オデッセイ フロントバンパー部分塗装

「バンパーの傷を見て頂けますか?」

オデッセイのお客様からのご相談でした。

何か引っ掛けてついたような傷が一箇所。

 

そして正面から見た時に、もう一箇所うっすらとした傷を発見🔍❗️

 

新しいお車という事もあり

バンパーを一本塗る方法にするか、部分的にお直しするか一緒に悩みました🤔💭

 

*部分的に塗装をすると、黒い色は特に 後々

塗装のぼかし目(さかい目)が目立つようになってしまう事。

 

*一本塗る方法では、バンパーの脱着が必要となり

センサー付きのお車は 同時にセンサーの校正も必須となる事。

 

色々と打ち合わせを行った上で「部分塗装」の方法で修理することにしました✨

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

下地の工程はいつものように、傷を研いで・パテ付け・サフェーサー の流れで♬

 

▼正面についていたうっすら傷は、磨きで取れました✨

 

そして、塗装をして仕上がったお車がこちら💁‍♀️

 

全体にされているお車だったので

傷がなくなりピカピカ〜🚙✨⤴️

 

ご満足頂ける仕上がりとなりました👍

ダイハツ ミラトコット バンパー修理✨

 

とある大雨の日☔️

『いつの間にかひっかけてしまっていたみたいで😣💦

今走っていたらテクニカルオートの黄色い看板が🪧目に入ったので来てしまいました❗️』

 

と、飛び込みでご来店頂いたのは、可愛らしいお色のミラトコットにお乗りのお客様👩

どれどれ❓と傘を差してお車を見に行くと・・

▲バンパーの左下にガリっと擦った傷が💡

でも大丈夫❗️この程度なら修理して塗装してあげたらすぐに元通り綺麗になりますよ✨

ということで、後日改めてお車をお預かりして修理することに😊

 


 

後日・・・・

今度はとっても天気の良い日に☀️お車がご入庫💡

 

▼早速太陽の陽のもと、調色から進めます👀

調色が終わったら、工場の中へ車を入れて修理作業スタートです❗️

▲まずは表面の傷を削って落とします

▲機械で削った後は今度は手で深い傷の部分を研磨

▲研磨後

▲こちらのUVプライマーを研磨した部分に塗って

▲UVライトを当てて硬化させます

▲削った部分の形を形成するためのUVパテ

このパテはUV(紫外線)で硬化するため

外の光に当てると固まってしまいます⚠️

手際よくパテを乗せたら

硬化☀️

元の形通りに表面を整えます

傷の部分の形成が終わったら塗装をかける部分全体を

研磨します💡

バンパー下側の傷以外にも上の方に傷を見つけたのでこちらも一緒に直しました😋

▲塗料の密着をよくするためUVサーフェーサーを吹きかけたら

硬化させます☀️

▲塗装へ入る前に『足付け』という、

塗料の剥がれを防ぐための工程を行います👍

▲塗装ブースへIN‼️✨

塗装をかけない部分は養生して準備完了🙌😄

 


塗装をかけ、しっかり乾燥させたら・・・

 

完成💁‍♀️🎉✨

 

▼拡大🔍✨

 

綺麗に元通り☺️🍀

たまたま看板でテクニカルオートを見つけて来てくださったお客様でしたが

これをきっかけに今度から何かあったらまた相談させてもらいますねと嬉しいお言葉もありました🌸

新しいご縁を持てたこと、とても嬉しく思います☺️

ワーゲンアップ🚗フロントバンパー傷磨き✨

 

ワーゲンアップにお乗りのお客様🚗💡

フロントバンパーをこすってしまったんです😣💦とお見積もりのご相談でした。

お車の状態はというと

▲こんな感じ💦左角に広範囲で傷とこすった際についたであろう塗料が・・

よくみてみると幸いにも深い傷は少ししかなかったので

見栄え重視でフロントバンパーを磨いてどの程度綺麗になるか

試してみることに😉💡

 


 

別なお日にちで改めてご来社いただき作業スタート🏃‍♀️✨

まずは白く付いてしまった塗料を魔法の液体で🪄拭き取り

塗料を落としてみます💡

▲大まかな色は取れましたがよ〜く目を凝らすと

表面にやはり傷が残っています🔍

▲下の方には塗装が剥がれ下地が見えてしまっている部分も💦

 

ぶつかった時の衝撃でバンパーの取り付け部分が少し変形してしまっていた為

昨日もご紹介した高温のドライヤーで温めながら元の形へできる限り戻していきます☀️

 


 

このあとはいよいよ磨きの作業💡

さまざまな粗さのバフを使い分けてコンパウンドとポリッシャーを使って

順番に磨いていきます👍

 

磨きが完了したら、塗装が剥がれ下地が見えていたところをタッチアップで

隠してあげます👨‍🎨

▲タッチアップと言ってもきちんとボディの色に合わせ調色してから🌈

▲とっても細かい作業なのでメガネをかけて👓目を凝らしながら

丁寧にタッチアップ😊

乾かして・・

もう一度色を重ねます😊

 

そして・・・

🎉出来上がり🙌🎉

どのに傷があったのかわからないほど綺麗になりました👏✨

 


 

おまけで今回ご依頼頂いた箇所以外の傷がある部分も一通り

タッチアップをサービス❤️

仕上がりには

『うそ〜‼️全っっ然違う✨‼️👀』と、とっても嬉しそうでした🍀

クイックの作業でもこんなに喜んでもらえるなんて本当よかったぁ〜☺️

クィック作業で凹み解消☺️👍

ブログでご紹介していた内容を見て

自分の車も同じように作業してほしい❗️とお電話からご予約を頂きました✨

 

バンパー下部の色がついていない一部分に

ベコッと凹みが見られます💥

 

どこまで綺麗に出せるかは、やって見ての作業🔧

 

裏に手が入るように、アンダーカバーのビスを取り外して準備OK。

 

まずはこのドライヤーのような物を使って温めてみましょう。

実はこれ、家庭用のドライヤーとは比にならないくらい温度が高い👀‼️

顔にかかて、その温度を体験してみると…あつッ😵💥となるくらい 笑

 

温める際、バンパーに近すぎると

熱で溶けてしまうし、離れすぎていると温まりも悪いので

その加減が絶妙なんです😂

 

手のひら✋で何度も何度も確認。

「今だ〜‼️ えいッ‼️」

裏から押し上げると、ポコッと出るので

この瞬間がとっても気持ちが良い♬

ラインの部分を決めたら、次は全体を。

 

手袋🧤は履いていますが

裏はとても熱くなっていて 火傷しちゃいそう…

と言うのは、秘密のお話㊙️笑

 

最後は工場スタッフのパワーで💪ググっと!!

最初よりも熱くして最後の仕上げ。

 

ご覧ください💁‍♀️

凹みがあったことなんて忘れてしまうくらいの仕上がりに🤗

喜んで頂けたので良かった〜🌸

 

メルセデスベンツ バンパーガリ傷修理⚡️

 

今回初めてご来社のお客様👨

フロントバンパーにガリっと傷をつけてしまって💦

とのご相談でした💡

 

お車はベンツ

フロントバンパーの右側に大きなガリ傷が出来ていました😱

🔍拡大👀👇

 

いつもは違うところで修理していたそうですが

早急に修理をしたく、色々検索してテクニカルオートを見つけてくれたそうです😊

こんな近くにこんな立派な工場があるなんて知らなかった‼️‼️

見つけてよかった〜と、嬉しいお言葉❤️

 


 

今回は早く修理をしたいご希望があったため、

パーツの脱着はせず、部分的な修理と塗装で進める方法で決定🙆‍♀️

 

▲修理をしないパーツの部分には研磨する際

誤って傷が入ってしまわぬようアルミと紙でしっかり養生💡

▲部分的と言ってもバンパーの半分近くは塗装をかけます

大きく深い傷の部分は傷を削り落とした後にはパテで表面を整え

その周りの部分は塗装をかけ直すため浅く研磨します🌀✨

 

研ぎと下地作りが完成したら塗装ブースへ移動し

車体全体、塗装をかけない部分は紙を貼って隠します🙆‍♂️

🔍拡大👀👇

 


🍀完成😊🍀

綺麗になりすぎて写真を撮ると色んなものが反射して

写り込んでしまうほど😄❗️

 

こんないいところがあったなんて👏❗️

これをきっかけに他にも車を持っているので

また何かあったら相談に来ますと、

とても喜んで頂けたようでした🙇‍♀️✨ヨカッタ🌈

バンパー割れ 電熱ピンで固定⚡️

 

今年の大雪でバンパーが・・

という問い合わせをとっっても多く頂いております📞

 

今回も雪道でゴツンっと打ち上げてしまい、

バンパーだけではなくフェンダーライナーもバリっと欠損してしまったお車🚘

▼ライナーがなくなり取り付けのクリップだけ残っています😭

ライナーは新品で交換するしかなく、すぐに部品を手配🚛

バンパーはきちんと樹脂溶接で直すか❓どうするか❓

と、相談の上今回は『電熱ピン』を使って割れている箇所を

固定する方法に決定💡

 

こちらの機械を使って👇

ホチキスのようなピンをヒートリペアキットと言われる機械に

セットして👇

 

バンパーに直接押し当てて溶着させます👏❗️

割れているところを境に橋渡しするように

端から端まで何箇所もピンを溶着させて割れが広がらないよう固定💡

▲一見フランケンシュタインのよう👻

今回はタイヤを外せば裏からでもくっつけられる位置だったので

バンパーの裏側から留めました😄👍

ピンをつけ終わったら飛び出ている部分をカットして✂️

バンパーの割れ固定は完了🙆‍♀️

 

あとは、新品で用意していたフェンダーライナーを

取り付けて・・・

完成💁‍♀️🙌✨

 

あくまで割れがこれ以上広がらないようにの処置ではありますが

ビニールテープを表側に貼って過ごしていたお客様👨

それよりは見栄えも強度も良いでしょう🙆‍♀️

 

このまま乗って先々またひどくなってしまうようだったら

その時はまたご相談させて頂くというところで

応急処置のご紹介でした🤗‼️

リアバンパー バックフォグ 加工取り付け

『ヴィッツのリアバンパーにダクトを付けたい』

・・・ん、ヴィッツのリアバンパーに??

ダクトって何のことを言ってるんだろう?

 

入庫して確認してみると、なるほど

これのことね!

バンパーを新品そのままで交換すると

穴が開いていない状態が標準なので、加工が必要です。

ただ、オプション品は 全くの社外パーツ取付とは違うため、

新品のバンパーの裏に

ダクトの罫書き線があります!

よかった!! これはありがたいです!

 

 

罫書き線って、 どこだかわかりますか?

ここです

 

 

新品のバンパーにエアーソーを使用し、

罫書き線の内側をくり抜くようにして

ある程度穴を開けていきます!

↑クリックで動画再生

 

穴をあけたら、次は罫書き線に沿って

ベルトサンダーでギリギリまで削り形を整えます!

↑クリックで動画再生

 

後はダクトをはめ込み、

バックフォグを取り付けして完成!

 

ほら! きれいに仕上がりましたよ✨

シャア専用オーリス スポイラー修理🚗

 

『フロントのスポイラーが壊れてしまって・・

自分で割れの修理をして見たんですが・・』と、ご相談にいらした

お客様👨

 

お車を拝見するとオーリスでしたが、

オーリスはオーリスでも

シャア専用オーリスでした💡👀

 

限定生産の珍しいお車✨

 

これのスポイラーがこの冬道で壊れてしまい

ご自身でメッシュなどを使い割れの修理をされていました💡

が、完全には直り切らず

お手上げ〜🙌💦となってしまったそう💦

 

一度溶着されている部分を剥がして修理し直そうかと思ったのですが、

思ったより強固に引っ付いている状態だったため、

表側だけ、表面を削りパテで形を直すところから👍

形ができたらサーフェーサーをかけて

塗装へと進んでいきます❗️

ちなみに黄色のマスキングで隠れている部分は赤い塗装に色分けされており

お客様が丁寧にラインを拾って

▲こんな感じでマスキングして持ってきてくれました😊

上手ですね♪

 

事前にお客様から見本のイメージを頂いていたので

そのイメージ通りに黒の艶ありの塗装をかけていきます👨‍🎨

後はマスキングを丁寧に剥がして

もう一つスポイラーに取り付ける飾りのパーツを貼り付けて

スポイラーの修理完了😋🌈✨


 

できましたの連絡をしたらすぐにでも取りに来たいと

駆けつけてくれたお客様❗️

早速じゃ〜ん❗️とお渡ししました😄

『うわぁ〜✨すごい❗️これはもう新品ですね❗️✨』

と、仕上がりにとっても喜んで下さりました☺️🍀

 

お話を聞くとガンダムが好きで

この車をとても大事にされていて

色々ご自身でカスタムしているそう💡

記念に1枚📸☀️とお写真を撮らせて頂きました❤️


 

そしてお返しした数日後、当社のLINEにメッセージが☺️

『早速取り付けしました❗️塗装の色、ボディと完璧に合っていました❗️😄』

と、取り付けした状態の写真も一緒に送ってくださりました🍀

雪も溶けてきたので、ぜひぜひ元通りカッコよくなったこのお車で

色々なところをいっぱいドライブして下さいね🙆‍♀️✨

FRPバンパーの修復 〜作業編〜

前回の続きになります。

 

今度はいよいよ作業💪‼️

 

車体から外したバンパー。

ヒビ割れの感じも意外と複雑で、取り付け部も欠損していました。

 

そして、もう一箇所、塗装が剥がれている部分を発見。

下から突き上げた瞬間にヘッドライトとぶつかってしまったのかなぁ…??

 

ヒビ割れの箇所は、表・裏の両面とも補修していきます。

どちらからスタートするかは、割れの状態を見て決めています💡

 

修復する前に、形がずれてしまわぬようマスキングで固定をして開始❗️

 

補修する箇所全体に、混ぜておいた液剤を塗布して、 繊維の貼り付けです。

 

▼この取り付けの部分も、無くなっていたので新たに生み出しました♬

FRPガラスマットは直角には曲がらないため

表から裏からを合わせるように調整をしながら貼り付けをし、角を付けています。

穴は後で開けますよ〜❗️

 

そして遠赤外線で乾燥。

表面も同様に。

 

ここまで来たら、次はいつもの塗装の工程へ✨

研いで、パテで表面を平らにし、形を整えます。

 

裏からの写真ですが、取り付け部の穴も綺麗に開いて

復元は良い感じになりました👍

 

塗装が完了し、車体に戻してあげたら完成〜👏😊

外れていた網も修正しOK🙆‍♀️

 

お客様にも綺麗になったと喜んで頂くことが出来ました♬

 

 

FRPバンパーの修復 〜材料編〜

冬の穴ボコに落ちてしまいフロントバンパーが破損しているお車のご相談を頂きました。

 

バンパー本体は、取り付け部に亀裂が入っている状態です。

割れている部分のモシャモシャした感じから

素材は「FRP」だとわかります。

 

そして、こちらの網の部分も外れグチャっとなっていました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜FRPバンパー修理前の下準備〜

 

そのそもFRPとは?と思う方もいるかもしれません。

過去の記事でも紹介していますが、少しだけおさらい✏️🗒

 

バンパーはプラスチック素材ですが、その種類は様々です。

プラスチックにガラスなどの繊維を混ぜ込む事で

軽さはそのままでも強度が加わった物が出来上がります。

それがFRPと言われるもの❗️

 

▼こちらがその材料(左:主材/右:硬化剤)

中々、味があって良いでしょ〜?📸✨笑

 

サンドーマ(左:主材)は透明で、一見クリアのようにも見えますが

少し茶色味がかってますね。

この液剤2種類を 規定の分量で混ぜ合わせて

ガラス繊維を貼り付けする前の下準備を行います。

 

▼こちらは貼り付けをする、ガラスの繊維

ガラス素材なので、素手✋で触るとチクチクしていて危険ですよ〜⚠️🚨

 

準備が整ったら、いよいよ作業です❗️

月曜日のブログではその過程をご紹介🤗

 

お楽しみに〜🍀