インプレッサ フロントバンパー部分塗装

お車の外装修理のご依頼を多く頂いておりますが

事故などでの損傷は予期せぬ時に起こります。

 

今回お預かりしたインプレッサのお客様もそうです。

 

細い道だったのでしょうか。

『行けるかな?』『大丈夫かな?』

と迷いながらも前進したところ、バンパーを擦ってしまったとお話を伺いました。

 

お車を乗り換えてから、車幅等の車両感覚が変わってしまったのもあるそうです。

 

こう言った状況でぶつけてしまう方は少なくありません。

行けるかどうか迷った時は、一度止まって見てみることで防げる事故もあるかもしれません😉

 

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

 

お預かりしたインプレッサはというと

幸いバンパーに割れや亀裂もなかった為、部分修理で進めることにしました。

 

まずは、傷を取りながら塗膜を削り落とします。

密着の良いきれいな塗装を行うためには、表面に細かい傷を付けてあげる必要があります。

研ぎの作業で、傷を付けてはいけないフォグランプ周りの素材部分は先に取り外しをし

ヘッドランプはマスキングで保護をしています。

 

UVパテで形状を修復する作業が完了したら次はUVサフェーサーを塗布。

周りに飛ばないように養生をして

塗り終わったのがこちら💁‍♀️

 

この後は再び研いで表面を滑らかにし、いよいよ塗装へ。

ブースの中へお車を移動し、塗装範囲以外は全て紙で養生をしています。

 

塗り上がった後は磨きをかけて最後の仕上げ✨

 

外したパーツも付けたら完成!

仕上がりはこのように♬

 

お預かり前は修理の内容など、色々と心配されていたようですが

仕上がりを見て、ご満足頂くことが出来たようです😊

 

ありがとうございました!

クリア剥がれの修理塗装

フロントバンパーのクリアが剥げてしまったクルーガー🚙

修理の費用を少しでも抑えられるように、そしてテクニカルオートで作業がしやすいようにと

ご自身でバンパーの脱着とフォグランプ等の細かな部品を外してきて下さいました。

 

そこまでの作業を進めて下さっていたので

32個程のクリップの取り外しだけで簡単にバンパーが外れました🙆‍♂️

 

 

別件でクォーターのデント作業のご依頼も頂いたのですが

こちらも同様に内張りを外して下さったようです。

ここまで出来ちゃうなんて凄い👀‼️

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 

クリア剥がれの原因は、詳しく調べないとはっきりとした事は言えませんが

その一つとして、硬化剤の量の問題もあるのではないかと感じています。

 

修理をするには、クリアだけを剥がして『フューザーエッジ※』が出来る所まで研磨。

※フェザーエッジ:塗装と下地の面を斜めに削った面

 

研磨が終わったバンパーにはサフェーサーを塗布。

再度研いで下地処理を完成させます。

 

この後はいつもと同じように調色。

お車の色、一台一台に合わせお色を作成。

 

そして塗装。

綺麗に仕上がりました✨

 

お渡しの時には『凄く綺麗になりましたね!』と喜んで頂くことも出来

良かったら〜と、お土産まで貰ってしまいました😆

 

ご満足頂けたようで嬉しいです👍

ありがとうございました!

 

プレマシー フロントバンパー修理

初めてテクニカルオートに来てくれたお客様

駐車場の塀の角っこにゴツンッとぶつけてしまいフロントバンパーの

真ん中にチョップしたような傷が😣💦

▼アップにするとこのような感じ😭

 

残念ながら黒い樹脂の部分は修理をすることができないため

綺麗にしたい❗️なるとバンパーと一体になっているためバンパーごと交換しなくては

なりません💡グリルも高い・・

そうなるとご負担も大きくなるのでどのように直していくのがベストか一緒に相談💁‍♂️

相談のうえ、今回は樹脂の部分の傷はそのままに傷ついてしまったバンパーを修理して直すことに決定🙆‍♀️💡

 


 

まずは、塗装をする色を作るため調色の作業から💡

太陽の光のもと艶を出して色を見やすくした状態で

角度によって色味が違って見える為

塗り板に試しの色をのせ、さまざまな角度から入念に調色の具合をチェック👀

▼真上から

▼斜めから

 

色が決まったら、傷のついている部分を削り、塗装をかける部分も

パテをのせたら余分な部分は研いでいきます🌀✨

 

逆光でわかりずらくてごめんなさい🙇‍♂️

 

今回は部分的な修理と塗装を行うため

塗装をかけない部分は丁寧に養生して

 

塗装の密着をよくするためサーフェーサーを塗布

UVライトを一気に近くから当てるのではなく離れた位置から徐々に溶剤を飛ばしながら

近づいて当てていきます💁‍♂️

 

 

下地作りが完了したらブースに入り🚘🛖もう一度塗装する部分、塗らない部分を

分けて養生し直して・・・塗装していきます🙌

 

 


 

塗装完了

 

樹脂の部分はそのままでも・・・

 

 

こんなに綺麗になりました🤗✨

アウディ フロントバンパー部分塗装

『フロントバンパーなんだけどさ、

左側の底が、いつの間にか削れてしまってたんだよね💧

見つけちゃったら、そこばかり気になってしまって!』

ご相談にいらした車は、アウディ。

全体にきれいに保たれているお車です。

あぁ、これは気になりますね😵

きれいにはしたいけど、

『出来るだけ短期間で、安く直したい。

無理をお願いするけど、1日で何とかなるかい』

👨「わかりました、お任せください!」

幸い、バンパーの割れは無く、部分塗装できれいになります。

 

日程を決め、朝ご来店いただき、夕方のお返しということでお約束しました😊

 

傷は落として、弾力性のあるUVパテを使用します。

底面だけでなく、少し上の方まで小さな傷があるので一緒にきれいにしてしまいましょう。

部分塗装と言っても、仕上がりをきれいにするために

塗るのはこの範囲です。

塗装の密着を良くするために、UVサーフェーサーも塗布して、

塗る範囲は下処理をして、塗装前準備完了。

 

超~!短期間修理!! でも、きちんときれいに仕上がりましたよ✨

そして、修理後も、パテ割れや浮きが無いように

きちんと丁寧に仕上げました。

 

 

お引き渡し時はもちろん、

渡した後も、修理したことを忘れる位に、

ご満足が長続きしますように😊

レガシィ フロントバンパー部分塗装

最近、バンパー部分塗装のご依頼を多く頂いております。

 

今回ご入庫頂いたのは スバル の レガシィ 🚙

 

フォグランプの上下に傷が…😭

 

今回も事前にご予約を頂いていたので、1日仕上げの作業です💪

 

 

修理箇所以外の部分をマスキングで養生をする担当と

色合わせ(調色)の担当とに分かれ、塗装屋さん2人で同時進行進✨

 

準備が整ったら、まずは傷を落として

UVパテをつけて形を整えます。

U Vサフェーサーも塗布し、塗装前の下地処理はこれで完成。

その後は事前に調色していた色を塗って、クリアを吹いたらしっかりと乾燥!

 

最後に磨きで仕上げの作業✨

 

仕上がりはこちら💁‍♀️

 

綺麗に仕上がりました🤗

CR-Z フロントバンパー部分修理

CR-Z 🚗をお預かりしました。

バンパー下部に目立つ傷が…😭

よ〜く見ると少々割れているようです。

 

幸い割れの程度は大きくないので、相談の結果

部分的に修理をすることになりました。

 

お客様の仕事の関係で、初めは土曜日から翌週土曜日までの1週間 お預かりする予定でいましたが

その日にお返しが出来るよう急遽 当日スピード仕上げ で進めることに変更 ‼️

 

すぐに作業にかかります💪

 

傷を研いだ後は、バンパー修理に最適なUVパテで削った部分を補修。

部分的と言っても塗る範囲は このくらいです👇

サフェーサーの塗布も完了したら、ブースの中に入れて いよいよ塗装✨

 

予め調色しておいた塗料を、塗る範囲全体に吹きかけていきます 💨

綺麗に染まったらクリアを塗布して乾燥。

 

その後は磨きを掛けて完成〜👏

 

引取に来てくださったお客様、まさかの1日仕上げで

大変ご満足頂けた様子😄♬

仕上がりも『綺麗になりましたね!』ととっても喜んで頂くことが出来ました 🙆‍♀️🌟

 

ありがとうございます。

ノア フロントバンパー下部 部分塗装

お仕事の関係で札幌に引っ越して来られたというお客様。

初めての地域でどこの工場が良いんだろうと調べてご来社頂いたようです。

 

お車を見るととってもピカピカー✨

ご入庫頂く前に綺麗に磨いてくれたと仰っていました。

 

なるほど!

歯医者さんに行く前にはキレイに歯磨きしていきますよね。

そういう感じで気を遣ってくださったのですね🙇‍♀️💡

ありがとうございます。

 

損傷部位はというと、フロントバンパーの左下がガリッと擦れている状態😖

デザイン的にも地面との距離が短いポイントなだけに

ちょっとした段差などで擦りやすい部分でもあります💦

 

バンパーにはセンサーも付いていました🔍

修理の際、バンパーの脱着を行なってしまうとセンサーの補正(エーミング)が必要となり

費用も修理の日数も大きく変わります。

今回は費用面・日数面などを考慮し、部分的にお直しすることにしました👍

 

まずは 傷の入った箇所を バンパーの “ささくれ゛と一緒に削ってしまいましょう。

傷の部位だけでなく、部分的に塗装を行う範囲を一通り削ります。

 

研ぎ終わったら修復の作業へ。

 

バンパー修理には、UVプライマーが最適です!

塗布後、硬化して形を整えたらお次はサフェーサー。

塗布後は研いで表面を滑らかに。

 

今回のように車高が低くジャッキが入りにくいような車両は

塗装をしやすいよう少し高さを変えて工夫を✌️☺️

 

👇こちらを使用。

カースロープとしての役割を担っています。

こちらは20年以上前に、工場スタッフが試行錯誤して作ったもの。

 

市販されている物は、プラスチック製だと軽くて動いてしまうし、鉄製だと滑るし…。

中々使い勝手の良い物ってないものです。

 

ですが、こちらは年期こそ入っているものの 傷むことも壊れることも無く

今でも健全に使用が出来ていますよ ♬

 

話が少し逸れてしまいましたが…笑

 

次はいよいよ塗装です。

塗装箇所以外は全て紙で養生しています!

 

そして塗装✨

 

仕上がりはこちら🤗

 

綺麗に仕上がりました🙆‍♀️

お仕事帰りに再びご来社頂き、無事に納車となりました。

少し暗い時間帯だったかな🌙

 

お車を大切にされている方なので

きっと洗車をした際などにも綺麗に仕上がったお車を見て

喜んで頂いているんだろうなぁ☺️

とお客様の喜んでいる姿を想像するととっても嬉しいのです😊

ポルシェ フロントバンパー部分塗装

ポルシェに傷が〜😭

お車を駐車中に、近くの建築現場から石膏ボードが倒れてきた事を伺いました💦

 

近くで見てみると、塗装がエグれたようになっています。

 

高級車に傷を付けてしまったと思うと冷やっとしますよね…😱

 

お客様はお相手の事も考え

修理代が安くなるようにと部分的に修理をする方法で進めることにしました。

お優しい☺️

 

でも大丈夫!!

部分修理ですが、きちんと綺麗に直ります🙆‍♀️

 

まずは太陽☀️の出ている午前中に色合わせから!

 

傷は研いで落とした後、弾力性のあるUVパテで形を整えUVサフェーサーも塗布。

部分的に塗る範囲は全て、表面を削って新しい塗料・クリアとの密着性を高めます。

 

塗装する部分以外はマスキングと紙で養生。

ここまでの工程が終えると、事前に準備をしておいた色でいよいよ塗装です✨

 

塗料は何度も塗り重ね、しっかりと染まった後はクリアで仕上げを❗️

この後は磨き作業✨ 完了までもう少し💪

 

肌の状態を確認しながら、艶がある綺麗な状態に仕上げていきます。

 

完成〜🌼 仕上がりはこのように👇

 

お引き取りにいらしたお客様には

作業工程の写真をお見せし説明をしました📱✨

仕上がりも喜んで頂けたので良かった〜😊

 

ありがとうございます!

 

 

それにしても…

かっこいいなぁ💓

 

インプレッサXV フロントバンパー傷部分修理

2年位前にテクニカルオートをご利用頂いたお客様。

『前に良くしてもらったから』とテクニカルオート思い出してご来社頂いたとの事🤗

とってもありがたいお話です🙇‍♀️

 

お車はフロントバンパー左角に擦ったような傷がありました。

▼拡大🔍

一部、塗装が剥がれてしまっている箇所もあります😭

 

修理方法をお打ち合わせし

バンパーは脱着せず、マスキングをして部分的に修理を行う方法に決定です💡

 

まずはライトウォッシャーの蓋を取り外しから。

 

傷を削り落としたら、バンパーの形状を修復する為にUVパテを塗布して硬化。

形を整えて UVサフェーサー塗布を塗布。

下地処理が完了しました。

 

この後は、塗装範囲以外はマスキングと紙で覆い 塗装前の最終準備。

部分修理の場合は、塗装した感じがくっきりと出てしまわないよう

区切るポイントを考慮し施工しています。

 

傷の範囲としては小範囲ではありますが

塗装する範囲で見ると、このくらいの大きさに💡

 

 

そして塗装後の仕上がりがこちら👇

 

事前にご予約を頂いていた事もあり

朝お預かりをして、夕方にはお客様の元へお返しすることが出来ました。

 

喜んで頂けて良かった〜😊

ありがとうございました!

レクサス フロントスポイラー取付・バンパー部分塗装

ご家族でテクニカルオートをご利用頂いているお客様からのご相談です。

 

以前ついていたスポイラーが壊れてしまい

外した状態でしばらく乗っていらっしゃったようですが

同じスポイラーを手配し 取り付けしたいとのお話です。

 

お車を見てみると フロントバンパー下部に傷がある状態でした。

スポイラーを取付すると隠れて見えなくなる部分ではありますが

こちらも塗装をして欲しいとのご依頼だったので、部分でお直しします!

 

車体の色が 紺色 ということもあり

塗装のぼかし目が出ると目立ってしまう恐れがある為

スポイラーに隠れる範囲での塗装で。

 

傷を削り落としたあとは、UVパテとUVサフェーサーで下地処理。

そして塗装。

 

スポイラーも同様に塗装前の丁寧な下地処理を行って

塗装へと掛かります。

 

完了したら、お次は取付作業です🔧

 

取付の際、左右の高さがバラバラになってしまわないよう

それぞれの角にテープで目印をし、高さを決めた上で慎重に取付していますよ☝️😊

 

 

そして、出来上がりはこちら💁‍♂️

 

お返しの際には『また何かあったらお願いします』と

嬉しいお言葉も頂き、素敵な納車となりました😊

 

ありがとうございます!