大切な車を錆から守りたい

車の天敵といえば、やはり  !!

 

北海道の冬は特に融雪剤の影響もある為

錆が発生しやすい状況にあります。

 

今回ご依頼頂いたのはリヤのドラムブレーキとマフラーの防錆。

過去に他社で下廻りも含め、防錆を行ったことがあるようですが

各部の状態を見て、必要であれば追加で防錆をしたいとのご要望でした。

 

リフトアップして点検をしたところ

下廻りはしっかりと塗布されているので、大丈夫そう🙆‍♀️

 

ドラムはというと…

(車体から外した状況です)

▼表側

▼裏側

表も裏も 茶色 👀💦

全体に錆が広がっている状態でした。

ドラムはホイールの隙間から見えるところでもある為

やはり見た目も気になってしまいますよね…。

 

マフラー💨は、塗装が所々剥がれている状態だったので

一本塗るお話で決定しました!

 

 

まずはドラムの施工からです。

この全体に錆が広がった状態で防錆をしても

下から錆が出てきてしまい、あっという間に同じような状況になってしまいます。

 

防錆が無駄になってしまわないよう、今回は少しでも綺麗な状態を長く持たせる為にも

ドラムを新しく手配して塗布することにしました。

 

▼新品のドラムです

こんなにピカピカー✨

 

ここに耐熱塗料を塗っていきますよ〜。

乾かしたら、車体へ装着。

うん、良い感じ👍

 

マフラー全体にも塗布。

 

ドラムもマフラーも熱が加わる部品なので、施工をしたからと言っても

完全に防げるというものではありません😭

ですが 防錆を行うのと行わないのとは、発生の具合や広がり方にも差が出ます。

 

出来るだけ錆が発生しないようにする為には

防錆処理も大切ですが、日頃のお手入れもきちんとしておきたいですね🤗💡

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA