タイヤが…‼️走行中振動の原因

お盆が明けましたが、まだ暑い日が続きそうな札幌です。

皆様いかがお過ごしでしょうか☀️

 

連休前にトランスミッション(CVT)のオイル交換で入庫したデリカD:5。

オイル交換後、試運転をしたところ

車体やハンドルからプルプルと振動が感じられました。

 

この振動は、プロペラシャフトからだろうか?🤔 …と思い、、、

 

点検してみましたが特に問題は無し!👍

 

何だろう~??🤔⁉️

と各部点検をし始めようとした矢先❗

 

ある部分に目が留まりビックリ👀💥

 

なんと!

 

タイヤが一部分だけ磨り減ってしまっている状態でフラットスポットが出来ていました。

※フラットスポット⏩急ブレーキなどでタイヤがロックされてしまい、地面と接地しているタイヤの面だけが削られて平面になってしまうこと

 

☝️👇こんなに違います

どこかで急ブレーキでもかけたのかな?

 

このフラットスポットのせいで

タイヤが円ではなくなり振動を発生させてしまったのですね👨‍🔧

 

交通安全、燃費、車体への負担、

どれもとっても 『急』には要注意⚠️

急ブレーキ・急発進など

『急』の付く運転はやめましょうね✨

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA