リヤドアとクォーターの傷

トヨタのC-HR

まだ新しい車です。

リヤドアとクォーター、そして後ろのタイヤハウス周りに着いているアーチモールに傷をつけてしまったと言って、修理の相談にいらしたお客様。

 

 

2つのパネルにまたがって傷があるため、修理をするとなると、大きな出費になってしまいます。

 

ただ、この傷… 範囲は広いけど軽傷!

もしかしたら、大分いい感じに消えるかもしれないと判断し、

『傷を磨いてみて、それで我慢できるかどうかなのですが…』と、簡易的な修理をお客様に提案してみました。

とは言っても、無料ではなく若干お金の掛かること。

『自分でコンパウンドで磨くっていうのとは、違うんですよね?』

--- 自分で磨いてみることはできますが、数種類の専用の磨き剤を用いて数種類のバフを使用して磨くので、ちょっと違うかもしれません。

『大分、良くなると思うんだよなぁ』と繰り返す私の独り言を(笑)、半信半疑ではあるものの、私の提案に賭けてくれたのでしょう。

少しの時間、珈琲を飲んでお待ちいただくことになりました。

 

 

待ち合いのテーブルで受付をして、淹れたての珈琲を飲みながら雑誌をめくり、数分後。

ガレージから戻ってきた車は、

どうなったかな?

 

『わぁ‼️ ほんとですか、すごい‼️

いやぁ〜、すごい…‼️ 感動しました‼️

この何日間かの悩みがいっぺんに無くなりました😆😆😆』

 

宮の森からわざわざお越しいただき、

本当に喜んでくださいました。

 

アーチモールには薄っす〜〜〜ら線傷が残りましたが、よく見ても全然目立ちません。

 

良かったぁぁぁ😊😊😊😁

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA