傷、取れないかな。

お昼休み、相談に来た男性。

『ちょっと見て欲しいんだよね』

ドアやフェンダーなどに傷があるので何とかならないか…?という相談です。

“塗装職人・森本”が傷の状態を見定め、

傷の深さ、状態と消す方法、どの様な差があるか等、色々説明します。

ドアの傷は、けっこうギリギリまで磨いても わずかに残るかもしれない。

それでも先ずはやってみよう、と その場で傷を取ってあげると、

お客様は『きれいになった!これで良い!』とご満足。

他の部分の傷は深いので、これを消すには傷の修理をして塗装をしなければなりません。

 

黒のボディ色は、カッコイイのですが、傷が目立ちやすいのでメンテナンスが大変です。

なので、たまに鉄粉は取って、洗車キズや経年の傷は、まめにワックスを掛けてきれいにしてあげましょう。

 

コーティングを掛けるときは、そのまま施工せず、

一度、こうして磨いてピカピカにしてから、施工するんですよ。

↓ ↓ ↓ ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA