ジェイド リヤフェンダー修理

こちらのお車🚗

リヤフェンダーの損傷により、時間の経過共に若干錆が出てきている状態です。

 

 

▼バンパーとそれぞれのラインのつながり部分が変形しています。

▼後ろから見ると、フェンダーが押されて中に入っていますね👀

 

では、半田溶接で引き出し板金をし、形を整えていきましょう💪

 

 

引出し板金に使うアタッチメントを最適な角度で溶着し、

工具を取付して引っ張る作業〜⚒

この作業によって、ボディのラインがきれいに直ると面出しがスムーズに終わります♪

 

 

この後は、何度かバンパーを仮合わせしながら、下記のポイントを確認します。

 

①綺麗なラインが出来ているか

②バンパーとフェンダーとの隙間はきちんと出来ているか

→隙間は広すぎても狭すぎても🆖❌ 端から端まで均等になっている事も確認。

③片方のパーツが奥まったり、飛び出したりしていないか

 

その後は、錆をしっかり落としてプライマーを入れて下地に進みます。

 

下地、塗装、磨きの工程を経て

最後は組み付けをして完成☆

 

 

しっかり点検、清掃をしてお客様にお渡ししました☺️

 

ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA