車の高さと駐車場の高さ

自分の乗っている車の高さ、

知ってますか?

多くの方は、そんなこと、

覚えていないと思います。

私(みちる)も、覚えてません😅

先日、女性のお客様がいらした時のお話です。


駐車場に入ろうとして、何の疑いもなく進入したら、

ガリガリガリッ…😖‼️

恐る恐るゆっくり戻ってみると、屋根がベコベコに😱

車両保険も、車対車の限定保険だから対象にならないし、直さないと大変だし…


結構な広い範囲で傷がつき、伴って屋根が複数箇所歪んで変形していました。

白くしましまに線が見えるところ

みんな傷です。

屋根に写り込んだ電線や社屋が歪んで見えるのは、屋根が凹んでいるからです。

👇

年末に差し掛かり、年内の修理は間に合いません😣

まずは、白く色のついたものを全部目立たないようにして、年明けにお預かりする予定で、応急的にできるところまでの処置をしました。


車検証で確認を


年末年始、お買い物に出ることも多いと思います。

屋根のある所に進入する時は、気をつけてくださいね!

車検証を見ると、

ちゃんと高さが記載されています。


駐車場警備員

おじさんは悪くない⁉️


駐車場のおじさんが、『こっちに入って❗️』と誘導してくれたとしても、うかつに進入してしまわないように、車検証で高さを確認して把握しておきましょうね!

💡気をつけよう💡

駐車場トラブルは、大変です。

保険会社や弁護士さんとお話ししても、最終的には運転者が確認する責任があると言われてしまうため、全額を補償してもらえることは少ないようです。

車検証の元号 令和に

先週、連休明け初の車検で

検査・登録に行ってきました😊

 

車検場はGWはお休みで、

連休を挟んで元号が変わったため、

連休前までに発行された車検証には

車検満了日が令和3年でも『平成32年』と表記されていますが、

5月7日以降発行の車検証からは、新元号表記に変わり、『令和』になりました。

 

発行された車検証には、

『令和』の文字✨

 

時代が新しくなったんだなぁと、
新しい車検証を通して、感じました。

 

当社の令和第1号のお客様は、昭和の時代から御贔屓にしていただいているお客様です。

昭和、平成、令和と、

三つの時代をまたいで長くお世話になっています。

これからも、沢山のお客様に寄り添い、カーライフのお手伝いさせていただきたく思います。

今後ともよろしくお願い致します!