アウディの よくある話⁉️テールランプ

メーター内にお車の異常をお知らせしてくれる『チェックランプ』が点灯。

 

そしてウィンカーも点かない状態で入庫したアウディ🚗

 

 

💡❌ レフト、リヤ、ライト…あらそぉ。

 

念の為にバルブの確認をしてみますが、どうやら球切れだけの話では無さそうです。

あぁぁぁ、やっぱり…😑💦

 

これは、配線関係のトラブル❓

車をお預かりして詳しく点検してみる事にしました👀

 

まずはテールランプを外して見ると…

 

 

なんと‼️

すぐに原因が判明。

 

 

テールランプの基盤が熱で溶け、

テールランプ本体までも溶けてしまっている状況です。

 

こうなるとテールランプ本体丸ごとの交換が必要になります。しかも高いです。

『マジでーーーーっ😭』

 

実はこの症状。

アウディの良くある話なんだそうな🧏‍♀️

 

構造上の問題なのかもしれませんね💡

 

純正新品となるとエラく高いので、リサイクル品とか優良パーツとか無いの⁉️なんて言いながら部品を検索!全国手配です🗾

今回のお車はAudi A6 Quadro で、特別仕様だったため、流通している部品が希少!

 

部品屋さんや業者さんがあの手この手と協力してくれました🤝 結果!

☎️🎶『奇跡的に見つかりました!滅多に無いことですよ〜🙌』

なんと、運良く特別なルートで入手することが出来ました👏

ありがとうございます😭✨

 

テールランプ交換後は、チェックランプも消え、ウィンカーも点灯するようになりました☺️

安心してお乗り頂ける状況となり、

お客様も私たちも

ほっ…☺️☺️💨💨💨

良かった〜!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA