JLラングラーWARN VR 10S EVO取り付け

ラゲットリッジべネータフロントバンパーににウォーン10S EVOを取り付けします!

べネータのバンパーは、ボルトオンでウインチを取り付けできます!

 

開封〜✨

 

ラングラーのグリルを外して、ウインチの取り付け方法を確認中!

真剣な表情です😆  …英語なので🤣

バンパー上部のこの穴とウインチを

ボルトで通します🔩

 

ボルトを通したいのですが、

バンパーの穴とウインチのナットの位置が合わなくて苦戦😭

ようやく着けることができました。

次は配線。

ウインチの配線をコンデンサー横からバッテリーまで通します!

配線を上まで通したらグリルを車体に戻すのですが、今取り回した配線が邪魔をしてグリルが上手く付きません😱

狭っ!

なんとかグリルを付ける事ができたので

配線をバッテリーに繋いで、完成!

 

段々と形になってきましたね!

 

実際にウインチを使ってみたいですね😁😁

…ん? 使わない方が平和なのか?

 

このウインチで4.5トンまで引けるので、その辺で誰かが困っている時は助けてあげられますね💪

 

ウインチを動かすリモコン

動作確認もOKです🙆‍♂️✨

 

さあ!残りのバンパーの作業に移りましょう😄😄

 

 

明日につづく👉

JLラングラーラゲッドリッジ ベネーター フロントバンパー 取り付け①

ラングラーのフロントバンパーを

Rugged Ridge(ラゲッドリッジ)の

VENATOR(べネーター)に!

 

 


 

ラングラーから、純正のフロントバンパーを外していきます。

 

先ずはバンパー上と、

サイド裏のカバーを外します!

 

バンパー取付のメインのボルトを外します。

 

7、13、16、18など、日本の車ではあまり使わないサイズの工具を使用しています🔧

 

 

これで、純正バンパーを外した状態になりました。

 

前もってラプターライナーを塗っていた

ラゲッドリッジのバンパー部品を全て並べて広げ、

取り付けの順番や、どこに何を使うか等を確認!

大きさ長さの違うパーツを種類別に分けて、 、 、………で?

 

説明書があるので手順は確認できるのですが、取説自体が英文🇺🇸

大体のことはイラストで何となくイメージします😅

 

このバンパーは分割なので、ドンと一発では着きません。

先に下側からセットしていきます。

 

そして、正面と下側を合体。

 

とにかくバラバラなので、色んなパーツを合体させながらです。

パーツとイラストを見比べ、向きも確認して、『よし!こうだ!』なんて言いながら😁

ヒョイと持っているように見えますが結構重たいです。

 

フォグランプは純正を移植できます!

 

フックを取り付け🪝

 

続けてフォグのブラケット取り付け。

 

 

形がだんだんできてきました。

 

ここまで組み上がったら、

次はウインチを付けていきますよ〜!

 

 

と、今日はここまで!

明日につづく😊

オデッセイ フロントバンパー部分塗装

「バンパーの傷を見て頂けますか?」

オデッセイのお客様からのご相談でした。

何か引っ掛けてついたような傷が一箇所。

 

そして正面から見た時に、もう一箇所うっすらとした傷を発見🔍❗️

 

新しいお車という事もあり

バンパーを一本塗る方法にするか、部分的にお直しするか一緒に悩みました🤔💭

 

*部分的に塗装をすると、黒い色は特に 後々

塗装のぼかし目(さかい目)が目立つようになってしまう事。

 

*一本塗る方法では、バンパーの脱着が必要となり

センサー付きのお車は 同時にセンサーの校正も必須となる事。

 

色々と打ち合わせを行った上で「部分塗装」の方法で修理することにしました✨

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

下地の工程はいつものように、傷を研いで・パテ付け・サフェーサー の流れで♬

 

▼正面についていたうっすら傷は、磨きで取れました✨

 

そして、塗装をして仕上がったお車がこちら💁‍♀️

 

全体にされているお車だったので

傷がなくなりピカピカ〜🚙✨⤴️

 

ご満足頂ける仕上がりとなりました👍

ピクシススペース サイド修理

 

初めてのお客様👧お車はピクシススペース💡

サイドスポイラーをぶつけてしまったそう😢

▲赤丸の部分💡

▲拡大すると・・・

スポイラーだけではなくボディ側までダメージが💦

サイドシルの塗装が割れ来ています⚡️

 

修理は自費で💸💦

スポイラーは割れが大きく、樹脂溶接修理をするよりも

新品が色付きであった為、交換の方がご負担が少なく済みそうだったので

交換で進め、サイドシルは修理をすることとなりました💁‍♀️

 


▼まずはスポイラーを外して状態を見てみましょう👀

スポイラーを外した内側のサイドシルは塗装割れだけではなく

凹みもありました💦

板金屋さんで凹み部分を引っ張り出し元の形に戻します🙌

サイドシルは他のパネルに比べて鉄が硬いので引っ張るのは技術がいります🔨

▲板金後🔍拡大🤓

綺麗に戻りましたね💪

板金作業が終わったら

剥き出しの鉄板の部分は錆びて来ないよう防錆処理をして

今回はUVパテを使用して作業します🌈

防錆剤のプライマーの余分な部分と研磨したら

UVパテを乗せたら硬化させて

表面を研磨しながら整えます✋🌀

表面が綺麗に直ったらUVサーフェーサーを塗布して硬化☀️

これで防錆の効果と塗料の密着がよくなります😊

塗装前の下地処理が完成

 

あとはブースへ入れてボディーの色に合わせ調色した塗料を塗ってあげて・・

新品で届いたスポイラーを取り付けすると・・😉

 

🍀完成です😻🍀

とっても綺麗に仕上がりました✨

縁石などの段差でぶつけてしまいがちなサイドの部分💡

 

万が一ぶつけてしまった時は錆びてしまう前に修理してあげると

ご負担を少しでも少なく処置できますので早めの修理をおすすめします❗️

 

 

アウディ TT サイドスポイラー塗装

今年の2月☃️

アウディ TT 🚙にお乗りのお客様からご相談を頂きました。

 

🙍‍♂️「サイドスポイラーの塗装が剥がれてしまったんです」

 

 

あら…本当だ😣‼️

恐らく過去に修復歴があるお車なのでしょう。

塗装の際にきちんとした下地処理がなされなかったのか

塗料の密着性が弱く、塗膜が剥がれている状況です。

 

こちらは反対側(助手席側)

「こっちは擦ってしまったんです!」と仰っていましたが

その黒い擦り傷の上側を見てみると

運転席側と同様に塗装剥がれを起こしている状態なのがわかります。

 

このまま放っておくとどこまでもペリペリ剥がれてしまうので

左右共、一本塗装させて頂くお話となりました🌟

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

🔶スポイラー取り外し🔶

塗装する為に、まず車体からスポイラー本体を取り外しが必要ですが

取り外しの時に ほぼ全てのクリップが破損してしまうので

それを覚悟で進めて行かなくてはなりません。

 

輸入車は、部品が高価な事もあって

クリップ類だけでも費用は大きいんですよ〜😥

 

その事も事前にお伝えした上で、いざ取り外し👨‍🔧

すると…⁉️

 

なんて事でしょう👀‼️‼️

過去に応急処置をしたであろう跡を発見🔍💥

 

過去に補修をされた際に取り付けのクリップ類は使用せず

ベターッと強力なボンドで固定をして終わらせたのでしょう。。

 

この黒いボンドが、クリップがはまる部分にベタッとついてしまっているので

新しいクリップを用意しても、はめ込みする事が出来ません❌

正規の方法できちんと取り付けを行う為には、このボンドを丁寧に取り除く必要があります。

 

左側は綺麗に取り除けたのでOK 🙆‍♀️

 

右側はというと…クリップが収まる所が全て壊れている状態でした😱⤵️

なるほど🤔💡 それでボンドと両面テープで固定していたわけですね❗️

 

さらに、中にも修復したような形跡もあったのですが

その様子からは修正して形を元に戻したというよりは

パテを付けて形成されている感じでした。

 

スポイラーとクォーターとの段差が出来てしまわないように

パテ付け形成されているので、これ以上 手を加えてしまうと各部修正をしなくてはなりません。

お客様のご負担が大きくならない為にもこの部分については

再度、強力なボンドで固定した方がいいと判断しました。

使用しないクリップ穴に水が入り込んでしまわないような加工もしっかりと施します✌️

 

🔶塗装🔶

剥がれてしまった物は 一度全部剥がした上で

丁寧に下地処理を施し、いつもの工程で塗装をして仕上げます✨

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

そして綺麗になったスポイラーを

それぞれ元に戻したら 完成〜✨😆

これでもう塗装が剥がれてしまう心配はありません✋😃

お客様も安心したご様子でお帰りになりました♬

レガシィ 傷・凹みの修理

レガシィのお客様から頂いた修理のご依頼です。

右リヤドアからバンパーまで、ザザーッとした傷が💥

 

自費で安価に修理をしたい!といったご相談だったので

出来るだけ安価に出来る方法をご提案させて頂きました😃

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 

まずはクォーターの修理からです。

板金作業にかかる前の準備として、各パーツの取り外しや一部脱着を行います。

黄色矢印部分のパーツも、塗装で綺麗にする予定でしたが…

いざ外してみると、一部欠損している上に 過去に補修したような跡がありました。

再取り付けが出来ないと判断し、ここは交換することに。

 

板金作業で変形したフェンダーの歪みとラインを微調整しながら引っ張ったり

叩いたりして修正していきます🔨

そして、プライマーを塗って防錆&塗装の密着が良くなるよう

仕上げをして塗装作業へと進んでいきます。

 

黄色いパテを塗って硬化させたら研磨して形を整えます✊

 

サフェーサーで下地作りの最終工程‼️

 

そして塗装✨

ブースから出てきたお車はこのような感じに👍

 

例のパーツは色付きだったので、新しい物を取り付けするだけです✌️😊

 

バンパーにちょこっとあった傷は、磨き作業で

ほぼわからないくらい位に綺麗になりました✨

 

完成したお車はこちら💁‍♀️

 

費用面・修理内容ともにご満足頂けた納車となりました♬

ありがとうございます🙇‍♀️

ワーゲン ヴァナゴン キャンピングカー修理👨‍🔧

 

4月頃テクニカルオートに1本のお電話が📞💡

 

車はフォルクスワーゲン ヴァナゴン🚙

キャンピング仕様にしてるお車の板金修理のご相談でした💁‍♀️

まずは状態を確認させて頂いて・・・とお話しすると

すぐに行ける距離じゃないんです💡・・と👀

 

どちらにお住まいか聞くと、伊達市❗️

テクニカルオートから高速を使っても2時間ほどかかる場所です❗️

そんな遠方からテクニカルオートにわざわざご相談して頂けるなんて本当にありがたいお話です🙇‍♂️✨

 

最初は画像を送って頂き概算のお見積もりから✏️

そして後日ご来社頂き、実際にお車の状態を確認させて頂きました💡

 

▲お車の状態はこんな感じ

側面のパネルを擦ってしまい、鉄板が歪んで傷が入っていました💦

▲赤い矢印で示した部分を見ていただくと歪みが

お分かりいただけると思います💡

 


 

工場の作業の予定組みをして、数週間後改めてお預かりさせて頂きました。

何度もご来社頂きありがとうございます😭

 

まずはベルトサンダーで塗装表面を削りアースを繋いだら

スタッドプーラーで凹んでいる部分歪んでいる部分を少しづつ修正していきます💡

引っ張っては手で状態を確認し何度も繰り返しながら作業です😊

動画を見るとわかるようにこのお車の鉄板はすごく柔らかい鉄板でした💦

▲こちらが板金作業後

 

次に塗装へと移るため形成作業と下地作り🙌

板金したパネルには防錆処理のためプライマーを塗布した後

板金パテで凸凹したパネルの形を整えます🙆‍♂️

この時も手の感覚で鉄板の状態を確認🙌🔍

次に仕上げのパテをのせ、硬化させたら同様に表面を整えるため

手の感覚でペーパーを使って研磨していきます💡

まさに職人にしかできない、長年やってきた職人じゃないとわからないこの感覚❗️✨

最後にサーフェーサーを吹きかけたら細かいところまで

チェックをして下地作りは完成🙌❗️

続いては塗装をかけない部分の紙貼り作業💡

メガネをかけて目を凝らして見ているのはなぜかというと・・

今回、部品の供給の問題でガラスの脱着ができないためマスキングにて

塗装をするのですが、仕上がりと後々の塗装剥がれのリスクを軽減するため

できる限りギリギリまで色を塗れるよう、キワのキワまで丁寧に養生しているのです🤓

 


 

この後、調色したお色を車体に吹きかけ塗装をしたら・・・

 

🎉🙌出来上がり〜‼️🙆‍♀️

 

▼パネルの歪みが直ったのがわかりやすいお写真💡

車に反射して写っている工場の床の溝が歪みなく

まっすぐ反射しているのがわかりますか

 


 

修理が完了して早速お客様へご連絡📞

お仕事の都合をつけて、遠方にも関わらず、すぐに駆けつけてくださり

無事にお車をお返しすることができました😊

 

修理の様子をご説明し、お車を見た時、『さすがですね✨』

と、職人にとって1番うれしいお言葉を頂きました🙇‍♀️✨

 

本当に今回はわざわざテクニカルオートを選んでご依頼いただけた事

とても嬉しく、ありがたい気持ちでいっぱいです☺️

また札幌へ来ることがあったらぜひお立ち寄りくださいね🍀

イメチェンのお手伝い 〜塗り分け塗装 〜

割れてしまったスポイラーの修理の相談で

初めてご来社頂いたプリウスのお客様。

 

冬場の酷い雪道の影響で、スポイラーの一部が欠けてしまったようです…😱

せっかくのご相談ですが、残念ながら欠損している状態では修復が出来ません❌

 

「直らないなら、違うスポイラーにしようとも考えているんです!」

と言ったお話もあり、イメチェンのお手伝いをさせて頂くことになりました😆👍

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

部品をご準備頂いてお車をお預かり🚙

▼スポイラーの塗り分けイメージ画像もご用意下さいました✨

 

塗り分けは、ボディ色と艶あり黒をご希望とのこと。

細かいところの拘りも、きちんと再現出来るよう入念に打ち合わせをさせて頂きました!

 

こちらがお持ち込み頂いたスポイラー。

 

色を乗せるためには、素材を全て研ぐ必要があります。

塗装の密着を良くするための大切な作業。
ひとつひとつの手順をきちんと丁寧に行う事が

綺麗な仕上がりへと繋がります☝️

 

下地処理の工程を踏み、まずは下色となる「黒」の塗装から。

 

続いて、白を塗る部分以外はマスキングで覆う作業。

この作業が本当に細かいんです‼️

どこで色分けをするか位置を決める大事な作業なので

集中力も必要になります💪

 

マスキングの作業だけで1時間以上掛かりました💥👀

 

▼このような感じでマスキングが終了

 

そして塗装をすると…

綺麗な2色に✨

 

この後は車体に取り付けします🔧

▲最後にこの部分にメッキの飾りを装着

 

これで、完成です🤗🎉

 

🔶 Before 🔶

 

🔶 After 🔶

 

スポイラー交換でここまで印象が変わるんですね😍💡

カッコイイ仕上がりとなりました!!

 

納車を心待ちにして頂いてたお客様🤗

イメージ通りの仕上がりになったと大変ご満足頂けました♬

せっかくなのでお車と一緒に記念写真も📷✨

 

またカスタムのご相談頂けるのを楽しみにしております⤴️

ありがとうございました🙇‍♀️

レクサス バンパー&クォーター修理

 

インターネットでテクニカルオートを見つけてご相談に来てくださった

レクサスにお乗りのお客様👱‍♂️

 

フロントバンパーに小さな傷と、少し広い範囲でクリア剥がれができていました💡

もう1箇所、左のクォーターには

チョップをしたような大きな凹みが💦

いずれも綺麗にしたいとのご要望で修理させていただくこととなりました🙇‍♀️

 

まずはクォータの凹みをハンダとスタッドプーラーを使用して

形を元通りに直します🙌(作業のお写真がなくてごめんなさい😣)

 

▼UP🔍

板金作業が終わったらむき出しになった鉄板には防錆処理をして

調色作業へと進みます🏃‍♀️

 

▲こちらのレクサス珍しいお色✨

パールの入り具合によっても

見え方が全然変わってくるので

さまざまな角度から何度も何度も確認して色を合わせていきます🌈

バンパーも取り外して修理・塗装をしていきます🙌

板金パテを乗せた後、仕上げの黄色いパテを塗って硬化させたら

研磨して形を整えます👨‍🔧

 

クォーターの一部分だけ塗装をかけるのではなく

いかにも塗りました❗️という境目が出ないよう

広範囲で塗装の下地を作っていきます😊

 

その後塗膜の密着を高める塗料を塗ってあげてから

色を乗せていきます

バンパーも同様に傷を拾って研ぎ、

下地作りは同様の工程を行い

一緒に塗装をかけるためブースにIN🚙❗️✨

 


〜修理完了〜

クォーターの凹みも

バンパーの塗装剥がれも

どちらも綺麗に直りました🤗👏

ランクル リヤフェンダー錆修理 ❸

昨日の続きです。

 

溶接が終わったらプライマーを塗布し

凹みのある所にはパテを付けて形成作業にかかります❗️

 

▼プライマー後

▼パテ後

 

遠赤外線で炙って硬化したら

不要なパテは研いで落としてしまいます。

 

同時進行で、調色作業。

塗り板に色を塗りボディに当てて色チェック🔍👀

 

続いて、サフェーサーを入れて紙はりをしていきます。

 

そして、いよいよ塗装。

ブースの外から様子をパシャリ📷✨

 

 

 

この後は最後の仕上げ💪

板金作業の時に、取り外したパーツをそれぞれ元の位置に戻してあげたら 完成〜👏😆✨🎉

 

 

お車が納車になる直前まで入念に防錆を塗布させて頂きました♬

 

納車の際には、お客さまにも目でご確認頂きご満足頂けたようです!

私達も大変嬉しい納車となりました🤗