車の修理に使う塗料の量は?

🔵車用タッチペン

車の傷を補修する時、

カー用品店などで売っている

タッチペン ってご存知ですか?

20mlくらいの量で手軽に使えるペン型の市販されているものです。

値段は700〜800円位でしょうか?

1000円位なのかな?

各車種ごとのカラー番号通りの色を大量に作り、ペン型の入れ物に入れて販売している物です。

飛び石など、ちょっとした傷には目隠しできて便利ですが、

少し大きな範囲になると全然色が違った❗️なんてこともよくある話です。

🔵自動車修理に使う塗料

では、自動車の修理をする時に、

車に合わせて調色を行い、

塗装で使う塗料の量は一体どの位なのでしょう?

例えば、このヴォクシー

スライドドアを交換して、

スライドドア一枚を塗装。

リヤバンパーも一本塗装。

そして、フロントドアとリヤフェンダーに色のボカシをいれてグラデーションをかけます。

この修理内容で使う量は、

カラーベース(下塗りの色)で1000ml

パールで500ml

クリヤーで1000mlです。

全部で2500ml‼️

タッチペン125本分!?笑笑

塗料を調合する時に硬化剤を入れるのですが、硬化剤を入れると放っておいても数時間で固まってしまうため、その都度、使う量しか作りません。

🔵大型車両の場合

ちなみに…

重機などの塗装を行う場合は

なんと‼️

灯油のポリタンク2個分も使うんですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA