ダイハツ タント バンパーとドア修理

『後ろをぶつけてしまった』とのご相談です。

見てみると、バンパーだけでなく、リヤゲートにも凹みと傷が…😣

 

正規の修理方法と費用を押さえた方法、

色々なパターンで相談の上、

後日無料代車のご用意と合わせて

最小限の修理をする事になりました✴️

 

ところが、お約束の日を待たず、

お客様が再度お店に。

『あれ? どうしたんだろう??』

お話を伺うと、

風にあおられてドアの縁が折れてしまったとの事😱

 

きゃーーー

 

お客様も大変ショックだった様子😢

修理箇所が追加になってしまいました。

 

 

さて、代車もご用意できて、

いよいよ修理です❗✋

 

バンパーは外して修理と塗装☺️

リヤゲートの修理はせず、タッチアップをして傷を目隠し🩹

 

ドアは本来、車から取り外して修理を進めますが、今回は費用を抑えるため車体に付いたまま修理をします。

☝️ここがドアの折れていたところ

👇出来るだけ元の状態になるよう見極めながら、最小限で板金したところ

車のドアの裏側には車体鋼板の防水や腐食を防ぐ役割をしているシーリングが施工されている為、それを壊さないように慎重に!

うまくやりました👍

 

 

サフェーサー(下地塗装)を入れたら

マスキングで塗装範囲だけを残して養生。

塗装範囲は全体を研いで塗料が密着しやすいように処理します。

塗装は、一度で完了ではなく、

数回に分けて塗布し、色を重ねます。

👇ベースを一回塗ったところ

 

 

 

最後にクリアーを塗布して塗装は完了✨

ブースの中でしっかり乾燥させます。

 

バンパーもきれいになりました。

👇ドアの修理箇所はこの通り。

鏡のように私が写り込んでも、私の姿が歪んでしまわないほどにピンとなりました。

 

修理箇所が増えたとはいえ、

安価で修理が出来たこと、

そして仕上がりも綺麗で良かった! と

お客様にも大変ご満足頂けたようです♪

 

喜んでもらえて、よかったね!❤️👨‍🔧🙆‍♀️❤️

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA