ボルボS60サイドスポイラー樹脂溶接

これくらいの段差は大丈夫かな?と、縁石から道路へ降りたところ、

バキッ!!っと音が!

あっ😫‼️と思った時にはもう…😭

 

サイドスポイラーが、

見事に外れてしまいました。

 

 

外れたスポイラーを見てみると、

前側と後ろ側、

それぞれの取付部がちぎれています。

 

と、ここまでで

普通は、スポイラー交換の一択。

どこへ行っても、そう言われてしまいます。

一般的にはバンパーやスポイラーを修理する際、強力〜なボンドのようなものでくっつけてしまいます。 が、強度は全然!保てません。ひび割れならまだしも、クリップ取り付け部分だと、『無理〜』と判断されてしまうのです。

 

スポイラー交換となると、

サイドスポイラー新品が未塗装しか無い場合

部品代+取付工賃+塗装工賃。。。

中々の金額ですね😅

 

👨‍🦱💦スポイラー自体は原形を留めているので、勿体ないし、できるだけ安く何とかならないだろうか?

しっかり留まっていて外れなければ、ちょっとくらいの傷や見えにくい部分はガマンするから!

 

そこそこしっかり付けたい、

けど、肝心の取り付け部分が壊れて

形そのものが無くなってしまっている…

さぁ、どうしましょ😅

予算とやり方を考えながら決定した方法!

👨‍🔧後ろ側のクリップ取り付け部分を修理して、スポイラーを取り付けるクリップは全部壊れてるので全数新品で!

前側の欠損部は取り付けてしまえば見えにくい場所なので、強引なやり方ですが、溶接機で製作します。

 

 

 

溶接機で着けるのは、ボンドでベタっと貼り合わせるのではなく、スポイラーの素材と同じ材質のスティックを溶かして一体化させるので強力なんです。

高価な部品には、とても有効な修理です!

 

頑丈に修復完了‼️

 

 

交換するより断然安く出来て良かったです。

苫小牧からわざわざご来店いただき、

ありがとうございます😊

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA