塗装の仕上がりに重要な、塗料の『調色』作業

車の塗装を行う時、ボディカラーの塗料は
どこから どの様に用意するかご存知でしょうか。

実は、自動車の修理に使う塗料は、
カー用品店等に置いてある タッチペンのように、
各メーカー 車種ごとに カラー番号で分けて
塗料を用意している訳ではないのです。

今日は、塗料をどの様に準備するかをお伝えしますね。


◆塗料の色


塗料の色は、原色で120種類以上!
テクニカルオートでは、耐久性が高く美しく仕上げる従来の塗料、
環境にやさしい次世代型 水性塗料、両方を取り扱っています。

その塗料を、ボディーカラーに合わせて混ぜ合わせ、色を作り上げます。
その作業を 『 調色(ちょうしょく)』 と言います。

 

◆どうやって?

国産車・輸入車、各メーカーで使用されている色が
カラーナンバーごとに、
使用する色の種類や配合率を載せて 資料となっています。

▼色見本帳

 


◆調色作業


1台の車の調色をするのに、

約7色ぐらいの色を使います。

 

調色の基本は、太陽を背中に
正面・斜め45度など 色んな方向から見て確認します。

 

太陽が出ない、天候の悪いときは
人工太陽灯を使います。

 

カラーコードの配合通りに 調合しても、
現車の色がピタリと合うことはありません。

 

▼カラーナンバー通りの色と、現車の色あわせ

 

そのため、塗り板と呼ばれる 小さな鉄板に 試し塗りをしながら
現車の色とあわせて、何度も何度も 調色・試し塗りを繰り返します。

ひとつの色1滴で、微妙~~~に変わってしまうからです。

(事務所の女性スタッフには何が違うかわからないレベルです)

塗り板の数は、平均すると10枚くらい
合わないときは30枚、40枚、・・・・・ 合うまで塗ります。

職人が納得いくときが完成。

 

調色の時間は、約、2時間。
少し長いときで4時間。
まだまだ出来ないと、翌日までも時間をかけて合わせます。

また、どうしても太陽の光が必要なときは、
太陽が出るまで、待ちます。

太陽の光の下を走る車の色が、きれいに見えるように。

修理した箇所が、元通りに戻るように。

調色は、芸術的な職人技。

経験と、技術と、色別の目と、センスが必要な

時間と材料をつかう作業です。



 

塗装見習いの時に、調色を覚えて、コーヒーカップ1杯の量を作るためにバケツ一杯の失敗した塗料を捨てました。
先代の社長には内緒にしました(笑)

 

投稿: 森本

 

 

美味しいチーズ♥

今日は、頂き物のお話です☺

 

いつも来てくださるお客様から、

美味しいチーズをいただきました。

そのお客様が、自分用に食べたくて買ってきたチーズだったのに

私があまりにも欲しそうな顔をしていたのか

『美味しいのよぉ~、おひとつどうぞ😊 食べてみて!』と、丸ごと(笑)

 

特に、リコッタというチーズが大好きだと言って教えてくれましたが

それは自分で買って食べてと言われ、

忘れないように写真だけ📷✨

 

▼リコッタ

 

 

白石区にあるチーズ屋さんというので どの辺りか聞くと、

 

大谷地から向かうと、

平和通りと白石神社の通りの交差点を右に曲がっていったところ、と。

『ん…? 前ちゃんとこ(知人の職場)の近く???』

Googleで調べてみると

テクニカルオートから、結構近い!

ファットリアビオ北海道

白石区平和通12丁目北5-20

 

今度、お返ししなくちゃ♥

ありがとうございます😊あつこさん

 

 

美味しい~♥

梨奈ちゃん、バンパーの塗装に挑戦!

梨奈ちゃんの車、ヴォクシーの

リヤバンパーを1泊2日で直してほしい!

『いいよ~ 梨奈ちゃんちょっとおいで~~』

ん? なんだろう????

『はい! 自分でやってごらん (・∀・)ニヤニヤ 』

え~~~! できるかなぁ~~~~!!!!

ということで、

自分の車のバンパー、塗ってみました!!

鉄板?樹脂? 車のパーツは何でできてる?


問題:車は鉄板でできている。


答え:🙅‍♀️ そうとは限らない

昔は全部、鉄板で出来ていました。

今は、

ドア、屋根、ボンネット、フェンダー、リヤゲート、トランク等

大抵は鉄板で出来ていて、バンパーだけ素材が違う、という構成ですが、

最近の車は、バンパーだけでなくフェンダーやボンネット、リヤゲートも樹脂の素材で出来ている車もあります。

車体を軽くして燃費を向上させるためでしょうか?

なので、バンパーを擦っただけの損傷ならバンパー自体は錆びません。

バンパーを擦って、フェンダーの色が割れてしまうとフェンダーは錆びるかもしれません。

と、なると、

フェンダーやリヤゲートが樹脂で出来ているものは、錆の心配がなくて良いかも!と思いますが…

『割れたら取り替える』 という選択になってしまうんですよね。

↑この写真はBMWの車ですが、バンパーとフェンダーが繋がったようなデザインです。

完全に割れてしまっているので、交換。

このお客様はパーツ持ち込みで交換することを考えていると仰っていました。

板金なら何とかしてでも、直すんです。

▼交換パーツが無い車を板金中

中古車なんかは、凹んでてもお客様にバレないように適当にパテをコッテリ盛って直したりもしています。

▼パテでごまかして修理した跡

事故で直す時に、たまにこんな感じのものを発見します。パテコッテリ修理は経年で不具合が出やすいです。

というわけで、

車は鉄板でできているとは限らない❗が正解でした😊

樹脂でできているフェンダーなんかは、もしかしたら冬場の寒い気温の時、素材が固くなってパキーンと割れやすくなるかもしれません。

…わかりませんが(笑)

エンジンオイルの、『良いオイル』って何?

普通車なら5000km又は半年に一回交換をお勧めしているエンジンオイル。

オイルにも色々種類があるのですが、何がどう違って、

金額が高いのか安いのかご存知ですか?

高いオイルは良いオイル??

・・・ん~~、

その車にあったオイルが、良いオイルだと思います。

 

最近の車、ハイブリッド車や低燃費の車は、エンジンが作られるとき

エンジンの中に回るオイルの抵抗も、できる限り少なく!と開発されるそうです。

そのサラサラ具合、見てみてください。

左側が今のハイブリッド車に使われているサラサラのオイル。0W7.5

真ん中が今までのハイブリッド車・低燃費車に使われていたオイル。0W20

右側が一般的に多く使われているオイル。5W30

ボールの落ちる速度でわかるように、このくらい粘度の違いがあります。

だからと言って、どの車にも一番左のオイルが良いかというと、そうではありません。

エンジンの性能や状態等により違いますので

“その車のエンジンにあったオイルが、一番良いオイル” なのです。

 

オイルの柔らかさなんて あまり見比べることが無いでしょう~!

おもしろかったのでご紹介してみました~😊

ということで、エンジンオイルの際は、

『沢山あるけど、どれがいい?』と、お客様に選んでもらうことはありません。

無駄に、高級オイルをお勧めすることもありません。

ちゃんと車に適合した最適のオイルを選びますので、ご安心くださいね ♪

塗装の白ボケを直したい!

車の塗装に多い、お悩みごと。

年数の経った時に、塗装面が白くボケてしまうことがありますね(>_<)

色褪せてしまったこのボディ…塗装をせずにきれいにする方法って、無いの⁉️ 😫💦

はい✨🙋 ちょっとやってみました。

見比べてみてください😊

▼フェンダーだけ。

▼リアバンパーだけ。

色も艶も全然違いますね(^_^)

え~、どうやってやったの?

😁意外なあるモノを使ってやりました🎵

気になる方は、コーヒーでも飲みに、遊びに来て下さい😊☕

肛門科で診断!マフラー🚗💨

今日は車検に合格するには必要な

排気ガス検査のご紹介です👨‍⚕️

空気を吸って、

エンジンの中で燃焼させて、

排出されるガスが環境汚染にならないかどうか!の検査です。


⚫どうやって測るの?


🙋検査員が出てくるガスの臭いを嗅ぐ。

❌ブーブー

惜しいけど、違います。

ちゃんと機械で測ります!(そりゃそうだ)

▼この棒っこを使います

▼内視鏡ならぬ 内臭況

これを肛門にぶっ刺します💀

😱きゃーーーー!

いえいえ、スッと

優しくね🙆💕

スッ……

これがどこに繋がっているかというと、

▼排気ガステスター

CO→一酸化炭素

HC→炭化水素

この機械で測定します。

この数値が基準値内にあるかどうか。

🚗💨💨💨 🚗✨✨✨

ちなみに、

マフラー(肛門)から出てくるガスが

前側や中間部分(腸のどこか)で漏れてしまっている時は、塞がないと車検は通りません(退院できません)。

ヤバいガスが出っぱなしになるからです。

マフラーは錆で腐食することが非常に多いです。

交換や修理は意外と高額になります。

冬でもコイン洗車場に行って、

ザーッと流すようにしましよう!

特に高速道路を利用したあとはね!!

それだけで、ぜんぜん違いますよ✨

早い!社員の次に出社?

朝礼の最中に、あれ!!お客様だー(^_^)

『待ってるから朝礼そのまま続けれって言ってます(笑)』

朝一で、タイヤ交換での来社でした。

いつもご来店時には、各部署で、社員と楽しくお話しして下さいます。

まるで私達の親戚みたいに遊びに来てくれる、大好きなお客様です!

元気なお顔を拝見できて嬉しいです(^-^)

▼タイヤ交換を待つ間に自動車保険のお話

からの、温泉のお話♨️

『これから旭岳の “湧駒荘” に、女房と一緒に泊まりに行くんだけどさ、雪が降ったから、こりゃぁヤバいなぁと思ってさ。』

なるほど!だ~から朝イチのタイヤ交換なのね!! いいなぁ~~~✨

『あそこの湧水の風呂がさぁ~…』

なーんて、湧駒荘(ゆこまんそう)の話題にちょっぴり盛り上がり始めたところで、気がつくと、いつのまにかタイヤ交換は終わっていました。

ちなみに、100%源泉掛け流しで、循環も消毒もしていない 自然の温泉です!

なーんと、5種類の源泉をたのしめる温泉なんですよ!

▼湧駒荘 本館露天風呂


冬になったらこの露天風呂は閉鎖になっちゃうので、今のうち!

スタッドレスに交換して、

行ってみて~♨️

湧駒荘(遊びに行ったときのぶろぐ)