駐車場内の事故は、やばい!

年間、1000件もの車を預かる中で、

いろいろな相談を受けながら何十年。

事故の事例も、お客様の憤りも、たくさんかかわってきました。

悔しい事例はいくつもありますが、

え!? と納得がいかない例として、

駐車場内の事故がとても多いと感じます。

スーパーの駐車場、

コンビニの駐車場、

公道でなければ責任割合の決まり方が大変。

 

 

駐車場内の事故は、基本的に

①駐車スペースの枠にきっちり収まっていて、

②パーキングに入った状態の駐車中で

③全く動く状態ではなかった場合に

一方的に、ぶつけられてしまった時のみ

全面的な賠償が受けられます。

 

トラブルの内容としては、

・停車と駐車は違う

・バックしてきた車にぶつけられたのと追突されたのとでは違う

・一方通行や止まれの標識は関係ない

…など様々。

 

『ぶつけられた』とはいえ、道路交通法が適応されない駐車場の事故は、五分五分スタートと言われてしまうことが多いのです。

 

なんと、理不尽な‼️

そう言って、当てられ損のようなことも沢山あります。

聞いてるこっちまで『なんで!!』と

腹立ってくることも多数😫

 

なので、

駐車場の事故は要注意‼️

 

 

どこからどのように出てくるか、よぉぉぉく様子を見て、一旦止まる・譲る、の気持ちがトラブルを回避させることに繋がります。

 

自分のためにも!

譲る気持ちをもてる余裕のある運転で、駐車場に入りましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA