車の下廻り防錆 女子が挑戦

販売車の下廻り防錆。

車体の下廻りがきれいなうちに錆を防ぐ処理を行うことは、札幌ではとても意味のあることです。

この先何年も何年も、出来るだけ長く乗れるように。

車の調子が良くても、錆による腐食で車検を更新できなくなることが多いからです。

 

テクニカルオートのスタッフとプライベートでも交流のある、大切なお客様が、テクニカルオートで車を買ってくれました。

車体の下廻りがとてもきれいなので、

防錆を施すことにしました。

 


下廻り防錆に挑戦


 

今日は、女子スタッフも防錆塗装に挑戦です。

つなぎを着て、防護マスクを着け、しっかりと準備をします。

初めての挑戦なので、セッティングするだけで、わいわいと賑やかに笑笑

 

このマスク、すごいです。

防錆剤が滴り落ちて来ることもあるため、髪の毛も防護します。

結構、大変な作業なんですよ。

 

事前に下廻りは洗浄して、しっかり乾かしてあります。そして、防錆剤が掛かってはいけない場所には専用の紙やビニールで養生してしまいます。

 

車体の下で、太一先生が梨奈ちゃんを指導。

やり方とコツさえ覚えてしまえば、女子はとても丁寧な仕事をします。

 

 

車体の下、2人で同時に施工を開始。

入念なチェックをしながら、車体の底、下から見える骨格の部分、ブレーキパイプ、タイヤハウスなど、年数が経って錆の影響を大きく受ける箇所に、塩害ガードをし〜っかり塗布。

テクニカルオート流の施工です。

 

稼働する部分や熱を持つ場所には塗りませんが、パーツとして交換できないような場所はしっかりと守りました。

これで大丈夫‼️

 

ほっぺを黒くしながら、

『かんぺきです👍』

 

走行中異音 車体の下に何が?

ある日突然、

走ると変な音がするようになり、

走行距離が進むにつれ、

日に日にその音は大きくなっていく…ナンダロウ😧?

とても気になって車体の下を覗くと、車に何かが突き刺さっているようにも見える🤨‼️


このようなお問い合わせで、

車を見せてもらうことになりました。

リフトに上げて、車体を下から見てみると🙄

 

 

あらら。

アンダーカバーが壊れて、裂けています。

 

これが外れて垂れ下がっているのを見て、何かが突き刺さっているように見えたのでしょう。

 

 

ビスが外れていた箇所もあったので留められるところは固定して、変形しているところは簡易修正をして。

アルファロメオのアンダーカバー。

取り換えると高額ですが、今回はこれでひとまず大丈夫👌

道路の雪が溶けたり積もったりで、ザクザクになった時は、車体の下回りも注意が必要です。

ワダチやマンホールに気をつけながら、ゆっくり進んでくださいね!