四輪アライメント計測 必要?

四輪アライメントの計測を電話でご予約いただきました。

『ユーコンXL というアメリカの車で、エスカレードESVと同じ車なんですけど、四輪アライメントを計測してもらいたいので予約できますか?』

長さが5.7mと大きな車です。

四輪アライメントの機械が設置できるかどうか?

車両の長さよりも、肝心なのはホイールベース。

前と後ろのタイヤの間がどの位の長さかということです。

初入庫の車両ですので車両情報がありません。

車についてちょっと調べてみると、

お? ギリギリ大丈夫かも??

データ的には車両は設置できるかもしれないので、来てもらうことになりました。

ちょうど、朝礼でみんなが集まっていたので 朝一番でご来店いただいたお客様は、

『みんなで……😅?』と、

ちょっと引き気味です(笑)

すぐに、リフトに乗せてみました。

しかし‼️

ホイールベースが長すぎてリヤタイヤが乗りません😅

また、計測に使うタイヤに装着のアタッチメントが、タイヤとホイールのサイズを変えているため、隙間がなさすぎてハンドルを切るとタイヤハウスに当たってズレてしまいます。

フロントだけ計測できればいいとのご希望ですが、リヤが確認できないとフロントもきちんと測れないし、そもそも、アタッチメントが真っ直ぐの状態しか使えない。

数字としての計測が不可の為、車両の状態を確認!

点検をしながら、

なぜアライメントを計測したいか、どのような症状があるかを問診。

今年、車を買ったばかりなのに、直線道路走行中、左に寄ってしまうのが気になるから調べて欲しいということでした。

道路の形状が山なりになっている為、低い方にタイヤが流れてしまいます。

車両自体の重量もあるため、もしかすると普通の乗用車よりも流れやすく感じるかもしれません。

もし、道路の右側を走って右に寄るなら車は正常。

そしてもしも、左に足が曲がっていて、まっすぐ走るために常にハンドルを右に固定しなければならない場合は、

タイヤの側面が摩耗してくるから目に見えてわかるようになります。

今の状態を確認すると、タイヤの減りも異常は見られず、足廻りにガタつきなどもみられないようです。

ということで、もう少し様子を見ることに。

データとしては確認できませんでしたが、先ずは車の状態は安全な状態と確認できました。

四輪アライメントの計測。

足回りの損傷や、目で確認できる症状がある場合は計測が必要ですが、そうでない場合は、高い料金をかけて検査しなくても良いかもしれません。

先ずは、車のドクターに相談や診断をしてもらうのが良いかもしれませんね😊

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA