全方位カメラ キャリブレーション

衝突安全ブレーキサポートシステムとは別ですが、全方位カメラに関わる部位の修理や脱着を行なった場合は、キャリブレーションを行うよう、メーカーから指定されています。

具体的には、

フロントグリルと左右のドアミラーの交換と脱着です。


全方位カメラ

キャリブレーション


右側のドアミラーを交換したスズキ ソリオ。

全方位カメラ搭載の車両です。

今回は、右側のドアミラーを交換しました。

スキャンツールとターゲットを使用して、キャリブレーションを行います。

決められた位置、決められた距離、決められた角度。

きっちりと合わせて、車両にターゲットを読み込ませ、コンピュータで確認と設定を登録します。

これを行うには、

専用機器などが必要です。

正しい位置を読み込ませた状態で正常に動作するかも確認し、完全な修理が完了します。


ディーラー•修理工場を問わず、

場合によっては、こういった最後の確認や設定を怠る会社もあります。

そうなると、ディーラーが修理について外注に出す先も気になるところです。

少し前に、他メーカーのディーラーでキャリブレーションやエーミング自体を知らないという担当者 にも出会ったこともあります。

全方位カメラの設定ももちろんですが、今後、自動運転や自動ブレーキが標準装備の新車が販売されるようになりますので、こういったスキャンツールを使用しての【特定整備】が必要になります。

必ずしも『ディーラーなら』間違いないという話ではありません。

何かあった時は、きちんとした修理ができる工場で修理してもらいましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA