ハスラー ボンネットボンネット&リヤゲート修理

アプリからお問い合わせのお客様📲

 

「中古で購入した車で車両全体に
細かい傷や凹みが無数にあったり、
前のオーナーさんがしたのであろうべったりついたタッチペンの跡などなど
気になる箇所がたくさんなんです😢」

と、相談にご来店されました🚗✨

 

お車を確認すると確かに全体に傷が💦

 

▼広範囲にタッチペン跡

 

「ボンネットが1番気になるんです」

…見てみると沢山の線傷が😨

 

▼アップ📸すると凄くわかる💦

 

お話を聞くと、お客様のおじいちゃんが

冬に雪を下ろす際スコップでガリガリっと
傷付けてしまったのだそう😣

 

おじいちゃんは孫の買った車を傷付けてしまった事でとてもショックを受けてしまっているとの事でした。

 

申し訳なさから修理費を負担するから
気になる所全部直しておいでと言ってくれたことから今回のご相談となりました。

 

ただ全部直すとなると全塗装レベル💦
費用があまりに高額となってしまうため
今回は1番気になるボンネットとリヤゲートの
凹み&傷の修理、フロントフェンダーの交換をすることになりました🙆‍♀️✨

 

 

 

線傷も凹みも綺麗になり

とっても嬉しそうに深々とお辞儀をされ、
お帰りになりました🙇‍♀️✨

これでおじいちゃんの心の負担も
軽くなったかな😊

家族の暖かさにホッコリさせて頂きました❤️

新品パーツのシール入れ

車の修理をするとき、

新品のパーツを使用する時に部品の裏側にシールを入れます。

鉄板の合わせ目をシーリング剤で塞ぐことにより、防水・防錆ができるからです。

▼部品を縁取るようについている白いラインがシーリング剤

新車の時は、製造ラインで機械が自動的に次々と付けていきますが、修理の時は人の手です。

写真に写っているのはどこの部品か分かりますか?

これは、ボンネットをひっくり返した裏側なんですよ😊

表側はもちろん!きれいに仕上げますが、裏側もきれいに✨

いかにきれいに仕上げ、いかにきれいを長持ちさせるか。

隠れてしまう部分も丁寧にプロフェッショナルに仕上げるのが職人魂💪✨

実際にシールを入れている様子を動画に収めました。


アルファードボンネットフードのシーリング

20秒くらいの動画なので、

一発で決めるスゴ技を

ご覧ください😁