ディフェンダー腐食修理

登録は28年のまだ新しい車なのですが、

アルミが腐食しています

 

どこがというと…

▼ほら!ここです まだわかりにくい?

▼ここです。 白くなってるところ

▼この小さな部品を外すと裏側まで腐食が!

研磨して素早く防錆して塗装です

 

染まりが悪いので下色を塗り、本色です。

▼薄っすらピンクの下色

▼本色に塗装できました

取り付けして完成です

 

なぜ、この部分だけ腐食したのかは

謎です。

外側からなのか、内側からなのか、

何か小さなきっかけから腐食がどんどん広がったのだと思いますが…。

鉄板は錆が茶色くなって進みますが、

アルミの腐食は、こんな感じになるんですよ。

 

ずっと気になってた所が、

きれいになりました!

気分晴々☀️ 気持ちいいです♪

ヴェゼル リヤゲートの凹み板金できる?

バックした時にぶつかっちゃった😫

 

 

リヤゲート(車の真後ろのドア)がベコッと凹んでしまっています。

 

リヤゲートの板金はできないの? 交換が高額な理由

今回のこの凹み、ディーラーでは間違いなく『リヤゲートの交換ですね〜』と言われてしまいます。

リヤゲートってこのまーんまの形のものをぼんぼんっと交換できる訳ではないことをご存知ですか?

新品のドアパネルは、本当に、ドアの形の鉄板でできている物なんです。

そして、色が付いていない状態で運ばれてくるので、ボディ色に塗装が必要なのです。

ガラスを外してドアについている内側のカバーやワイパーやハイマウントやエンブレムや小さなもの全部をバラバラに…

塗装をする時は左右のリヤフェンダーに色を合わせるようにする必要があるのです。

だから、リヤゲートの交換はとても高額になってしまうのです😩

 

リヤゲートを板金で直そう!

保険は入っているけど今回は自費で直したい。ということで、板金で直すことにしました😁 テクニカルオートでは、直せます。

 

表側だけでなく、裏側まで歪んでしまっている結構大きな損傷。

外側から見ると縦に大きく凹み、ラインにも掛かっています。

 

裏側からみると、

印をつけたところ全部です。

 

リヤゲート 板金

板金中の太一くん。

板金が終わったところを見ると、直した範囲が分かりやすい!

こんなに!? という位、広い範囲ですね。

 

形状はだいたい直りました!

大きく凹んでいたラインも復元しています。

 

リヤゲート 塗装

これから、塗装の準備です。

出来上がりの状態を美しく仕上げるために、そして、錆を発生させないように、塗装の密着を良くするために、色々な処理をしながら進めます。

 

サーフェーサーを塗ってから、塗装します。

 

塗装の範囲は、ドアの真ん中にあるガーニッシュから下だけです。

ナンバープレートも外すので、再封印も必要。これは資格を持っているところでしか外すことはできません。

▼ボディ色に塗装が完了しました。

 

出来上がり✨

きれいに仕上がりましたよ!

 

スイフト リヤウイング取付

スズキ スイフトのリヤスポイラー。

リヤゲートの上につくやつ!😀

これをネットで購入して、塗装と取付をして欲しい✨ テクニカルオートのLINE@にお問い合わせいただきました。

スイフトスポーツの

リヤウイング

取り付けるのは、モンスタースポーツから販売されているカーボンウイングです。

上面のカーボン以外はボディ同色にしたいというご希望で、スポイラーをお預かりしました。

 

▼純正のスポイラー

 

●ウイング取り替えは、ボルトオンだけじゃ済まない

ウイングの取り付け方法は『ボルトオン』と書いてあります。 確かに元々のウイングを取り外して、同じ場所にボルトで取り付けるだけなのですが、ハイマウントも付いているので、ボルトオンと言ってもハイマウントの移設が必要です。

ハイマウントは壊れやすいので、うまく外れてくれたら良いのですが… 基本的に交換と思っていた方がいいかも!

 

リヤウイング塗装

 

カーボン部分は塗装しないので、きれいにマスキングします。

たかがマスキング、されどマスキング。

端を綺麗〜に丁寧にしてあげるのは、仕上がりの品質を大きく左右する大切な作業!

マスキングテープの操り方もプロの仕事です。

 

塗装面はきれいに研いで塗装の下準備。

 

 

社外パーツの塗装、取り付け

無事、ハイマウントも移設ができて

カッコよく取り付け完了です‼️

 

 

印象が変わりましたね!

 

料金については、材質・品質や大きさ、フィッティングにより変わりますので、お持込時に確認は必要となりますが、車をカッコ良くしたい方はご相談くださいね!

クラウン フロントバンパー修理

昨日フォグランプの取付部を溶接した、クラウンのバンパー。

実は、左角をボッコリぶつけて凹ませ

割れてしまっていたバンパーでした。

 

ディーラーで新品交換と言われてテクニカルオートに相談に来てくださったのですが、残念ながらエコパーツは全国手配で探しても良品の在庫は見つからず…。

 

修理をすることに決定しました。

ボコッと凹んだ箇所は、温めて素材を柔らかくした上押し出しておおよその形に戻します。

 

割れた箇所は硬いアルミテープで固定して、

裏側から修理。

バンパーの割れも、

▼溶接した直後は、こうなります。

 

あとは、細かく!

傷や歪みを直して、

 

塗装をして完成です!

 

新品交換での修理より、半額くらいで収まりました!

綺麗に直ったし、よかった😊

フォグライト取付がぐらぐら!

車の前側をぶつけてしまい、

フォグランプの取付部がぐらぐらの状態💦

クリップで留めるとかいう問題ではなく、

バンパーに取りつく部分が完全に壊れてしまっていました。

 

 

こういった場合は、バンパー丸ごと交換 と言われてしまいます。

・・・が!

ちゃんと固定できちゃうんですね~♪

しかも頑丈に、強力に!

 

そう!樹脂溶接です。

 

修理したい母材と同じ樹脂のスティックを用いて、

溶着しながら一体化させてしまう方法です。

樹脂溶接機の先端からは、熱と窒素が出るようになっていて、

樹脂を溶かしたときに、焦げ付いて炭化してしまわないようになっています。

 

窒素を掛けている時は煙が出ません。

窒素から離れると、コテ先に付着した樹脂が焦げて煙が出てきます。

母材に影響はありません。

 

 

接着剤ではないので、強固さ加減が全く違います!

 

ほらね! 全然大丈夫(笑)

 

エコパーツ(中古部品)が見つからず、高額になりそうなときは

修理ができますのでご相談くださいね😊

オイルパン取替 タイヤ交換時に損傷

タイヤ交換をしようとしてジャッキアップをしていたら、ガタッとジャッキがズレてしまって… 車体が地面に当たりオイルパンを損傷💦

エンジンオイルが沢山漏れてしまったため、レッカーで運ばれてきました。

足廻りの損傷もなく、オイルパンだけで済んだので、良かった!

穴が開いてしまったオイルパンを交換。

下の画像はオイルパンを外した所です!

オイルパンの中はこうなっています。

▼右側が新品のオイルパンです!

左側は損傷部品。右側の新品部品と比べるとかなり大きく変形しているのが分かりますね。同じ部品なので、本当は同じ形なんですよ!

 

それでは、新品のオイルパンにオイルシールを塗っていきます。

オイルシールというのは、液状のパッキンのことです。これが固まって、パッキンの役割をするんです。

オイルが漏れないように、きちーんと、確実に、丁寧に。

後は、貼り付けて完了です!

これで安心!

エンジンオイルを適量入れて、回し、エンジンを掛けて動作確認をしたらおしまい😊

 

タイヤ交換は平らなところで、ジャッキはジャッキポイントにきちんと当てて、気をつけて作業しましょうね!

アウディ左フロント修理

旦那に内緒で今日中に何とかして欲しい・・・旦那さんが帰って来るのは夜!

ハイ喜んで!

私たちの出番です!!

 

きっとバレないでしょう!

ミライース バンパー修理

車を壁に擦ってしまったと言ってご来店。

 

あらら、結構大きな傷。

でも、傷だけでどこも割れてません。

 

朝入庫して当日返しで修理です!

バンパーを研いで素材が剥き出しに(黒い部分)

ここにプライマーを塗布しないとパテも塗料も密着が低下します!

UVのプライマーを塗り傷の深い所はパテを付けます

 

パテを研ぎ、紙を貼り、UVサフェーサーを塗布。

 

 

サフェーサーを研いで塗装できる様に紙貼り!

この状態までするのに1時間もかかっていません!😄👍

 

 

そして、最後に

塗装ーーー

 

きれいに直りました😊

踏み間違えでバンパー破損

軽自動車でご来店のご年配の方。

奥様が駐車場でハンドルを切り返し、駐車していた時に誤ってブレーキとアクセルを踏み間違えてしまったとのこと。

バンパーは、ボコッと凹んで色割れしています。変形具合もキツめです。

 

お電話にて中古のバンパーを調べて欲しいとご連絡頂いていましたが、まだ新しい車ですので、全国に在庫は見つかりませんでした。

 

バンパー自体の価格は比較的安価な物とはいえ、交換作業となると出費はかさみます。

 

 

そんなに丁寧じゃなくても、何となく見栄えが良くなれば良い!とのことでしたので

応急的な修理をすることになりました‼️

 

バンパーは樹脂でできているので、

温めると素材が柔らかくなります。

ドライヤーのように見えるのは、ヒーターです。

 

温めすぎると素材が溶けてしまうため注意が必要ですし、温まらないとうまく形を動かせないのでやりにくい。

ちょっとした技が必要です。

 

バンパー裏側から押し出すため、一部クリップ類を外して、変形修正!

 

変形がきついため、簡易的な方法では限度がありますが、おおかた元に近く戻りました。

 

車に合わせての調色もベテランの技で近い色が出来あがりました。

 

何本も長く線の入った色割れの部分は、タッチアップすると逆に目立ってしまうので、少し色をのせてそのままにしましたが、随分と良くなりました😊

 

細かいタッチアップ‼️

 

お待ちいただいている間の作業でした。

ここまで直ったなら、良かった良かった‼️とご満足いだだけたようです。

 

良かった、良かった😁🎶

 

ランクルプラド バンパー修理

この車を大事にしているのがわかる、

きれいなランクルプラドです。

それが、いつの間に!こんな所に傷がっ!

ちょっとの傷ですが、目立ってしまいます。

相談の結果、部分的に修理をすることになりました。

ソナーは塗装をするとセンサーが効かなくなるので、マスキングで隠して。

マスキングをしたキワは、塗装の下処理に限界があるので、どうしてもクリア剥がれのリスクがついてきます。

が、そこは極めて丁寧に。

出来る限り細かく処理をします。

傷は研いで平らにしてから柔らかいバンパーに最適なUVパテで削った部分を補修。

そして、バンパーの形を復元させるために、ミクロン単位で補正します。

塗料を密着させる役割のUVサーフェーサーは透明なので付いているかどうか写真ではわかりません(笑)

塗料をかける部分は研いでいるので、艶消しになっていますね。

塗装は、ブースで。

チリやホコリ、余分なミストを寄せ付けないようにしながら。塗装を行わない箇所は覆ってしまいます。

 

車体に合わせて調色をした塗料で、

塗装をして、磨いて、完成✨

お客様は、出来上がったバンパーを見て、

手でさすりながら満足気に微笑んでいました。

大切にされているお車を、

私たちにお任せいただき

ありがとうございます😊