BMW 右リヤフェンダーとバンパー修理

リヤフェンダーとバンパーを電柱にぶつけてしまったとBMWのお客様からご相談を頂きました。

車両保険のご附帯が無かった為、今回は自費で修理をされるといったお話です。

 

リヤバンパーを外して損傷具合の確認。

👇アップした様子📸

大きく角のラインが潰れて内側に押し込まれている状態だという事がわかります。

 

リヤフェンダーは、2枚のパネルが合わさって形成されているもの。

その表パネルと裏パネルの繋ぎ目がちょうど凹んでしまっていたラインの部分にある為

一枚の鉄板と比較すると、と〜っても直しにくい😖❗️

 

でも大丈夫!ここはプロの技で👨‍🔧

 

まずは表側と裏側の両方からラインを少しづつ直していきます。

ちょっとずつ引っ張っていきながら

ボディ側にブラケットとバンパーを取付し、隙間や高さの確認をしていきます。

何度か修正、確認を繰り返し、きちんとラインを元の状態まで戻せたら表の面を修正します。

 

 

板金の作業が終了した後は、下地作業に移ります。

 

下地がしっかり出来上がってないと仕上がりにも大きく影響してしまいます。

パテを研いで何度もバンパーを合わせて隙間と高さを確認してからサーフェーサーを塗布します。

 

ここでもポイントが☝️

高くなっている箇所・低くなっている箇所を

見た目や手の感覚で感じ取りながら、研いで元のなだらかな形を作成していきます。

 

 

お車の色も一台一台使用状況によって色見が異なるので

データから微調整をしてこの車の色を作っていきます。

 

塗り上がった後はブースでしっかり乾燥させて磨きをかけ最後の仕上げへ!

 

この後は取り外したパーツを元に戻して行く作業。

 

👇こちらはバンパーを取付して左右を見比べてみました。

ボコボコと凹んでしまっていた箇所は影も形も無くなりました。

左側と見比べて見ても違いは全くありませんね🔍👀

 

最後に板金・塗装、各部作動点検をして修理完了です👏

 

リヤフェンダーは本当は交換です!と判断したいくらいの損傷でしたが

交換をしてしまうと、リヤガラスの脱着が必要となったり

輸入車なので部品その物が高価だったり…

トータル金額で見るとお客様にとってのご負担が大きくなってしまうもの。

 

そこを板金作業で進めたことにより、安価で綺麗に出来ました👍✨

長く乗られることを考えるとお車にも良いご選択となったと思います。

お客様にも喜んで頂くことが出来ました☺️

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA