デントリペアで直したい!

ドアに出来てしまった凹み。

 

凹みは不思議な事に、一度気になってしまうと

ず〜っとその部分だけが目に止まります😱

 

近くで見るとこのような状態。

結構大きい凹みですね。

ラインの上下にまたがって、縦にチョップされたような凹みです。

今回のご相談は、この凹みを デントリペア で修理をしたいといったお話でした。

 

う〜ん…🤔

デントで綺麗に出せるのは『えくぼ』くらいの大きさです。

エクボ凹みというのは、定義はありませんが、

おおよそ、直径が1cmに満たないような大きさの、薄い凹みのことです。

 

今回のように えくぼより、かなり大きい凹みをデントで直すには、至難の業。…というか、直す道具の種類が違う。

お父さんの大盛りカレーライスを、コーヒースプーンで食べてね🥄と言ってるような感じ?

なんか違うかもしれないけど、笑笑

何にせよ、板金で直す大きさの凹みを、わざわざデントリペアでは直しません。

 

他の凹みも多数あったため、板金修理でお直しした方がドアのモール下全体が綺麗に直るし、その方が安いかもしれないと何度もご提案もしましたが、どう〜しても、1日で何とかして欲しいというご要望でした。

 

通常、このような状態でのデント作業は行っていません。

ですが、『どうしても❗️』とご相談頂きますと、なんとかしてあげたくなるのが テクニカルオート💪😤

まず、やってみましょうか。という話でデント作業を行うことに。

 

まずはドアの内張りを外して!

裏側から凹みを押しあげる作業から⚒

ドアの内側、ドアの外側、何度も何度も確認しながら少しずつ、なぞるように押し出します。

凹みを出した後には、周囲の出っ張った部分を叩き落とし平らにしていきます。

ボディに傷はつきませんので、ご安心を✌️

 

表面を磨いてあげて

 

このような仕上がりに✨

 

角度を変えてもう一枚📸

 

こんなに綺麗に仕上がりました🙌🏻😊

まだまだ、その部分も他の箇所にも凹みは残っている状態ですが、

お客様は『想像していたよりずっときれいになった!!』と、とっても喜んで頂くことが出来て、

私達もほっとしました🎵

 

でもね、こういう時は本当に、

板金の方が良いです笑笑

ドアの凹み デントの裏技!?

先日、ジャガーに乗ったダンディなお客様が

ドアの小さな凹みの相談に来て下さいました。

 

一度、近郊のデントリペア専門店にお願いした時に、フェンダーは綺麗にしてもらったけど ドアはギブアップ!と言われたそうです。

デントの道具が凹み部分に当たらないと、どうにもこうにもなりません。

聞くと、そのデントリペア専門店の担当してくれた方は、デントリペアの競技大会で全国8位になった成績の持ち主とか‼️

その人、すごいなぁ〜✨

 

テクニカルオートのスタッフもね、

デントの技術を持ってはいますが、

ココというときには救世主が居るんです。

諦める前にもう一度‼️

 

日程を改めて、挑戦です😁

凹みはここ!ポツッと、わかるかな?

ドアの内張りを外して、いつものように凹みの裏側を攻めてみましたが、プラン変更🤔

取り出したアイテムは

なんだこれっ😳ちっこいの

 

凹みのピンポイントに、専用の接着液を付けてこのアイテムを吸着!

引き出し板金ならぬ、引き出しデント!

 

着けては引き出し、2度、3度…。

少し勢いをつけてスポッ

糸をつけてクイクイクイッ

 

 

簡単そうに見えますが、鉄板の戻り具合を見ながら、微妙な加減をしながらの高い技術が必要です。

 

そして、ほとんど目立たなくなりました✨

施行中の集中モードの時はみんな真剣な表情ですが、

作業が終わった瞬間は、

テクニカルオートのスタッフも

すごーい🙌 おぉぉぉ👏 わーい✨✨ と

賑やかでした。

 

『やっぱりどうしても気になってさ…』と言っていたお客様も、とても喜んでいただき、笑顔でお帰りになりました😆❤️

 

デントリペアでご満足頂けたので、

車のボディにも、お財布にも、優しく完了😊

良かった〜!

いつも、ブログを楽しみに見てくれて

ありがとうございます😊😊😊

ドア凹み デントリペアに挑戦

ドアについた一点の凹み。

うっすら小さな点の凹みは、

『えくぼ』と呼ばれています。

笑った時、顔にできる『えくぼ』は可愛らしく、チャーミングな印象ですが、ドアのえくぼは…ちょっと💧可愛くない😩

この一点の凹みを直すために、ドア一枚を大掛かりに修理するのは、『何とかならないのかなぁ⁉️』と思ってしまいますね。

そこで!

今日は塗装なしで直す方法。

ご紹介します。

この度、遠路はるばる 流氷の様子がニュースになっている、オホーツク地方から5時間かけてお越しいただきましたお客様。

北海道は広いので、オホーツクから札幌までの距離は、おおよそですが、東京から愛知県まで行ってしまえるくらいの距離です。

見せてもらった凹みは、

👇こちら

えくぼと呼ぶには少し大きい💦

凹みも深めです。

そして、ここの部分は微妙~に、ドアの内側に骨格が入ってる部分に少し掛かっています。

どのように直すのか?

ドアの一部を外し、隙間から工具を入れて、ドアの内側から凹みを押し出す方法。

デントリペアです。

光を当てながら、傷の箇所を確認し、ゆっくりゆっくり、少しずつ丁寧に戻します。

凹みが上手く出しにくい時は、少し温めながら。

途中経過です。

ほぼ、分からないくらいになりました。

作業自体が職人の目からは、

いや~…どうかなぁ?とイマイチな反応ですが、

ドア一枚を塗るような大掛かりな修理をせずに、この仕上がりは、

お客様も大喜びです😄

スライドドアの凹み リペアで

アルファードの若い男性のお客様。

 

『車のスライドドアの凹みを直したくて、リペアで直るかどうかと相談に来ました。』

ドア縁から2~3cm内側、ちょうどヘミング部分から外れたかどうかの位置です。

ん~っ 微妙~っ きわどいけど、できるかも!?

リペアとは、塗装を剥がさず、塗らず、板金もせず、鉄板の内側から凹んだ部分をピンポイントで元の位置に押し上げる技法!

料金的にも大変安価で済みますし、修理時間も短い!

本当に薄く小さくゆるりと凹んだ場合にのみ使える修理方法なのです。

 

そんなお話をして、代車を用意して後日お預かりすることになりました。

どちらから?

『留萌から来ました』

え~~~っ 留萌からわざわざ!?

 

そして、この凹みができてしまった理由・・・

『おじいちゃんが、車に手をついたときに、多分袖のボタンが当たってしまったんだと思うんです。

でも、おじいちゃんかわいそうだから、凹んだとも直すとも言えなくて・・・』

 

なんて心の優しいお孫さん!!!!!!

 

バンパーの色も塗り直してほしいご希望もありましたので、

お預かりするときは、本当に喜んでいただけるように、努めますね!!

 

遠いところから、わざわざ足を運んで来てくれて

ありがとうございます!!😊