ドアサッシュ ガーニッシュ磨き

車をお仕事に使われている方ですが、

とっても大事にされていて

とっても綺麗な車です。

ドアサッシュをきれいにしようと擦ったら、

跡がついてしまった!と相談に来てくれました。

 

 

全部で3箇所。

ご満足いただけるかどうか?磨いてみましょうか。結構きれいになると思います。

と、少しの時間コーヒーを召し上がっていただき。。。

 

 

磨く場所周りは保護して、早速磨き作業開始。

磨き用のスポンジの種類と磨き剤の種類を変えてまた磨き。

 

ドアサッシュ磨き

 

そしてまた、スポンジと磨き剤を変えて…

全部で4種類のアイテムを使って、

磨き終わったのが、こちら!

👇

 

傷がすっかり見えなくなりました😆✨

細か〜いコンパウンドと柔らかいウエスをプレゼントして🎁 ご満足頂けたかな?

 

ビフォー・アフターです

👇

 

ハイエースフロントパネル板金

ハイエースのフロント事故。

結構大きな損傷だったため、車両保険の限度額を上回る、修理費用が掛かる状態でした。

仕事で使っている車両のため、一刻も早く直したい!

貨物車のため、年に一度の車検が必要で、更新時期も間近でした。

保険で降りる額と、修理費用の差額、そして車検費用。

いつもより大きな出費となりますが買い替えるよりはるかに安く早いということもあり…。

ハイエースのフロントパネルは、ボンネットのようにビスで交換できる物ではありません。

交換が必要な箇所と、修理できる場所。出来るだけ安価で収まるようにフロントパネルは板金で直すことにしました。

ゴンっとチョップされた様に凹んだパネル。

ここを板金するためには、室内側をバラバラにする必要があります。

👇助手席に座った目線です

この配線もよけることになりますが、凹んだ箇所はこの状態でもグイッと押し出される様に変形しているのが分かります。

もう少しバラしてみると。

ここを表と裏、両側から板金です!

きれいに凹みを直して塗装もして、

これで大丈夫‼️

元よりきれいになった✨とお客様も喜んでくださいました(笑)

引退するのは俺が先か車が先か?なんて笑いながら仰る元気いっぱいの人生の先輩が沢山いらっしゃいますが、

どちらも、まだまだ‼️

元気に走り続けて欲しいです😊

バンパー破損 緊急の応急処置

今週は雪がたくさん降って、積雪でハンドルが取られたり、除雪のあとのツルツル、ワダチ、溶けて凍ってなど走りにくい日が続きました。

そんな悪路の中。

お客様の悲劇が!


直進走行中、右前方で同じ方向へ進んでいた車両がスリップ‼️

危ないっ‼️‼️

ハンドルを左に切り、ギリギリ回避できました…その時!

「あっ…‼️‼️ 😖」

ガガッ…ガザザッ❗️

左の路肩にあった雪山に接触してしまいました😱

降りて車を確認すると、

バンパーが😭あ〜ぁ


いつもご利用頂いているお客様です。ちょうど、仕事でテクニカルオートの近くを通っている時だったので、そのまますぐに来店されました。

あらららら。

バンパーが、破けちゃってる💧

左角がボッコリ凹んでフォグランプ周りの部品も外れてバンパーが裂け、バンパーの取り付け部も外れかけて浮いていました。

まだ新しい車なのに😭

軽自動車のバンパーは、自動車の外装部品として高額ではないため、中古の部品を探しても、綺麗な物だと新品とさほど変わらない金額になることもあります。

とはいえ、何万円も直ぐに用意するにも、予期せぬ出費😫

スピンして進路を妨げた車はそのまま走り去ってしまうし、自己負担で直すほかありません。

悔しい!!!!

でも、まずは

とりあえずの応急処置を😅

ちょっと見栄えを良くしましょうか!それから考えましょう。


バンパー応急修理


バンパーを専用の機械で温め、柔らかくしてからボコっと凹んだ箇所をグイ〜ッと押し出します。

そして、バンパーやフォグランプまわりの外れた箇所は付け直して固定。

この状態から

👇こうなりました

少しお待ちいただいている時間の中で、大分、良くなりました!

フェンダーの端も、色割れしていなかったので錆の心配もありません。

破れている所は直りませんが、あとは直すタイミング。

ほんっとに悔しいけど!

走行中、自分の運転は大丈夫でも、他の人から巻き込まれることもあります。

私も、道が混んでいるとついつい車間が詰まってしまいますが、

いつも以上に車間距離をあける気持ちの余裕が必要かも!

皆さんも充分に気をつけて、お出かけくださいね。

納車前の洗車 最終点検で発見

板金修理でお預かりした車両。

納車前には手洗い洗車をして、修理箇所の点検と電気まわりの点検を行い、お返ししています。

ボンネットを開け、ウォッシャー液を補充した時、

あれ?…このクルマ…

クーラント(エンジン冷却水)が足りていません!

ラジエーター内は足りていますが、サブタンクが空の状態😱

このまま気づかず走ると、もしかしとらオーバーヒートに繋がるかもしれない💦

キャップを開けたら、普通はクーラントがビッチリあるはずですが、

なんと、1.5Lもの量が足りていませんでした。

少し多めに入れておきましたが、このピンクの液体がクーラントです。

車に使用する液体で一番派手な色です!

車により使用している色は違いますが、

どピンク、まミドリ、

ブルーハワイシロップのような濃いブルー。

この3種類のうちのどれかです。

ちゃんと入っているかどうか、ガソリン給油の時でも良いので、たまに見てあげてくださいね。

事故引取と代車準備の神対応

保険会社からの繋がりで

初めてご連絡を取ったお客様。

 

用事があってお出かけの途中で事故に遭い、

壊れた自分の車では移動が不安…😣💦

何とか、今すぐに、家に来てほしい!!と相談を受けました。

損害に遭われたお客様の車は、軽自動車です。

が、その時、お客様ご希望の小さめ代車がすぐにご用意できる状況ではありませんでした。

どうしよう、大きい車しか無い💦

お急ぎの様子を察し、お客様には先ずは一時的に大きめの代車をご用意して

この後の予定に間に合うようにすぐに向かう旨のご連絡をしました。

搬送車を用意して、さぁ出発………🚗💨

 

あ!! ちょっと待って!!🖐‼️

軽自動車、用意できるわ‼️🙆

 

実は電話でご案内の後も、

出発ギリギリまで現在の予約状況を確認しながら

40台ある代車のやりくりをパズルのように考えていました。

難問パズル、突破!!という気分です。

 

お客様に安心して頂こうと、軽自動車が用意できることをすぐに連絡すると同時に、

搬送車で引き取りへと向かいました。

 

お客様の「走行はできるけど、このままじゃ不安」という言葉。

 

後ろのドアが、変形しすぎて閉まりません。

 

 

不安というよりも、きっと、おっかなかったんだろうなぁ…と思います。

 

 

急いで軽自動車の代車をお持ちして、お待ちいただいている奥様にお会いすると…

なんと! 嬉しいいただきもの!(^o^)

手作りの、飯寿司とロールケーキを、

持って帰りやすいように包んで用意して下さっていました。

それも、素敵なメッセージ付き✨

とっても良くしてもらって本当に嬉しかった!と言って

その気持ちが、とっても沢山こもった 嬉しい嬉しいいただきものです。

感動です(;_;)✴️

少しでもお役に立てたようで、良かったなぁと心から感じました。

 

事故当初は大変でしたが、

納車の時にはまた、喜んで頂けますように😀

後々も安心して乗れるよう、そして1日も早くお返しできるよう、

お届けの時のお客様の笑顔を想像しながら😊みんなで協力して進めますね!

 

ありがとうございます

バンパースポイラー溶接修理

昨日紹介した、ストリームの

リヤバンパースポイラー。

【無限】というブランドメーカーのスポイラーです。

新商品に変わっていくため、当時の同じデザインのスポイラーは、現在生産が終了しています。

〝割れたところを、左右両側直したい〟

外してみると、割れた箇所が左右の2箇所ではなく、

なんと全部で6箇所⁉️👀‼️

修理をするために、付いていた接着剤を取り、周りを研いで溶接の準備。

👇ここは結構すごい

👇ここも大きい

👇色んな所が結構割れてます

割れている部分を溶接するために、少し研いでしまいます。

溶接するためには、ザラザラした表面が良いのです。

一般的にスポイラーの素材に多く使われているのはPPという素材です。

が、この無限のスポイラーは

PPEという素材!

PPをくっつけても、材質が違うので溶着できません。

平らな棒状になった溶接の材料。

同じ素材と適切な幅のものを選びます。

素材により、溶け方や着き方が全然違います。

窒素を当てながら適切な熱をかけて溶着。窒素を当てることにより酸化を防ぎ炭化しなくなるので溶接できるのです。

溶かしながら流し入れた素材を更に、コテのようなもので伸ばして圧着!

この時も、窒素を掛けながら。

裏から、表からと、

両面しっかり繋ぎ止めてからしっかり冷やします。

各箇所、しっかり繋がりました‼️

かなり激しく煽っても、全然割れてきません!これで安心です。

繋いだ箇所全部を、研いで段差をなくし

塗装の下地処理完了。

このようにきれいに

仕上がりました。

👇

黒い部分も傷が入っていたので、ついでに直してあげよう♪

傷を直してから2色の塗装をします。

先に黒を塗装して、黒を隠し

次にシルバーを塗装

完璧です👍👍👍‼️

お客様にお引き渡しの日、

錆も、スポイラーの割れや傷も

すっかりきれいになり

『感動しました!』と言って喜んでいただくことができました😊

天国の奥様も、ニッコリ喜んでくれているかしら?

大切なお車を、私たちにお任せくださいまして、ありがとうございます😊

車のドア 中古で交換の注意点

保険を使用せず、自費で修理をする場合、交換部品にリサイクルパーツを使用することがあります。

料金を抑えるために、現車と同じ色のパーツを探し、塗装はせずに部品の交換だけ!

ただし、同じ色とは言っても、

車体ごとに微妙〜に色の違いがあるため、ピッタリしっくりの時と、大丈夫かなぁーー?と思う時があり、取り付けてみるまで、

その違いは確認できません。

それは、新品のパーツと現車の色との違いも同じですが…。

▼テクニカルオート施工ではありませんが、赤のソリッドは大変です。

👆これは極端ですが、

色味については、微妙な色の違いが気になるかならないかは個人差があるため、本人が見てどう感じるか?に左右されます。

また、同じ年式・型式の車の物でも、グレードの違いで間違い探しのような微妙な違いが出てきます。

👇次の2枚の写真は、中古のドアをそのまま付けた時と、元通りになるよう細工をした時

交換したのはフロントドアです。

さて、どこが違うでしょう〜?

上の写真は中古のドアを、キャッチだけ取り替えてそのまま付けた写真。

下の写真は、現車の通り直した写真です。

正解は、

▼ミラーの違いと

▼サッシュテープの有無

このサッシュテープを外すには、

▼ここ!!!

ドアバイザーを外さないとなりません。

ドアバイザーを取り外し、バイザーを再使用するためには、接着してある頑丈〜な両面テープを、結構〰️な時間をかけて頑張ってキレイに取らなくてはならず、なかなか大変なんです💦

塗装をせず安価で抑えるために同色の中古部品を取り寄せますが、グレードの違いによりこういった細かい違いを直したり、

ドアの内装側の色が違ったりすると組み替えたり…

もちろん、ドアの鍵も元のものを使うために移植したり。

一見簡単そうに見えますが、意外と、ポンポン!と単純な訳ではありません😅

出来上がりのイメージが違わないよう、安すぎる修理の場合は、こういったちょっとの違いについても念のため確認が必要ですよ!

2コートレッドパールの塗装

赤の2コートパールの塗装は、

染まりが悪く難しい塗装です。

まず、上色を染まりやすくするために、白っぽい色を下色として、2回、重ねて塗ります。

この時、ぼかしを入れるために隣接するパネルにもぼかしの範囲で下色を塗ります。

パネルの裏にも同様に。

次は、上色です。

調色する時にも、実際に下色→上色と塗ります。

そして上色を塗る回数を決めて調色を行います。

上色の塗り回数が多いと、色が濃く出てしまいます。

今回のこの2コートレッドパールは、下色2回・上色4回・最後にクリヤーを3回と、合計9回塗りました。

色としては2コートパールですが、

実際には、下色も合わせて3コートです。

車の屋根に傷 ルーフ修理塗装

車の屋根を、駐車場で大きく擦ってしまった状態で、

昨年末に修理の相談にいらしたお客様。

  ⇒過去ブログ 車の高さと駐車場の高さ

今回は、車両保険を使用することができないため

できるだけ安価に修理をしたいご要望。

本来でしたら、ルーフ交換という状態。

大きな範囲に、多数の傷・大きなゆがみを修理することになりました。

 

直さなくてはならない凹み部分に全て印をつけ、

 

凹みを直してから、傷を隠します。

 

 

表面をきれいに平らにするために、パテは使用しますが

ここはできる限り薄~くつけたいところ!

長くきれいな状態で乗れるように、

板金やさんと塗装屋さん、頑張りました!

 

▲サーフェーサーを吹いて塗装の直前状態。

 

塗装しない箇所は、マスキングをして覆い、

余計なところにミストが掛からない状態にしてあります。

今回は、ルーフモールの外側の部分にも傷が入っていたので

フロントピラーまで塗装をして仕上げます。

 

▼塗りあがりました

 

出来栄えはどうなるかな?屋根だからあまり見えないし目立たないかな?

そう心配されていましたお客様。

 

納車の時の、車の仕上がりを見て

『とってもきれいです!』と喜んで頂くことができました😊

ご満足いただけて良かったです!

新品パーツのシール入れ

車の修理をするとき、

新品のパーツを使用する時に部品の裏側にシールを入れます。

鉄板の合わせ目をシーリング剤で塞ぐことにより、防水・防錆ができるからです。

▼部品を縁取るようについている白いラインがシーリング剤

新車の時は、製造ラインで機械が自動的に次々と付けていきますが、修理の時は人の手です。

写真に写っているのはどこの部品か分かりますか?

これは、ボンネットをひっくり返した裏側なんですよ😊

表側はもちろん!きれいに仕上げますが、裏側もきれいに✨

いかにきれいに仕上げ、いかにきれいを長持ちさせるか。

隠れてしまう部分も丁寧にプロフェッショナルに仕上げるのが職人魂💪✨

実際にシールを入れている様子を動画に収めました。


アルファードボンネットフードのシーリング

20秒くらいの動画なので、

一発で決めるスゴ技を

ご覧ください😁