バンパー亀裂 新品より強い修理

スバル インプレッサ 修理についてのお見積りでした。

割れているのは、バンパーとリップスポイラー。

 

 

結構大きな亀裂です。 バンパーは修理することは出来ますが、

リップスポイラーは交換の方が安いかもしれないし、修理をしたとしても色付きではなくて素材そのものなので艶感が違ってしまいます。

 

純正のバンパーなので、もしかするとリサイクルパーツが見つかるかもしれません。

新品パーツで交換した場合の金額を調べて、

リサイクルパーツが見つかるかどうか、その金額と

修理をした場合の見積額 3つを比較して決めましょう!

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

全国手配で複数のルートから、在庫の状況を確認しました。

が…残念ながら、そのまま使用できるものは見つかりませんでした。😢

残る選択肢は2つ。

①新品パーツ取替  ②バンパー・スポイラーの修理

修理の方法でもしっかりきれいに直るし、今回は安価で済ませたい!

 

ということで

 

バンパーは、溶接修理をする方法に決定

リップスポイラーは簡易修理とタッチアップを行います。

 

バンパーは取り外しての作業です。

前面 運転席側に大きな亀裂が入っています。

 

ご自身で裏側から固定していたそうです。

バンパー下側の、アンダーカバーが繋がる取付部分が切れてしまっていました。

 

せっかくなので、一緒に直してさしあげましょう!(サービスです)

 

リップスポイラーは裏側から強力~~~~な接着剤で固定するので、外してしまいました。

 

 

先ずは裏側から!

亀裂部分はぴったり合わせた状態で、表側から一度しっかり固定します。

 

 

熱をかけるので硬めのアルミテープを利用します。

 

溶着する繋ぎ目は、削って溝を作り、素材そのもの同士がくっつきやすくなるように加工。

 

そして、このバンパーと同じ素材のスティックを溶かしながら、同一化させます。

高熱で溶かしたときに、炭化しないように窒素を当てながら溶着。

 

裏側の溶着は割れ目に沿って溶着した後、十字になるように補強溶着も忘れずに。

こうすると、縦の力にも横の力にも強くなります。

 

溶着出来たら、表側も 溝を作り。同様に。

 

 

そして、溶着した箇所はもうバンパーと一体化しているので、表面を研いで平らにし、

クッション性のあるバンパーには最適なUVパテとUVサーフェーサーで塗装前の仕上げ。

更に研いで、下地処理を完了させます。

 

 

あとは、車体に合わせて調色した塗料で、見た目が美しくなる範囲で部分塗装を行います。

 

====================

リップスポイラーも取り付け、リップスポイラーの割れ箇所はタッチアップでお化粧をして完成!

新品パーツ取替の1/3位の金額で済みました!わーい

 

▲修理後

▼修理前

 

修理箇所は、割れる前の素材の耐久性よりも強くなっているので、

修理箇所が避けてくることは考えられません✌✨

もし今回と同様にぶつけたとしたら、修理箇所ではなく、周辺が壊れてしまいます。

 

これで安心ですね!!

よかったよかった😊

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA