フックのカバーも塗装をかけるため

外して同様に整えます💡

パテが硬化したら塗装前の仕上げの研磨⚡️

この上に色を乗せるため表面の凹凸など変なところがないか

手で何度も確認しながら微調整をして表面を整えます😉

今回はバンパーを1本塗装かけるため全体も表面を研磨し

下地作りの最終仕上げです🙆‍♂️

 


塗装が無事終わったら

ボディへの組み付けです❗️

直したバンパーを傷つけないよう

みんなで協力して取り付け

牽引フックカバーも塗装完了

パチっとはめ込んだら・・・

完成🙌

樹脂溶接と一言で言っても

様々な工程を経て修理が完了できるのです

『自分の車の割れは直せるかな・・❓』と、気になる方は

お気軽にご相談くださいね☺️

オデッセイ フロントバンパー部分塗装

「バンパーの傷を見て頂けますか?」

オデッセイのお客様からのご相談でした。

何か引っ掛けてついたような傷が一箇所。

 

そして正面から見た時に、もう一箇所うっすらとした傷を発見🔍❗️

 

新しいお車という事もあり

バンパーを一本塗る方法にするか、部分的にお直しするか一緒に悩みました🤔💭

 

*部分的に塗装をすると、黒い色は特に 後々

塗装のぼかし目(さかい目)が目立つようになってしまう事。

 

*一本塗る方法では、バンパーの脱着が必要となり

センサー付きのお車は 同時にセンサーの校正も必須となる事。

 

色々と打ち合わせを行った上で「部分塗装」の方法で修理することにしました✨

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

下地の工程はいつものように、傷を研いで・パテ付け・サフェーサー の流れで♬

 

▼正面についていたうっすら傷は、磨きで取れました✨

 

そして、塗装をして仕上がったお車がこちら💁‍♀️

 

全体にされているお車だったので

傷がなくなりピカピカ〜🚙✨⤴️

 

ご満足頂ける仕上がりとなりました👍

ダイハツ ミラトコット バンパー修理✨

 

とある大雨の日☔️

『いつの間にかひっかけてしまっていたみたいで😣💦

今走っていたらテクニカルオートの黄色い看板が🪧目に入ったので来てしまいました❗️』

 

と、飛び込みでご来店頂いたのは、可愛らしいお色のミラトコットにお乗りのお客様👩

どれどれ❓と傘を差してお車を見に行くと・・

▲バンパーの左下にガリっと擦った傷が💡

でも大丈夫❗️この程度なら修理して塗装してあげたらすぐに元通り綺麗になりますよ✨

ということで、後日改めてお車をお預かりして修理することに😊

 


 

後日・・・・

今度はとっても天気の良い日に☀️お車がご入庫💡

 

▼早速太陽の陽のもと、調色から進めます👀

調色が終わったら、工場の中へ車を入れて修理作業スタートです❗️

▲まずは表面の傷を削って落とします

▲機械で削った後は今度は手で深い傷の部分を研磨

▲研磨後

▲こちらのUVプライマーを研磨した部分に塗って

▲UVライトを当てて硬化させます

▲削った部分の形を形成するためのUVパテ

このパテはUV(紫外線)で硬化するため

外の光に当てると固まってしまいます⚠️

手際よくパテを乗せたら

硬化☀️

元の形通りに表面を整えます

傷の部分の形成が終わったら塗装をかける部分全体を

研磨します💡

バンパー下側の傷以外にも上の方に傷を見つけたのでこちらも一緒に直しました😋

▲塗料の密着をよくするためUVサーフェーサーを吹きかけたら

硬化させます☀️

▲塗装へ入る前に『足付け』という、

塗料の剥がれを防ぐための工程を行います👍

▲塗装ブースへIN‼️✨

塗装をかけない部分は養生して準備完了🙌😄

 


塗装をかけ、しっかり乾燥させたら・・・

 

完成💁‍♀️🎉✨

 

▼拡大🔍✨

 

綺麗に元通り☺️🍀

たまたま看板でテクニカルオートを見つけて来てくださったお客様でしたが

これをきっかけに今度から何かあったらまた相談させてもらいますねと嬉しいお言葉もありました🌸

新しいご縁を持てたこと、とても嬉しく思います☺️

ワーゲンアップ🚗フロントバンパー傷磨き✨

 

ワーゲンアップにお乗りのお客様🚗💡

フロントバンパーをこすってしまったんです😣💦とお見積もりのご相談でした。

お車の状態はというと

▲こんな感じ💦左角に広範囲で傷とこすった際についたであろう塗料が・・

よくみてみると幸いにも深い傷は少ししかなかったので

見栄え重視でフロントバンパーを磨いてどの程度綺麗になるか

試してみることに😉💡

 


 

別なお日にちで改めてご来社いただき作業スタート🏃‍♀️✨

まずは白く付いてしまった塗料を魔法の液体で🪄拭き取り

塗料を落としてみます💡

▲大まかな色は取れましたがよ〜く目を凝らすと

表面にやはり傷が残っています🔍

▲下の方には塗装が剥がれ下地が見えてしまっている部分も💦

 

ぶつかった時の衝撃でバンパーの取り付け部分が少し変形してしまっていた為

昨日もご紹介した高温のドライヤーで温めながら元の形へできる限り戻していきます☀️

 


 

このあとはいよいよ磨きの作業💡

さまざまな粗さのバフを使い分けてコンパウンドとポリッシャーを使って

順番に磨いていきます👍

 

磨きが完了したら、塗装が剥がれ下地が見えていたところをタッチアップで

隠してあげます👨‍🎨

▲タッチアップと言ってもきちんとボディの色に合わせ調色してから🌈

▲とっても細かい作業なのでメガネをかけて👓目を凝らしながら

丁寧にタッチアップ😊

乾かして・・

もう一度色を重ねます😊

 

そして・・・

🎉出来上がり🙌🎉

どのに傷があったのかわからないほど綺麗になりました👏✨

 


 

おまけで今回ご依頼頂いた箇所以外の傷がある部分も一通り

タッチアップをサービス❤️

仕上がりには

『うそ〜‼️全っっ然違う✨‼️👀』と、とっても嬉しそうでした🍀

クイックの作業でもこんなに喜んでもらえるなんて本当よかったぁ〜☺️

クィック作業で凹み解消☺️👍

ブログでご紹介していた内容を見て

自分の車も同じように作業してほしい❗️とお電話からご予約を頂きました✨

 

バンパー下部の色がついていない一部分に

ベコッと凹みが見られます💥

 

どこまで綺麗に出せるかは、やって見ての作業🔧

 

裏に手が入るように、アンダーカバーのビスを取り外して準備OK。

 

まずはこのドライヤーのような物を使って温めてみましょう。

実はこれ、家庭用のドライヤーとは比にならないくらい温度が高い👀‼️

顔にかかて、その温度を体験してみると…あつッ😵💥となるくらい 笑

 

温める際、バンパーに近すぎると

熱で溶けてしまうし、離れすぎていると温まりも悪いので

その加減が絶妙なんです😂

 

手のひら✋で何度も何度も確認。

「今だ〜‼️ えいッ‼️」

裏から押し上げると、ポコッと出るので

この瞬間がとっても気持ちが良い♬

ラインの部分を決めたら、次は全体を。

 

手袋🧤は履いていますが

裏はとても熱くなっていて 火傷しちゃいそう…

と言うのは、秘密のお話㊙️笑

 

最後は工場スタッフのパワーで💪ググっと!!

最初よりも熱くして最後の仕上げ。

 

ご覧ください💁‍♀️

凹みがあったことなんて忘れてしまうくらいの仕上がりに🤗

喜んで頂けたので良かった〜🌸