シルフィ🚙 クォーター板金修理🔨

 

シルフィにお乗りのお客様🚗

まだ雪の多く積もっていた2月にぶつけてしまったんです😢とご相談でした💡

 

ご相談させて頂いてからこちらの都合でしばらくご入庫をお待ち頂き、

この度やっと修理をスタート✨お待たせしました🙇‍♀️

 

▼右のうしろのドア〜クォーターにかけてザザッと傷とクォーターに歪みができています💡

修理方法としてはドアガラスのところの水切りのベルトモールは交換しますが

その他の部分はマスキングにて養生する形で進めます🙆‍♂️

 


 

まずはクォーターの凹みをハンダを使って引っ張り出すところから💪❗️

▼ハンダで引っ張る際の土台となる鉄板をくっつけます🙏❗️

👇他の車両ですがこんな風につけます

 

くっつけた後はスライドハンマーを使用してドアの高さ、元々のクォーターの

高さに合わせて凹んでいる部分は引っ張り、押されて飛び出たところは叩いて🔨

形を戻していきます🙆‍♂️💡

クォーターのラインが元の高さに戻りました


 

ここから先は塗装屋さん👨‍🎨✨

パテを乗せる前に板金した後のパネルの表面を削って整えます🌀

 

▼研磨が終わったら板金パテをのせて

乾燥☀️

クォーターのラインが大まかに出来ています💡

しっかり乾燥させた後は研磨して

その後仕上げパテを乗せて

同じように乾燥させたのち

ポリッシャーと手のチカラで形を整えます💁‍♀️

⬇︎

⬇︎

ここまできたらサーフェーサーを吹きかけて

⬇︎

下地づくり完了🙆‍♂️✨🌈

 


 

次はブースの中で塗装をかけるため塗装しない部分に養生をかけて

ちなみにドアも塗装をかけるため表面を研磨し

土台作りをしています💡

 

塗装が完了したら組み付けをしたら

みんなで丁寧に洗車をし、

車が綺麗になった状態で飛び石傷等をさけるための

ストーンガードをクォーターに貼りつけをして・・・

完成😊🙌‼️

 

綺麗すぎて空や🌤周りの景色が映り込んじゃうくらいピカピカ✨😝

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA