ヘッドライト不灯 本当の原因

HIDのヘッドライトが片方点灯せず、

球切れなのかなぁ?と思いながら

自動車用品の量販店に相談に行ったというお客様。

調べてもらって、バラストがダメだと言われたそうです。

何故か、そのお店では依頼せず、テクニカルオートに来てくれました😊

バラストがダメだというのは直ぐに判断できましたが、

何故!バラストがだめになったのか。

どうやら、単なる劣化や消耗ではなさそうです。

あららら。

ライトからこんなにお水が。

ヘッドライトも交換した方が良さそう。

しかし、全国手配で中古を探してみましたが、生憎在庫が見つかりませんでした。

『仕方ないので、バラストだけ交換して下さい。』🤢

…とはいえ、原因を直さないと、

バラストを変えた意味がないくらいに直ぐまた壊れてしまいます。

普段はあまりやりませんが。

やっちゃいますか。

ヘッドライト分解。

ほら、こんなにお水が残ってる。

だから、壊れちゃうんだよ。

中にも水が溜まってるし、

パッキンも役割を果たしてない。

バラバラにして、元に戻す時は、

絶対に!というくらい厳重に

水分が入らないようにしないと。

割れてるところも劣化している箇所をちゃんとコーキングして。

よし!完成〜〜。

これで、しばらくはまたこのまま使えます。

安価で済んだし!

なんとか直せてよかったなぁ〜!!!😆

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA