CX-5 ボンネット部分塗装

お車を綺麗にしようと思ってワイパーを立てたまま、ボンネットを開けてしまったというお客様。

ワイパーとボンネットが接触し、ボンネットには小さな傷が2箇所出来てしまったようです。

 

修理先を検討していたところ、テクニカルオートのブログを見つけ

『ここなら何とかしてくれるかも』と思いご来社頂いたんだとか♬

ありがとうございます🙇‍♀️

 

お車はというと、今年購入したばかりの新車なんだそうです…悲しい😭

 

傷が出来てしまった箇所はこの辺り👇

一箇所は1センチくらいの傷(幅は2ミリ無いくらいかな)

もう一箇所はシャープペン芯の先っぽくらい小さな小さな傷。

写真には写らない程です。

 

ボンネットの端の方なので、こんな小さな傷ならその部分だけの塗装で済むかな?

…と思ってしまうところですが、この車の色は『3コートパール』というお色なので

通常はボンネット1枚の塗装が必要となります。

その場合、隣接するパーツにも ぼかし を入れて綺麗に仕上げるので

作業的にも本格的な修理となり、費用の面でも高額となってしまいます。

 

今回はご予算のお話もあり

新車ということで、新車時の塗装を生かす方法を選び

部分的にお直しする方向で決定しました✨

 

─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─

 

施工方法は、白色のみを塗装する予定でお話していましたが

せっかくなのでパールも塗布する事にしました🤗

 

施工するポイント以外は養生をして開始。

このマスキングの作業がすごく大変!

塗装範囲が小さいだけに、養生も細かくしていく必要があります。

 

塗装の瞬間📸

傷に対して このスプレーガン。とっても大きく感じますね💡

 

塗装具合をチェック🔍

 

白色 → パール → クリア の順に塗ったら、遠赤外線で乾かします。

 

この後は、もう一箇所の小さな傷の方を処置✊

こちらは細い筆でタッチアップとなりますが、ここも凄く難易度が高い😖!!

筆の先よりも小さくて細い傷。

ここに塗料をどのようにのせるかが重要です。

のせすぎるとプクっと盛り上がってしまうし…少ないと傷が隠れない。

その加減が絶妙なんです💥

 

筆につけた塗料を、出来る限り落とした状態で

ちょっとずつ傷の箇所につけていく。

手先の器用さと集中力が求められます😤👍

神業と言っても過言では無いでしょう!!

 

こちらも同様に 白色 → パール → クリア の順に塗装をしたら出来上がり🙆‍♀️

どうでしょうか?

傷があった事なんて、全然わからないくらいの仕上がりに♫

 

納車時、仕上がり具合を見たお客様にも大変喜んで頂くことができ

ご期待に応えられたようで、私達もとても嬉しい納車となりました🤗

 

ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA