こんな所に錆が…

セレナのお客様から頂いたご相談です。

 

このメッキのガーニッシュ下に茶色く錆が発生しています。

う〜ん、中でボルトか何かが腐食して 錆の汁が流れてきているのかな?🤔

 

 

まずは、その状況確認の為にもガーニッシュを外してみることにしました。

 

 

◆ガーニッシュ取り外し◆

取り外す工程の中で、その原因は判明🔍

なんと!!

ガーニッシュ角の部分とボディが干渉しています💥

 

取り外したパーツの裏も確認。

こちらもボディからの錆色が移っているため、やはり干渉していたということがわかります。

 

では、なぜこのような状態になっていたのでしょう?

右側は同じようにならないの? ?? 疑問は沢山出てきます 🙋‍♀️

 

 

その謎を解くためにも、ガーニッシュ裏の状態を左右比較してみましょう👨‍🔧

 

ガーニッシュの端に沿うように装着されている黒いゴム。

よ〜く見ると右側に比べ、左側は少し内側に入ってしまっています。

 

このズレている状態では、車体に装着した時の当たり方も変わり

角の部分がダイレクトにボディにぶつかっていたのならば

今回ような状態になってしまう事もわかりますね💦

 

 

ボディ側の状態はというと

小さな点錆ですが、周りもプクプクと塗装下では錆が少し広がっています。

こちらは早めの処置が必要です💡

 

◆修理開始◆

まず最初に発生してしまっている錆は出来るだけ取り除いて

プライマーを塗布。

鉄板を錆から守る役割をしています。

UVパテ&サフェーサーを塗布

 

下地処理が終わったら、ブースの中へ。

今回は部分で塗装を行う事も出来ましたが

『綺麗に仕上げたい』というお客様のご要望につき

リヤゲートは1枚塗る方法となりました✨

 

そして塗装が完了👇

 

この後は外したガーニッシュやステッカー等を付けていきます。

もちろん、ガーニッシュのゴムは正しい位置に戻してあげて取付しています🙆‍♀️

 

 

完成〜♬

錆が大きくなる前にお直しが出来て本当に良かったです😊

天候にも恵まれ、無事にお客様の元へお返しすることが出来ました。

 

ありがとうございます✨

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA