日産スクラッチシールドの磨き

クォーターの塗装が完了してブースから出てきたお車です。

 

この後は、あの作業!!

『スクラッチシールド』の磨き💪❗️

 

以前のブログでもご紹介しましたが

スクラッチシールドは細かい擦りキズによる塗装表面の劣化を防ぐ効果と

ちょっとした擦り傷なら、時間が経つと自動修復してくれるという特殊な塗装で日産車両に使用されています。

 

そんな凄い性能のクリアなだけに、作業も大変😱💦

 

まずは、塗装時についてしまった小さなゴミを2000番のペーパーで取り除く作業から。

 

その後、3000番のペーパーでしっかりと2000番の目を消します。

番号が小さい程、ペーパーは粗めです。

 

この工程をしっかりと行わないと 今後、何回磨きを行っても

最初に行った2000番のペーパー目が出てしまいます。

 

 

磨き作業で簡単に消えるのでは?と思ってしまいますが、消えないのがこのクリアの性質☝️🙂

 

この後にもコンパウンドやポリッシャーを使用する方法で数回磨きを繰り返してやっと完成できます。

実はとっ〜ても大変な作業なんですよ☝️🙂

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA