ベルト鳴きの原因は…

ブレーキパッドの交換でお預かりした

エスティマです。

ブレーキとは別に、キュルキュルと音が鳴っているので、点検をして、一緒に劣化しているファンベルトを交換することとなりました。

ファンベルトはゴムでできているため、経年により劣化して ひび割れができたり、硬くなって弾力性が無くなりピタッとせずスリップするなどして、キュルキュル音が鳴り始めます。

 

ベルトを張り直し、回してみると…

ん?? まだ、キュルキュル…??

何だろうー……??

 

さらに点検を進めると、これ…

オルタネータ…

 

コイツかっ!

オルタネータからキュルキュル鳴っているわけではなく、軸が曲がっているため偏心回転しているため、ベルトの張りに強弱が出て、アイドリング中に音が出ている状態でした。

今回はオルタネータを交換して、キュルキュル音は解消しましたが、

それにしても、

なぜ??こんな所が曲がってしまったのでしょう…⁉️

 

ドライバーさんにとっては気をつけようのない現象でしたが、キュルキュル音の原因はファンベルトの鳴き。要因はオルタネータの不具合でした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA