バンパー取り付け部、亀裂!!

左フロントをぶつけてしまいフロントバンパーの取り付け部が切れて飛び出してしまいました

 

こんなに切れてしまうと交換って言われる事がほとんどだと思いますが弊社ではプラスチック溶接機があるんだよーーー!

 

バンパーの裏を見て素材の確認です

このバンパーの素材はPP!

溶接していきます

バンパーと同じPP素材を溶かし、埋め込むように密着させます。

素材と母材がくっ付いた更に上から、

コテで溶かしながら一体化させます。

 

 

溶接が終わり塞がった穴部分に、

ドリルで穴を開けていきます!

この映像だけで、プラスチック溶接の強度がわかりますね!

車のドアキャッチ周り 錆修理

ここが錆びているのだけど修理できますか?

ん?どこ?

 

あら!ほんと!!

キャッチの隅から錆が確認できます

『どうしてこんな所が錆びるんだろうね?』

 

キャッチがボディーと擦れて錆びちゃっているのかなぁ?

外して確認してみましょう!

 

じゃじゃんっ❗️

えーーー、なにこれーーー😩

すんごい茶色くなっちゃってるんだけど〜

 

と、、思ったら‼️

👇こっちかーいっ

原因は、ボルト‼️

キャッチを止める土台のボルトが錆びていました!

ボディーの錆じゃなくて良かったです!

 

錆の色は綺麗に落とし、

後は、ボルトを新品に交換して終了です。👍✨

 

しかし🤨こんな所が錆びるとは!😳

リヤガラス 雨染み磨き

『リヤガラスに出来た雨染みを消したい』とご相談がありました。

 

離れた所からでは確認出来ませんが

近づいて見てみると…

 

 

凄く目立ちます😭

 

では、この状態からどこまで綺麗になるかやってみましょう

 

Before ⏩ After が分かりやすいように真ん中できっちりとライン分け❗️

ボディーに溶剤が付かないように、周りを保護してからのスタートです。

 

 

専門の溶剤をウエスに染み込ませ、擦っていきます。

 

 

液剤がついたウエスで擦り、何も付いていないウエスで乾拭き。

その工程を何度か繰り返します。

 

 

では、真ん中のマスキングテープを外して違いを見てみましょう〜♪

 

 

この違い、お分かりになりますでしょうか?

手前の方がくすんだ感じがなくなっていますね👍

アップにすると、この違い‼️

 

後は、右側も綺麗にして…

 

完成〜🙌🏻😆

 

作業時間30〜40分ですっかりクリアになり、視界も良好👀💡

 

オススメです🤗

っていうか、いいなぁ

私もやってもらおう〜✨

 

サーブ フロントバンパー・フェンダー修理

駐車場で擦ってしまい、

バンパーに傷がつき、

フェンダーが歪んでしまったお車🚗

サーブ(SAAB)という輸入車です。

初めてのご来店でしたが、実は以前、ご家族の方がテクニカルオートをご利用頂いた事があったとのこと!

修理方法などを相談し、お預かりすることとなりました。

 

ぶつかった事で、車体の内側へ押され変形してしまったフェンダーは、板金をして元の形へと形成

 

左側についたバンパーの傷は修理をして、経年による部分塗装のぼかし目が出ないよう、 バンパーを取り外して1本全部を塗装しました。

 

『せっかく車が綺麗になるのでずっと気になっていたホイールナットの錆も一緒に綺麗にしたい!🔩✨

とのご希望もあり新品のもので交換もした所で…全て完了🙆‍♀️✨

 

ナットも新品でピカピカ🌟

▼お直しした箇所もこんなに綺麗に🌟

 

そしてお返ししてから数日後、実はこのお車が走っている所を偶然発見👀❗️

 

綺麗になった車で実際に走っている所を見ると何だか、より嬉しい気持ちになりました😄

スローパンクってなに?

北海道の気温も夜には一桁台になってきて

タイヤ交換も増えてきました🚗❄️

 

本日いらしたお客様。

いざタイヤ交換しようとしたら、一本だけ空気がセロ!!😱ひぃぃ

 

釘やビスが刺さってるのか?と思い、確認したけど 何も刺さってない!🙅‍♂️

 

…だとしたら…

リム(ホイールの縁)か?

ムシ(空気を入れるところ)か?

と思いながら、

空気漏れチェック!!

 

石鹸水を吹きかけて見ると、タイヤのゴムとリムの間から空気が漏れていました🧼

これは、スローパンクと言います。

ホイルの腐食や劣化で、少しずつ少しずつ空気が抜ける事があります。

空気が足りない状態で走ると、タイヤのゴムが傷んで使えなくなってしまいます。

 

運転席と反対側のタイヤは特に気が付きにくいのでご注意を!!!

 

▼空気が抜けたタイヤ

タイヤ交換の前に、先ずはタイヤのチェックですね!

ハンドルを回すと変な音

🙍🏻‍♂️ハンドルを回すと、変な音がするんです。

🙍‍♀️どんな音ですか?その音はハンドルの根本から聞こえますか?

🙍🏻‍♂️はい…前から鳴っていたのですが、最近だんだん音が大きくなって…

 

そんなお話をしながら、車を確認しに行きました。

 

エンジンを始動させ、ハンドルを動かすお客様。

左に回し『ウィ〜〜ン…』

右に回し『ウィ〜〜ン…』

あらっ!

 

ハンドルの付け根のグリス切れか何かの、よくある異音かなぁと思っていましたが😳

 

『ウィ〜〜ン…』という音は、ハンドルの根本からではなく、もっと先!エンジンルームの中から聞こえる音です。

原因はパワステポンプです。

 

パワステオイルがポンプから漏れてしまい、オイルが足りなくなっている状態でした。😩

🙍🏻‍♂️このままにしておくと、どうなりますか?急に止まってしまうことってありますか?壊れますか?

 

👨‍🔧この音は、もっと大きくなります。今、もう既に壊れてしまっている状態なのですが…

ここから、オイルが漏れちゃってますよね。

極端なことを言うと、

先ずはパワステのオイルが足りない状況が悪化して、パワステの働きが無くなりハンドルを左右に動かすのが大変な状態になります。

そして、オイルは潤滑の役割をしているので、それがなくなるとロックが掛かってしまって、

ここに掛かっているベルトに負荷が掛かり、ベルトが切れてしまいます。

そうなると、水が回らなくなり、

オーバーヒートを起こして、

エンジンがダメになってしまう

…という状況にも繋がります。

 

🤯えーーーー

 

先ずは部品価格を調べて見積もりからとなりましたが、大事に至らず良かったです。

 

お出かけ中に重ステになんてなっちゃうと、女性なら相当大変だと思います。

🐥💨💨💨

 

危ないので、国産車、輸入車にかかわらず、

ちょっとした違和感でも、

早めに診断してもらうと安心ですよ!

 

 

ベンツはプラグもマーク付き!

 

車検でご入庫頂いたメルセデスベンツ🚗

スパークプラグの交換を希望されていましたので、部品を注文しました。

 

おぉ。ベンツの箱に入ってる。

 

届いた部品を箱から出してみると

うーん、

見慣れない形状🤔

👇

▼良く目にするスパークプラグは先端がこのような形

 

▼ベンツのは逆に凹んでる!!!

▼そして少し長さもあるかも〜😲

 

▼更に、このマークが付いていると高級感もありますね。

 

今回の車検で、新品に交換をしているので

しばらくは心配無いですね☝️😄

ヴェゼル リヤゲート修理

先日、交換と判断されるくらいバックドアが凹んでしまい、修理来店されたお客様。

 

▼凹みが広範囲に及んでいます

 

安価でお直ししたい希望があり、同色のリサイクル部品をお探ししてみましたが…

残念ながら、見つからず😭

 

リヤゲートの修理は、再封印が必要だったり、リヤゲートに着くガラスを外さなくてはならない場合もあり、板金でも高額になってしまうことが多い場所です。

そのため、同じ色のリサイクルパーツが安価で見つかれば、板金をするよりも安く収まることがあるのです。

リサイクルパーツが見つからないのであれば、板金をして直すほかありません。

これは、やりがいのあるお仕事💪

気合いが入ります!!!

 

まずは接着板金・そして荒出しから

▼裏のシールが傷つかないように養生も怠りません。もちろんバンパーも。

 

ハンマリングで耳ならしから。

ハンマリングの音に耳を慣らすのではなく、ミミと呼ばれるドアの端の部分を真っ直ぐに平す(ならす)作業です(笑)

▼ハンダとスタットプーラーを巧みに使い分け面出しをし形を整えていきます。

 

▼上手く形を引き出す事に成功😄

 

次はリヤゲート塗装

 

▼板金で綺麗に凹みが修正された箇所にパテを付けていきます。

 

▼そして、塗料との接着力を強くする為にプライマーを塗ります。

▼そして塗装完了

 

この後は組み付けをして、完成〜🙌🏻

 

▼このような感じに形もきれいに復元され、うまく仕上がりました♪

 

完成後は、お客様がご来店され

お車とご対面〜🚗👀

そして一言…『流石ですね!!』

🤗素直に、嬉しいお言葉です😆♪

 

修理の工程をiPad📱で順番にお見せしました。

とても喜んで頂く事ができ、嬉しい納車となりました🌟

ランクル サイドシル錆修理

長年愛用されているランクルが錆修理で入庫されました。

 

錆による腐食がかなり進んでいます。

一見、後ろのサイドシル部分のみかと思いましたが

錆の進行は想像以上で、既に前の方まで進んでいました。

 

 

錆部分を少し触っただけでも、穴がみるみる大きくなっていきました。

これは凄くやりがいのあるお仕事!

綺麗にしてあげたい

 

それでは修理をしていきましょう💪

 

まずは型紙作成!

そしてボディの錆は出来る限り落としていきます。

 

▼後ろ

▼前

 

穴を修復!

作った型紙から同じサイズに切り取った鉄板を

穴が開いてしまった箇所にフィットさせ溶接で塞ぎます。

 

▼後ろ

▼前

 

お次は、錆止めです。

ここでの防錆処理はとても大事です!

溶接した鉄板表面はもちろん、

袋状になった内側にもしっかりたっぷり、

防錆剤が外まで流れ落ちるくらい充分に吹き掛け浸透させます。

おそらく、鉄板の内側までしっかりと防錆処理を施している業者は少ないでしょう。

今のところ、知る限りですが、近隣でそこまでやっている業者さんは聞いたことがありません。

 

防錆が終わったら、仕上がりとなる形を整える為に

パテをつけて…

▼後ろ

▼前

乾いたら研いで表面を整えます🎵

 

 

最後に塗装をすると、綺麗に復活!!

▼後ろ

▼前

 

大切な車が、綺麗になりました😊

 

錆の修理は時間もかかり、大変な作業でもありますが

お客様が喜んでお帰りになる笑顔が一番嬉しいです😊

 

ありがとうございました。

損傷はどこまで?

事故でご入庫のお車、

前周りが凹んでいます。

ボンネットが変形して浮き上がり、バンパーもライトも押されてエンジンルーム側に入り込んでいます。

 

これからバンパーを外して、

骨格まで損傷がないか確認します!

 

バンパーを外してくれるのは

なんと!

事務所の女性です!!!👩‍🦰❤️

工場の人は、サポートに🎶

👨‍🔧どこから借りてきた?

👩‍🦰何が

👨‍🔧そのベッド

👩‍🦰ベッドじゃないわ

👨‍🔧ワンダーコア持ってくる?

👩‍🦰いいから早くそっちやって!💢

 

この下のクリップが中々外れず苦戦っ🔧⚡️

なにこれ〜っ😫

がんばれがんばれ🏁

 

よし!!

なんとか外して損傷確認

骨格まで損傷があることがわかりました!

これで明確な見積もりが出せます✨

 

お客様と保険会社への連絡、少しでも早く!という気持ちからの協力体制・スピード対応でした✨