LINEから直接ご予約✨

ここ最近、LINE:メール:アプリ でのお問合せが多くなってきたように思います📨✨

コロナ禍だからでしょうか?

 

もちろん、今まで通りお電話でご相談を頂く事も可能ですが

インターネットからのお問合せの場合、写真の添付も可能となる為

確認がしやすく、お話が進みやすいのです😊

 

今回のお客様も LINEからのお問合せでそのままご予約を頂きました。

 

『目立たなくなる程度の塗装で、安価に仕上げたい!』

とのメッセージを頂いたので部分塗装の方法で行うことに💡

メッセージのやり取りだけで、日程まで決定しちゃいました☺️

 

ご入庫後、修理はいつもの工程で

傷落とし ➡️ パテを塗布 ➡️ サフェーサー塗布 ➡️ 塗装

 

仕上がりはこのような感じに。

納車時はお車の仕上がりを見て

「こんなに綺麗になるんですね!」

と驚きのご様子で、とても嬉しそうでした😆🎉

 

事前にお写真でのやり取りがあった為

初来店でそのままお預かり❗️という方法が可能となり

修理期間も短く済んだ事にも喜んで頂けたようです♬

 

もちろん状態によって、直接お車を拝見させて頂きたいケースもありますが

中々ご来店が難しい方でもお気軽にご相談が出来ますのでお勧めですよ〜👍

 

 

大きなガリ傷😣💦一瞬で綺麗に😄✨

 

いやいやいやぁ💦と、がっかりした様子でご来社のお客様👱‍♂️

どうされました❓❓

とお話を伺うと、ついさっき車を塀にこすっちゃったんだよ〜💦

と、とてもショックを受けている様子。

お車を拝見すると👀

ありゃりゃ😣💦

黒い車にしっかりとした白いガリ傷が😱

 

あと数年乗ったら手放そうと思っていたから予算かけたくない・・

とのご希望で見栄えさえ良くなれば良いのになというお気持ちのお客様💡

 

大きくガリ傷にはなっていましたが、この白い色は塀の色だったので

色を拭き取ってあげるだけでも変わるかも❗️✨

まずは色を落としてみてどんな感じになるか試してみよう❗️ということになりました😊

魔法の液体で拭き拭き👋

一瞬おぉ〜‼️落ちた❗️

と、思ったのですが、

乾くと・・・

色は落ちましたがやはり傷が入ってしまっているので、跡が浮かび上がってきました😢

お客様へ確認して頂き、やっぱりこれじゃぁまだ気になる・・

とのことで、

機械で磨いてあげると今より良くなるかもしれないが

やってみるかどうか💁‍♀️❓と、聞いてみました👂

即決で、『お願いします❗️』

と、引き続き磨きの作業をすることになりました👏

 

コンパウンドとポリッシャーを使って

傷を磨いていきます💡

簡単そうに見えますが、機械の動かし方や力の加減で

全然違う仕上がりになるのとっても繊細な作業なんです🙌

仕上げの磨きの工程を行ったら・・・

ジャン❗️👏✨

傷の跡も目立たなくなりました😄

あとは、深く傷が入り色が剥がれてしまったところ

ここを同じ色の塗料でタッチアップして

隠してあげます🖌✨

この作業は私にお任せあれ✨笑

細い筆で丁寧にタッチアップ🙆‍♀️

そして完成しました🎉

 

Before👇

After


Before👇

After✨

 

ほんの数十分でここまで綺麗に☺️

お客様も、おぉ〜‼️✨これは満足‼️良かったぁ😌

と、ご来社された時の表情とは違い、とても安心したご様子でした🍀

 

お一人お一人に合わせた修理方法で一緒に相談しながら修理のご提案が

できますので、何かと言うことがあればお気軽にお声がけくださいね💁‍♀️💓

アンダーカバー外れかけ💦ボルト揉み出しねじ山修正🙆‍♂️

 

セルシオにお乗りのお客様💡

エンジン下のアンダーカバーが外れかけていて

みて見たところ、アンダーカバーを止めているボルトが何本かなくなっているとのお電話📞

 

実際に来ていただきお車をリフトアップ🚙☝️

本来はアンダーカバーで隠れているはずの部分が剥き出しの状態で

よくみると、錆の影響で数カ所ボルトの頭がなくなってしまっている状態

 

アンダーカバーをきちんと付けるにはこの錆びて朽ちてしまったボルトを

綺麗に取り除く必要があります💡

とは、言っても錆びて固着しているボルトは簡単には外れません💦

 

別日で日程を組み、お預かりさせていただく事となりました 😊

 


 

 

固着しているボルトは

バーナーで焼きながら地道に揉み出し取り除いて

取り除いた後は新しいボルトをつけるため

ねじ山を修正🔩

グリグリ・・・

ねじ山が完成したら

新しいボルトとワッシャー・ナットで取り付けして

3箇所完成

まだ何箇所かあるので続けて作業🏃‍♀️💨

 

無事に全ての錆びたボルトを取り除き

アンダーカバーを元通り取り付けることができました🙆‍♂️

ばっちり隠せましたね👍✨

 

これから雪が降り積もる季節⛄️

車体の下側を保護できるので安心して乗ることができますね😊

 

ハイエース🚙クォーター修理の様子

クォーターに大きな凹みが…😱💦

ご相談頂いたのはハイエースのお客様。

白くて綺麗なお車なので、付着した青い塗料が痛々しいですね…😢⤵︎

 

大丈夫✊ 綺麗に元通りに直せます‼️

 

まずクォーター板金で凹み修正から行なっていきましょう!

 

▼修正する順番はこのようになります。

 

テールランプを脱着し、押されて凹んでいる部分を引き出す所から。

引っ張る際に使用するアタッチメントは、2個装着‼️

テールランプが付いた時に隙間から見える部分も

綺麗なカーブのラインが復元出来るように

ここぞ!という所に装着出来たら 引っ張る作業💨

 

続いてテールの上部も、パネルの端から決めていきます。

 

それぞれのラインが正しい位置に戻ったら

今度は広範囲で凹みがあった面の修理に取り掛かります。

修正する所の塗装は剥がしてしまいますよ。

スタッドプーラーという機械を使用し

ボディの凹凸感を職人さんの手✋で感じながら、点で修理をしてきます。

 

こうしてそれぞれの位置が正しい形状に戻った様子がこちら💁‍♀️

 

ここからは塗装屋さんに交代です♻️

 

塗装を剥がして剥き出しになった鉄板(銀色の部分)は

プライマーという防錆効果があり、なおかつ上色との密着性を高める効果のあるものを塗布。

そしてパテで肌作り!

それぞれ、まっ平に研いでクォーターの表面を再現。

 

研ぎ終わったら、サーフェーサーを塗って、また研いで塗装前の処理を。

本来、クォーターガラスもスライドレールの所も

外して塗りたい所ですが、今回はご予算重視で取り外さない方法であった為

塗る範囲以外はしっかりと養生して、脱脂をしたらいよいよ塗装

 

塗装後は仕上げ磨きをして

納車前には感謝の気持ちを込めて、内外装をピカピカに😊🧼

 

こうして出来上がったお車はこちら👇

 

 

お車の引き取りにはご家族で来店くださいました♬

綺麗に仕上がったお車と一緒に記念撮影📸❗️

仕上がりにもご満足頂けて、とても嬉しい納車となりました🤗

 

いつの間にか広がっていた錆👀

 

気がついた時には錆びてきて・・・

スペーシアのサイドシルの上部と耳の部分の塗装が割れ鉄板が剥き出しになって

しまった箇所から赤茶色の錆が発生していました😣

▲この位置です💡

おそらく乗り降りする際などに引っ掛けてしまったり

縁石にひっかけてしまったりして傷が入ったのでしょう・・😭

 

▲アップにするとこんな状態です。

 

今までにもご紹介させて頂いた通り、

サイドシルは簡単に交換できるパネルではありません💦

ご予算的にも大きくなってしまう・・

ただ、今の状態であれば深いところまではまだ錆は広がっていないであろう👨‍🔧💡

 

といったところでお客様をご相談の上、

今回は、錆びているところを削り落とし部分的な塗装をする形での修理に決定☺️🙌

 


 

ベルトサンダーを使用して錆びているところを削り落とします💡

できる限り錆の再発を遅らせてあげるため丁寧に取れるところは綺麗に

 

削り落とした後にはたっぷりエポキシの防錆剤を塗布して

外側からの刺激をシャットダウン⚡️

しっかり乾燥させた後には

板金パテ&仕上げパテをのせ形を整えたら・・

このような感じです😊

耳の部分が見づらいので拡大🔍👀

 

その後は塗料の密着の効果をアップさせることと防錆の効果もある

サーフェーサーを塗ってあげます🙌

これで塗装の準備完了👍✨

あとはボディ色に色を吹き替えて、クリアを吹きかけてあげたら・・・

出来上がり☺️🍀

 

知らず知らずのうちに傷つけてしまっていて気がついた時には

広範囲で塗装が割れていることも多くあります💡

これから冬を迎え、下廻りを擦ったりぶつけてしまうことも多くなってくる時期😱

何事も早期発見が良いので、

洗車の際や、ふとした時にご自身のお車を覗き込んでみてチェックしてみてくださいね☺️✨

エクストレイル傷修理❷

昨日のブログの続きです

 

後は凹みを直して塗装です。

ご自身で直すきっかけとなった所や、あちこちに飛び石傷を発見🔍👀

せっかくなので、一緒に直しちゃいます💪

 

サフェーサーを入れて

塗装をしたら、完成ーーー🎉✨

艶々で綺麗な仕上がりです😊

 

最初からお願いしておけば良かった!と仰ってはいましたが

綺麗になったボンネットを見てとても嬉しそうなご様子でした😆😀

お任せ頂き ありがとうございました🙇‍♀️

 

ご要望があれば、補修の仕方も掲載しますよーー👍

 

エクストレイル傷修理❶

ボンネット塗装の件でご来店頂いたお客様。

 

傷が出来てしまった事をきっかけに、修理に必要な工具をひと通り揃え

ご自身で何度か修理をやられてきたそうです

ご自宅のカーポートの周りもぐるりと囲って ブースのようにして修理をされていると伺った時には

本格的で凄いな〜とも感じました👀‼️

 

お客様がチャレンジして修理したエクストレイルのボンネットですが

修理が上手くいかず、ご自身でどうにも出来なくなってしまった…と helpのご依頼となりました。

 

ボンネットの状態を確認!

全体が傷だらけで艶がなくなっています😱

 

パテが付いていそうな箇所があるのでサンダーで研いで見ると…?

サフェーサーが出てきました!

もう少し削るとパテが出てきます。

 

しかしこの黒色何かがおかしい‼️

400番の黄色ペーパーをサンダーに付けて研ぐのですが

ペーパーに黒色のダマができて削れなくなります😱

これは塗料が何らかの理由で硬化していない状況😅

市販の塗料を素人さんが使った時に、たまに見かける光景です。

極端にイメージすると、固めるテンプルで固めた油みたいな状態。

想像出来ましたでしょうか?

 

塗料が完全硬化していないので、簡単に傷も入る上に

シンナーで拭いてみると秒殺で黒色が取れていきます😱

 

このままでは塗装出来ないので全部塗料を取ります!

この作業がとても大変😭

剥離材をたっぷり付けて剥がしていくので、床に墨汁のような黒色が広がっています。

新車の塗膜はこのような剥離剤で 溶け出す事はありませんのでご安心くださいね💡

 

ふー😂💨

30分以上もの時間が掛かってようやく綺麗に取れました。

 

作業の続きは明日のブログで👋😊

BMW サイドガーニッシュ修理🙌

 

今回はBMWのお客様から修理のご相談です💡

サイドガーニッシュにガリっとした傷が💦

▼拡大

 

ご自身でタッチアップをしてみたものの

やはり目立つので綺麗にしたいとのご要望でした💡

サイドガーニッシュ1本を塗装するよりはお色もパール色のため

ご負担的には部品を調べてみて交換の方が良いかも🤔

と言ったところで

❶サイドガーニッシュを交換する方法

❷修理をして塗装する方法

の2パターンで考えてみました💡

 

お調べした結果、新品は未塗装品ということがわかり

交換に際してはクリップ類が複数必要・・・

BMWなのでクリップといっても一つ一つが高めの設定・・・

というところで、

デメリットとして、部分的に塗った箇所との境目がもやっと出てくることもご了承の上

今ついているガーニッシュを外さずにガーニッシュの半分あたりで部分的な塗装をすることで決定しました🙆‍♂️

 


 

まずは深く入っている傷を研磨し落としていきます💡

他の部分に傷が入らないようマスキングをして😊

削り落とした後はUVで硬化する

サーフェーサーを吹き付けて💨

同時進行で、お車のお色に合わせて塗料を作るため調色の作業をします🙌

太陽の出ている天気の良い日に合わせて工場の外へ車を出して行います💡☀️

塗装の下準備が完了しました🙆‍♂️

ブースの中へ入れて紙貼り&ビニールで養生して

塗装をするのはこの範囲☝️

うまくぼかしながら塗装をかけます☺️

修理完了🤗❗️

 

以前は別の車両でご入庫頂いた事のあったお客様😊

このお車がとても気に入っていて綺麗に乗ってあげたいんだ〜と大切にして

いらっしゃいました💓

ご満足のいく修理になったようで、何よりです☺️ありがとうございました💓

信頼出来る工場に任せたい!

「信頼出来る工場だと思ってお任せしました」

と先日納車のお客様からのクチコミで 大変ありがたいコメントが👀✨

ありがとうございます🙇‍♀️

 

お預かりした車両はというと、BMWのミニ🚗

右後ろのドアからクォーターにかけて

傷が広範囲で付いている状態です。

 

費用を少しでも抑えたい!と言ったお話を伺っていた為

本来、取り外しが必要となる各パーツは

最小限の部位だけにしました👍

 

——————————————————

🔶板金編🔶

さぁ、板金の作業です🔨

 

アーチモール(グレーのパーツ)は取り外し。

こちらは素材の問題で、傷修理をする事が出来ないので

新しい物と交換してしまいます

ちなみに他社では、この部分は交換不可と言われたそうです😵💨

 

キャッチも取り外したら、ドアとクォーターの凹みは

凸凹している箇所を手のひらの感覚で探って✋👀

修正が必要な箇所を事前にマーカーでチェック✏︎

 

修正する箇所にはハンダでアタッチメントをつけ、あとは引っ張る‼️

 大きな凹みはこのように修正されます。

 

そして、細かな部分までも修正し終わった様子がこちら👇

 

この後は塗装屋さんにバトンタッチ♬

 

——————————————————

🔶塗装編🔶

板金で直した箇所は研いで、滑らかな肌を作っていきます。

パテは出来るだけ薄く丁寧に

色をかける所は全て、塗装の密着性を良くするために研いでしまいます。

 

パテの作業が完了したら密着性を高める効果+防錆効果もある

サーフェーサーを塗布🙆‍♂️

この段階で、もう形は出来上がっています。

完成まであとちょっと‼️

 

お車はブース内へ移動🚗💨

周りは色が入ってしまわないように、紙とマスキングで養生をしたら

最後に塗装🌈

仕上げに磨きをおこなったら…

 

完成です💁‍♀️🎉

 

お見積もりでご来店頂いた時には、どのような修理が良いのか

お迷いになっていたご様子ではありましたが

納車時は、お車の仕上がり具合を見て大満足のご様子🤗♬

 

ここなら任せられそう!と信頼してお任せ頂いたのは

大変ありがたく、とても嬉しいご依頼でした。

ご入庫ありがうございます🙇‍♀️🍀

N-BOX🚙 バンパー〜フェンダーにかけての擦り傷

ホンダ N-BOXをお預かりさせて頂きました。

バンパーとフェンダーにザリザリとした傷があり

ご自身でタッチアップをされたような跡がありました。

 

修理方法は色々ありますが

ご予算や仕上がり具合など、何を優先したいかは人によって様々です。

 

色々お打ち合わせさせて頂いた後

費用を少しでも抑える方法で施工することに決定となりました⭐️

 

まずはタッチアップされた箇所を全て落としちゃいます🧼

 

綺麗になったところで、今度はいつものように下地作りへ。

傷を綺麗に研いだらパテで補修。

最後にはサフェーサーで塗装前の仕上げを。

 

塗る範囲としては、このような感じ👇

色をかけない所は全て、紙とマスキングで養生しています。

 

こうして塗り終わったお車がこちら💁‍♀️🎉

いかがでしょう?👀‼️

 

色違いとかも全然無いし、凄く綺麗ですね!!

とお客様は大絶賛してくださいました😆👍

 

ご満足頂ける仕上がりとなって嬉しい限りです♬

 

ありがとうございました🙇‍♀️