ボルトがなめてしまった!!

ルーフカバーのボルトが一箇所

なめてしまって取り外しが出来なくなってしまったビート。

 

取り外しをして欲しいといったご依頼でしたが、ボルトの見た目の錆具合から

折れずに取り外しが出来るものか… もしかすると、折れる前提での作業となってしまうのではないか…

と少し心配な状態でした。

 

お客様にも状況をお伝えし『進めてください』と言っていただいたので着工🔧

 

まずは、バイスプレイヤーという工具で

ガッチリと外側を挟み込み回してみましょう♬

…と試みますが、全然回る気配がありません💦

 

ボルトの上部分をを取ってしまい 再び‼️

やってみますが、挟める部分が平たくなっている事もあり

やっぱり回せない❌

 

次は、バイスプライヤーで挟めるように加工をします!

 

ボルト回りをアルミテープで覆って

グラインダーと呼ばれる機械で丸くなっているボルトに角をつけます。

バイスプレイヤーで挟みやすくする為には必要な作業💡

平たくて丸いボルトに、角が出来ました😆

 

あとは、挟んで回すだけですが

ボルトが折損してしまわぬように、油分を差し込み馴染ませて回りやすくする一工夫を☝️

 

そして3度目の正直!

取れました〜〜〜\(^^)/

 

最後に お持ち込みのボルトを取り付けて終了〜✨

 

もしかしたら折れてしまうかも!?ということをお客様にもお伝えしていたのですが

無事に取り外しが出来て、ご安心頂けたことと思います♬

 

緊張しながらの作業だったので、取り外しできた時には

私達もと〜ってもスッキリとした一瞬でした✌️😆

 

 

余談ですが、真剣に作業する太一さんの背中には時折、トンボが止まっていました〜👓 笑

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA