鉄板?樹脂? 車のパーツは何でできてる?


問題:車は鉄板でできている。


 

答え:🙅‍♀️ そうとは限らない

 

昔は全部、鉄板で出来ていました。

今は、

ドア、屋根、ボンネット、フェンダー、リヤゲート、トランク等

大抵は鉄板で出来ていて、バンパーだけ素材が違う、という構成ですが、

最近の車は、バンパーだけでなくフェンダーやボンネット、リヤゲートも樹脂の素材で出来ている車もあります。

車体を軽くして燃費を向上させるためでしょうか?

なので、バンパーを擦っただけの損傷ならバンパー自体は錆びません。

バンパーを擦って、フェンダーの色が割れてしまうとフェンダーは錆びるかもしれません。

と、なると、

フェンダーやリヤゲートが樹脂で出来ているものは、錆の心配がなくて良いかも!と思いますが…

『割れたら取り替える』 という選択になってしまうんですよね。

↑この写真はBMWの車ですが、バンパーとフェンダーが繋がったようなデザインです。

完全に割れてしまっているので、交換。

このお客様はパーツ持ち込みで交換することを考えていると仰っていました。

板金なら何とかしてでも、直すんです。

▼交換パーツが無い車を板金中

中古車屋さんなんかで売られている車の中には、
最初凹んでても、売ってしまう時お客様にバレないように
適当にパテをコッテリ盛って直したり・・・ということもあります。
こういった簡易修理は、簡単で安価というメリットはありますが
後から、割れたり膨れたり、おかしくなってくることがあるというデメリットもあります。

▼パテでごまかして修理した跡

事故で直す時に、たまにこんな感じのものを発見します。
パテコッテリ修理は経年で不具合が出やすいです。

 

というわけで、

車は鉄板でできているとは限らない❗が正解でした😊

樹脂は低温だと弾力が低下して硬くなるので、樹脂でできているパーツは、
もしかしたら冬場の寒い気温の時、素材が固くなって少しの衝撃でパキーンと割れやすくなるかもしれませんね・・・。

…わかりませんが(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA