CX-5 バンパークイック修理

雪山にゴスッ🗯とぶつけてしまい、
フロントバンパーが凹んでしまったんです😢

お話を伺うと、

今年のお正月に当て逃げ被害に遭い、
新しいバンパーに交換し直したばかりとのこと。

お客様は大変ショックを受けていました。

 

高額な修理をしたばかりなので予算が無くて…。でもやっぱり、交換ですよね😢』

 

見栄えさえ良くなれば、とのご要望でしたので、

それなら!

👨‍🔧『ちょっとやってみますか

応急的な直し方ですが、今よりはずっと良くなると思います。まだ道路が悪い状態も続きますので、今日ちょっと直した後、やっぱりどうしても気になるというようなら、春になってから考えてみましょう。


バンパー クイック修理


直すところはここ。バンパーの下側です。

黒色の部分は塗装されていない素材そのものなので、壊れてしまうと交換が必要になります。赤の塗装も大変な色なので、部分的に直すにもディーラーでは断られてしまいます。

バンパーを傷めないように適度な熱で素材を柔らかくしたあと、

凹みや変形した箇所を押し戻します。

 

待つこと15〜20分。

雪山で付いてしまった多少の傷はそのまま残っていますが、遠目から見たら損傷が分からないくらいに👀✨

 

お客様は、

相談に来てすぐに直ると思わなかった!今すぐ払えるような金額で済むなんて!

と、大満足でお帰りになりました😊

 

飛び石傷も要注意!錆が…

気が付けば、いつの間にかついている飛び石傷。

 

 

▼よ~く見ると茶色く錆が出ていて、

▼周りがプクプクと膨らんでいます。

このプクプクしたものは

塗装の下で錆が広がっている状態。

 

飛び石傷がほんの数ミリでも

中の鉄板がむき出し状態が続くと

時間の経過と共に錆がどんどん成長していきます。

 

恐ろしい…(/_;)/~~

 

今回はできる限り費用を押さえたいご要望で、この錆の成長を阻止する作業を行いました!

簡単にタッチアップでは錆の広がりを抑えられないので、まずは発生している錆の除去!

▼こんな感じで錆の除去に成功!!

 

飛び石周りのプクプクした箇所の錆を丁寧に取り除きました。

 

 

次はタッチアップ!

表面を塗料でコーティングしてあげます。

二度塗りで厚く♪

 

ほら! 遠目では目立ちません😊

完成~★もう大丈夫!!

錆は車の天敵です!

発生しないように定期的に観察してあげてくださいね(^-^)