レクサスLX デントリペア

レクサスの傷磨きでお帰りになったお客様。

運転席の後ろのドアだったため、

運転席に乗り降りするたびに

その凹みを見ては気になり…

角度的にも一番よくわかる場所👀🗯

 

先日傷でご来社頂いた時の傷がこちら

傷を磨いた後凹みが少し気になりますね

 

凹みを直すには板金塗装の方法もあるのですが綺麗に直すには修理代が高額になってしまいますし新車の塗膜では無くなってしまう、そこでデントです!

内張を外しデントできるスペースを確保します!

光で凹みを確認しながらデントすると

👇ほら!裏から凹みを押し出しているのがわかりますか?

 

 

もうどこが凹みかわかりません!

最初は、ここにありました!

これでお客様もスッキリ大満足❤️

気持ち的な凹みも無くなったかな?😊

デント 押すのがダメなら引く⁉️

『これ、直るかなぁ?』と両手で抱えて持ってきたものは、バイクの燃料タンク❗️

 

ひとつ、ぽこっと大きめの凹みが出来ています。

バイクや自動車の燃料タンクは分解できないので、

どうやって直せるか❓ が問題です。

燃料タンクは僅かにでも中に燃料が残っていると引火の危険があるため、溶接は不可!

裏側から叩き出すために分解をする ということが出来ないのです。

 

それを承知の上!!での相談で良い方法は無いかと直談判にいらしたそうです 笑笑

 

お話を伺うと、来店のきっかけは、

知り合いの知り合いからの 口コミ紹介😊

燃料タンクを新しく買おうにも、もう販売していないモデル…😩

“テクニカルオートに相談してごらん”

と教えてもらったものの、

もしかしたら電話だと断られるかもしれないと思い、突撃アタックで足を運んで下さったようです😲❕

 

今回、お持ちいただいた燃料タンクの凹みは拳サイズ…💦  OH…

普通に考えると、板金と塗装が必要な状態。

しかし、お客様は、できれば塗装は行いたくないとのご要望。

 

板金をすると塗膜は剥がれてしまうので、必ず塗装は伴います。

 

じゃぁ、どうする⁉️

 

困っているお客様を見ると

何とかしてあげたくなるのがテクニカルオート✌️

 

どこまで綺麗に戻せるかはわからないけど、『デント』でやってみるか‼️

 

【デント】というと通常、一般的に多く行うのは、裏側から表側に凹みをなぞる様に押し出していくのが、デントリペアの方法です。

が、バイクの燃料タンクは工具を差し込む場所が給油口のみ。角度的に届きません。

そこで考えたのが 引き出しのデントリペア✌️

凹みを引っ張ってみる事にしました😁

 

『どれ〜!』と職人さんが集まり始め、

板金スタッフ・塗装スタッフ総出で

今回の修理に取り掛かります🔧

 

 

直すのはこの位置。

引き出す微妙な位置も見極めが必要です。

 

専用の接着剤を温めて、

工具をくっつけて、

冷やし固めます。

 

そして、引き出します!

 

引き出す都度、凹みの大きさに合わせて

いろいろな種類の接着アタッチメントを使い分けながら、少しずつ出し戻します。

これを、何度も繰り返し…

 

お待ちいただく事、約40分✴️

 

完全とまでには至らなくても、

目立たなくなるくらいまでは

凹みを引き出すことはできました👏

 

お客様に仕上がりをご確認頂き

もの凄く喜んでお帰りになりました☺️

 

来て良かったと感じて頂ける事が

私達の喜びです😄

 

突撃アタック大成功⁉️笑笑

ちょっと楽しくもあり、

嬉しくもある、やりがいのあるご依頼でした😊

ありがとうございました‼️

ドアの凹み デントの裏技!?

先日、ジャガーに乗ったダンディなお客様が

ドアの小さな凹みの相談に来て下さいました。

 

一度、近郊のデントリペア専門店にお願いした時に、フェンダーは綺麗にしてもらったけど ドアはギブアップ!と言われたそうです。

デントの道具が凹み部分に当たらないと、どうにもこうにもなりません。

聞くと、そのデントリペア専門店の担当してくれた方は、デントリペアの競技大会で全国8位になった成績の持ち主とか‼️

その人、すごいなぁ〜✨

 

テクニカルオートのスタッフもね、

デントの技術を持ってはいますが、

ココというときには救世主が居るんです。

諦める前にもう一度‼️

 

日程を改めて、挑戦です😁

凹みはここ!ポツッと、わかるかな?

ドアの内張りを外して、いつものように凹みの裏側を攻めてみましたが、プラン変更🤔

取り出したアイテムは

なんだこれっ😳ちっこいの

 

凹みのピンポイントに、専用の接着液を付けてこのアイテムを吸着!

引き出し板金ならぬ、引き出しデント!

 

着けては引き出し、2度、3度…。

少し勢いをつけてスポッ

糸をつけてクイクイクイッ

 

 

簡単そうに見えますが、鉄板の戻り具合を見ながら、微妙な加減をしながらの高い技術が必要です。

 

そして、ほとんど目立たなくなりました✨

施行中の集中モードの時はみんな真剣な表情ですが、

作業が終わった瞬間は、

テクニカルオートのスタッフも

すごーい🙌 おぉぉぉ👏 わーい✨✨ と

賑やかでした。

 

『やっぱりどうしても気になってさ…』と言っていたお客様も、とても喜んでいただき、笑顔でお帰りになりました😆❤️

 

デントリペアでご満足頂けたので、

車のボディにも、お財布にも、優しく完了😊

良かった〜!

いつも、ブログを楽しみに見てくれて

ありがとうございます😊😊😊

アルファード左Fドアデントリペア

三本線の蛍光灯の右側に2つの凹みがあります

 

ドアの上から隙間に道具を入れて凹みを押し上げます。

 

 

完璧に凹みがなくなっています。

 

 

凹みの大きさ、深さ、凹みの位置により

このようにデントリペアで短時間低料金の修復が可能となります!

デントリペアで修理ができるかどうかは、見てからの判断になりますが、薄い凹みを見つけた時はご相談くださいね。

微妙な凹み デントリペア

皆様 この凹みが分かるでしょうか?

矢印の左側シャッターの縦の線が丸く膨らんでるのが分かるでしょうか?3センチぐらいの丸い凹みです

 

この凹みをデントリペアするとこうだーー!

まだちょっと歪んでいるかな?

まだまだ修行中です♪

ドア凹み デントリペアに挑戦

ドアについた一点の凹み。

うっすら小さな点の凹みは、

『えくぼ』と呼ばれています。

笑った時、顔にできる『えくぼ』は可愛らしく、チャーミングな印象ですが、ドアのえくぼは…ちょっと💧可愛くない😩

この一点の凹みを直すために、ドア一枚を大掛かりに修理するのは、『何とかならないのかなぁ⁉️』と思ってしまいますね。

そこで!

今日は塗装なしで直す方法。

ご紹介します。

この度、遠路はるばる 流氷の様子がニュースになっている、オホーツク地方から5時間かけてお越しいただきましたお客様。

北海道は広いので、オホーツクから札幌までの距離は、おおよそですが、東京から愛知県まで行ってしまえるくらいの距離です。

見せてもらった凹みは、

👇こちら

えくぼと呼ぶには少し大きい💦

凹みも深めです。

そして、ここの部分は微妙~に、ドアの内側に骨格が入ってる部分に少し掛かっています。

どのように直すのか?

ドアの一部を外し、隙間から工具を入れて、ドアの内側から凹みを押し出す方法。

デントリペアです。

光を当てながら、傷の箇所を確認し、ゆっくりゆっくり、少しずつ丁寧に戻します。

凹みが上手く出しにくい時は、少し温めながら。

途中経過です。

ほぼ、分からないくらいになりました。

作業自体が職人の目からは、

いや~…どうかなぁ?とイマイチな反応ですが、

ドア一枚を塗るような大掛かりな修理をせずに、この仕上がりは、

お客様も大喜びです😄