オルタネーター凍結 ルークス・パレット・ワゴンR

車がオカシイ! 起きた症状は

①エンジンスターターを使用してエンジンを掛けたが、掛からなかった

②手動でエンジンを掛けると、とりあえず掛かったけどバッテリーのマークが点いた

③焦げ臭いようなにおいがした

④走っていると水温計の『H』のマークが何度か点いた

~・・・テクニカルオートに到着。

Σ(゚Д゚) それは大変っ 電話くれたら良かったのに💦

ぎりぎりセーフでした!

もう少しで、エンジンが止まってしまうところでした。

 

 

車が到着して、なんだなんだ?と点検。

ボンネットを開けると・・・

 

ありゃぁぁぁっ ちぎれてる!

これ、熱で焼け切れていますね。

オルタネーターだ。


オルタネーター 凍結


 

原因は、オルタネーターの凍結。

そもそもの原因は、車の構造上の問題かな。

カウル部分の形が、良くない!

 

車のフロントガラスの下側、

ワイパーの付け根あたりについている

黒いカバー。 カウルトップと呼ぶのですが、

ここから、エンジンルーム内に水が落ちる先が

ちょうど、オルタネーター付近。

 

カウルに残った雪が融けて水となって下に落ち、

つららとなり、水の流れた跡が氷の塊となり・・・

やがて、オルタネータそのものを凍結させてしまいます。

▼カウルから流れた水がつららとなっている

▼水の流れた跡が氷となっている

▼氷の塊になっているが、その先も…

▼この先にオルタネーターがあります

 

これで全部、説明がつきます。

①オルタネーターが凍結

②オルタネータ発電不良となり「バッテリーランプ点灯」

③オルタネータでしっかり捕まえられているファンベルトが、エンジン側でクランクシャフトのプーリーが回り続けたことによりベルトが熱で焼けて「焦げ臭い」においがしてベルト切断

④バッテリーに電気が送られなくなり、充電量が足りなくなって、ウォーターポンプが停止

⑤ウォーターポンプが動かないことにより、エンジン冷却水が回らずオーバーヒートの「Hマーク点灯」

 

これ以上走ると、エンジンがオーバーヒートしてしまうか、

その前に電力不足でパワステも効かなくなり、エンジンも止まり・・・ということになっていたかもしれません。

 

或いは、駐車中に完全にバッテリーが上がってしまい、エンジン不始動に。

 

先ずは、ベルトを取り替え、バッテリーを充電。 エンジンの状態も確認。

今後の対策修理としては、カウルトップの接着です。


カウルトップの水漏れ対策


 

この車は、メーカーから出た対策品もついていました。

スポンジのようなものが付いたテープ状のものです。

この時の状態は、潰れてしまって、既に機能せず。

 

きれいに取り払いました

形状が、上部が丸く、下の端は、水が下に落ちるようにまっすぐに。

水が溜まらないよう、流れやすくしたのかもしれませんが、

寒冷地にとっては落ちる先が痛かった!

ここを、車に使用する専用接着剤で頑丈に!!!

カウルを接着してしまいます!!

その代わり、もう、簡単には外せません。

そうそう、外すところじゃないけど・・・

カウルを基に戻し、蓋された状態に戻りました。

これで、水はオルタネータの方に落ちてきません。

 


ワゴンR・パレット・ルークス


この症状が確認できている主な車は

ML21S の スズキ パレット 日産 ルークス

MK23S の スズキ ワゴンR です。

 

ML21S と MK23S の型式の車の方は、

駐車は、車体のフロント側が下向きになる斜め駐車をしていると特に!要注意です。

できるだけ フロントが上向きになるように、

上り坂方向になるように 駐車してください。

 

水の流れが変わるので、オルタネータ直撃を避けられるかもしれません!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA