デリカD5 左側面修理〜Part 2〜 塗装編

左側面修理のデリカD:5 。

昨日はリヤフェンダーの板金が終わりましたので、今日は塗装作業へ。

 

リヤフェンダーが黒っぽくなっている部分には

サーフェーサーを塗布😄🙌

▼新品ドアは未塗装のため、塗料がしっかり密着するよう丁寧に下地作りです。

まだ新車に近い、新しい車両です。

お客様は修理した箇所の経年状態を心配されていましたが、ご安心くださいね!

新品ドアにはきちんとプライマーを入れ、

防錆処理はきちんとしてあります。

▼プライマー、サーフェーサー塗布後の状態

パール色はドアのみ単体で塗装をすると、

隣接するパネルとのパールの並び具合が変わってしまうため、

隣接するパネルへも塗装をかけ、上手に合わせます👨‍🎨

塗色もきれいに色づくまで塗り重ね、パール、クリヤーと塗装をして、塗装ブースで乾燥。

 

乾燥が終わったら磨きをかけます🌀✨

フロントドアも、

スライドドアも。

ちなみに、窓の枠のように黒くなっている部分。

他の車種ではシールやガーニッシュを付けていることが多いのですが、この車種は、塗装で黒く塗り分けられているんですよ。

 

そして、この先も長く乗って頂けるよう内側の防錆も丁寧に✨

▼リヤフェンダー内側にも防錆剤を塗布するため、車内から専用チューブを使って噴霧

新品スライドドアの内側にも満遍なく行き渡るよう、穴という穴各部から防錆剤を噴霧して錆が出にくくなる様きちんと予防処理✨

ここも🕳

こんなところからも🕳🕳

四方八方にシャワーのように出るノズルから噴き出る防錆剤は、別の穴から流れ落ちるくらいの量。😳

側面の穴のフチにも塗っておきましょう

 

よし❗️これでバッチリ✌️

 

ここまでやって塗装部門完了🤗

 

次からはいよいよ組み付け作業に入ります🚙💨

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA