リヤ事故 クォーター交換 職人技

フィットのリヤフェンダー損傷。
事故による損害です。

バンパーやリヤゲート、他にもいろんなものを外して
裸の状態に。(*ノωノ)

フィット リヤフェンダー損傷

ナンバープレートを外すためには封印も外さなければなりません。
テクニカルオートは、特認一種という工場の特別な資格があるので、
封印を外しても、また新しい封印を取り付けることができます。

タイヤの上のパネル リヤフェンダーがボコボコと広い範囲で大きく歪んでいます。

ボルトやビスで固定している部分ではありませんが、

交換することができるんです。

どうやってするかというと、

切っちゃいます。

フィット リヤフェンダー交換

今回、外側のパネルは交換でものすごく大規模修理に見えますが、

骨格の部分は 板金で直すことができる位の損傷で済みました。

硬い骨格!

こんなに ぐにゃっと曲がった所でも、上手に直す技術があるんです。

フィット メンバー板金

きちんと寸法通りに!

見えないところを確実に直す。職人の拘りと技術です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA