ドア凹み デントリペアに挑戦

ドアについた一点の凹み。

うっすら小さな点の凹みは、

『えくぼ』と呼ばれています。

笑った時、顔にできる『えくぼ』は可愛らしく、チャーミングな印象ですが、ドアのえくぼは…ちょっと💧可愛くない😩

この一点の凹みを直すために、ドア一枚を大掛かりに修理するのは、『何とかならないのかなぁ⁉️』と思ってしまいますね。

そこで!

今日は塗装なしで直す方法。

ご紹介します。

この度、遠路はるばる 流氷の様子がニュースになっている、オホーツク地方から5時間かけてお越しいただきましたお客様。

北海道は広いので、オホーツクから札幌までの距離は、おおよそですが、東京から愛知県まで行ってしまえるくらいの距離です。

見せてもらった凹みは、

👇こちら

えくぼと呼ぶには少し大きい💦

凹みも深めです。

そして、ここの部分は微妙~に、ドアの内側に骨格が入ってる部分に少し掛かっています。

どのように直すのか?

ドアの一部を外し、隙間から工具を入れて、ドアの内側から凹みを押し出す方法。

デントリペアです。

光を当てながら、傷の箇所を確認し、ゆっくりゆっくり、少しずつ丁寧に戻します。

凹みが上手く出しにくい時は、少し温めながら。

途中経過です。

ほぼ、分からないくらいになりました。

作業自体が職人の目からは、

いや~…どうかなぁ?とイマイチな反応ですが、

ドア一枚を塗るような大掛かりな修理をせずに、この仕上がりは、

お客様も大喜びです😄

中古車を買ったら煙が出た件。

先日、初めてご利用いただくお客様から、一台の車をお預かりしました。

クーラントが吹き上がり、
オーバーヒート寸前の状態でご自宅に置いてあるとのことでしたので、搬送車で引取です。

お話を伺うと、
車を購入してからまだ間もないそうですが、アイドリング中にボンネットから白い煙が出てしまい、レッカーを依頼して帰ってきたとのこと。

気になってボンネットを開けてみると、明らかにラジエーターのあたりからの水漏れが‼️

どうしたら良いかと思い、保証が効くかどうかもわかりませんでしたが、とにかく直したいので、車を購入したところに連絡をしてみたそうです。

ところが、電話を掛けても一向に出ない😣

そうしているうちに、

1カ月または1000キロ走行迄の保証も切れてしまい、泣く泣く自費の修理を決断。

そこで、

『テクニカルオートに相談してみよう。』

と、ご連絡くださったそうです。

ん?????

初めてご利用いただくのに、

テクニカルオートに相談してみようって、

ん??????

なんと‼️

5年前、インターンシップで職業体験に来たあの時の‼️‼️

しかも、ついこの間、同期の方がお見積にいらしたばかり!😆✨

なんという偶然でしょう。

当人同士は、隣のクラスだったため、連絡は取り合ってはいないようでした。

私たちも勿論、トラブルには遇いたくありませんし、今回のような出来事は、なんだかモヤモヤするような気持ちになってしまいますが、

でも!

困ったときに頼りにしてもらえたこと、

そして、大人になって社会で活躍している彼等にまた会えること。

それは間違いなく、嬉しいことです。

これからも、遠慮なく

おじさんたちを頼ってくださいね~‼️

せっかく一所懸命働いたお金で、

気に入って買った大切な愛車です。

安心して長く乗って頂けるよう、

お手伝いをさせて頂きますね!

それにしても、

中古車やさん……💧

残念です。

売ってしまったら、あとは知らないなんて

そんな無責任な大人は、だめですよ~!😡