デントリペアで直したい!

ドアに出来てしまった凹み。

 

凹みは不思議な事に、一度気になってしまうと

ず〜っとその部分だけが目に止まります😱

 

近くで見るとこのような状態。

結構大きい凹みですね。

ラインの上下にまたがって、縦にチョップされたような凹みです。

今回のご相談は、この凹みを デントリペア で修理をしたいといったお話でした。

 

う〜ん…🤔

デントで綺麗に出せるのは『えくぼ』くらいの大きさです。

エクボ凹みというのは、定義はありませんが、

おおよそ、直径が1cmに満たないような大きさの、薄い凹みのことです。

 

今回のように えくぼより、かなり大きい凹みをデントで直すには、至難の業。…というか、直す道具の種類が違う。

お父さんの大盛りカレーライスを、コーヒースプーンで食べてね🥄と言ってるような感じ?

なんか違うかもしれないけど、笑笑

何にせよ、板金で直す大きさの凹みを、わざわざデントリペアでは直しません。

 

他の凹みも多数あったため、板金修理でお直しした方がドアのモール下全体が綺麗に直るし、その方が安いかもしれないと何度もご提案もしましたが、どう〜しても、1日で何とかして欲しいというご要望でした。

 

通常、このような状態でのデント作業は行っていません。

ですが、『どうしても❗️』とご相談頂きますと、なんとかしてあげたくなるのが テクニカルオート💪😤

まず、やってみましょうか。という話でデント作業を行うことに。

 

まずはドアの内張りを外して!

裏側から凹みを押しあげる作業から⚒

ドアの内側、ドアの外側、何度も何度も確認しながら少しずつ、なぞるように押し出します。

凹みを出した後には、周囲の出っ張った部分を叩き落とし平らにしていきます。

ボディに傷はつきませんので、ご安心を✌️

 

表面を磨いてあげて

 

このような仕上がりに✨

 

角度を変えてもう一枚📸

 

こんなに綺麗に仕上がりました🙌🏻😊

まだまだ、その部分も他の箇所にも凹みは残っている状態ですが、

お客様は『想像していたよりずっときれいになった!!』と、とっても喜んで頂くことが出来て、

私達もほっとしました🎵

 

でもね、こういう時は本当に、

板金の方が良いです笑笑

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA