N-BOX 側面修理 〜板金編〜

N~BOX修理の続きです。

 

フロアの修正をし、この骨組みの状態から。

 

①センターピラー や ②サイドシルまでもが交換必要な状態です。

そのため、損傷している部分はカットされます✂︎…

 

この部分は、溶接で取り付けされている所なので

簡単に取り外し・交換といった訳にはいきません。

 

新しいパネルを準備して溶接作業を行います。

 

 

さて、ここで問題です❗️

この工具は何でしょう?👇

拡大してみると…

 

これは『バイスプライヤー』という工具です🛠

溶接を行う前に この工具でパネルを仮合わせし、取付の位置など確認を行います👀

そこで問題が無ければ、やっと溶接が可能となるのです💥

 

ドアの方の仮合わせも何度も行い、フロアの方の修正に問題が無いか等

隈なくチェックしていますよ✨

 

骨格部分までの損傷を受けているお車は

新型のフレーム修正機で新車時の寸法図を用いて

ミリ単位での修正を行いながらお直ししていきます。

 

大きな修理が必要となっても、この機械があれば安心ですね✌️

 

明日の塗装編へと続きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA