車検の時に。下廻りチェックと対策

2年ごとに訪れる車の法定点検『車検』

北海道で1台の車をできるだけ長く乗るためには
整備的なメンテナンスだけでなく
ボディの錆への対策も必要となります。

先日ご入庫いただきましたお客様が
車検の時に、下廻りの防錆をご要望!
大賛成です😊


◆防錆(ぼうせい)

今日は、防錆の工程をご紹介します。

下廻りを洗浄してからリフトに上げます。

防錆剤とボディの間に水分が残らないよう、
洗浄してから完全に乾かしてからの施工です。

 

車体外装に飛び散らないように紙を貼ります

このお客様はお車を大事にしているので、サビは軽度です(^_^)

 

▼防錆後

これで次の車検までは安心ですね(^_^)

あっ!防錆している作業者の写真を忘れてしまいました(>_<)あははーー

ブレーキドラムを外す(車検)

今日は、車検におけるブレーキ点検の様子をご紹介します。

輝先生のところに行くと、へんな棒っこを持っていました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

👩なにそれ?

これはね、こうやって使うんです。

👩なにそれ~~~!

よし~~っ とれた。

右側は大丈夫だったんだけど、左側がね、錆でくっついてた。

 

▼ブレーキ残量を測る

テスターでの制動確認だけでなく、実際にブレーキを分解してバラした状態でパッドの残量や動きを見ないとね。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

車検の時には、必ずブレーキの点検を行います。

実際の検査では最低限、ブレーキが効いていれば通りますが、

“とりあえず!今、合格すれば良い!”という車検では、現実的に危険なこともありますし、後の整備で余計なお金がかかってしまいます。

車検は、人に例えると「人間ドック」です。

早めの治療で助かることが沢山あります。

無駄に何でも交換する必要はありませんが、きちんと必要に応じた整備をしながら乗っていた方が、新車から廃車までにかかるトータルの整備費用は 圧倒的に少なく済むんですよ。

車の健康を維持できる車検を受けましょうね♪

下廻り防錆塗装

車体のお腹の部分、下廻りを 錆びによる腐食から守るために、

防錆塗装を行います。

わざわざ覗かないと、普段は見えない部分です。

車体のお腹部分は鉄板がそのまま剥き出しになっている所が沢山あるので、

札幌の道路 特に高速道路を走行する車は、融雪剤による錆被害が多く、

整備的にまだまだ乗れる状態なのに ボディの腐食で車検に通らず廃車になってしまうことも。

 

 

そんな理由で、お車を乗り替えたお客様が、下廻りの防錆塗装をしました。

 

入庫になる防錆済み車両のほとんどは、本当に底の部分だけの防錆ですが、

テクニカルオートでは、車がかわいそうなので、

奥の方、脇の方、足回りなど、錆被害の多い部分に

できるだけ細かく塗布してあげるようにしています。

 

“塩害ガード” 塗布の様子を動画で撮影しましたのでご覧ください!

 

あら!顔も防錆しちゃった!

車を長持ちさせる3つの条件

テクニカルオートのお客様の中で1・2を争うメンテナンス王!

実証済みの体験から、

車を長持ちさせるための3つの条件 を、

お伝えします!


その1. オイル交換は定期的に!


エンジンオイルの交換。

とても頻繁に、定期的に訪れるメンテナンスのひとつです。

車にとっての各オイルは、人で例えると血液のようなイメージでしょうか。

その中でもエンジンオイルは、その名の通り、エンジンの中でエンジンの働きをスムーズにするための潤滑油。

普通車は5,000kmに1度

軽自動車は3,000kmに1度が

交換の目安です✨

↓オイル交換、詳しくはこちら

車の血液!オイル交換
https://wp.me/p6IWIN-IR

その2.整備を後回しにしない


2年に一度訪れる【車検】
私たち人間でいう、健康診断です。

健康で長生きするための健康診断。

そこで見つかった、不具合部分は、放置していても自然と直ることはありません。

人と同じで、症状が軽いうちの早めの治療は、料金的にも安価で収まり車の寿命も延ばします。

車検では基本料金と税金などの諸費用が掛かりますが、最低限掛かる料金+メンテナンスできる少しの余裕をもって予算をたてておきましょう。


その3.洗車は下廻りも


車を長持ちさせるために、

実は洗車も大事なんですよ!

洗車の時に是非ともやって欲しいのは、

足廻り、下廻りの洗浄✨

車のお腹の部分は鉄がむき出しになっているところも多く、走行中にいつの間にか傷ついている所も沢山あります。

そこに融雪剤(塩カリ・塩カル)を巻き上げたまま放置すると、大変なことに💀

できれば、こうなる前に下廻りの防錆をしておいた方が良いでしょう。