バンパー凹み 炙り出し

バックした時に、ぶつけてしまったんだ😩

『ディーラーでは、簡易的な修理は保証できないから部品を交換して直さないとならないから料金が高くなるって言うものだから…。』

と、近所に住むご年配の方がいらっしゃいました。

 

リヤゲートに傷と凹み、リヤバンパーは右角がボコッと凹んでいます。

 

 

確かに、新品部品交換で直すと予想以上に高額です。

 

自費で安価で直したいご要望なので、車を見ながら相談です。

 

リヤバンパーは部分的に直せます。

リヤゲートは中古を使って直すか、板金で直すか、どっちがいいかな?

 

話していると、

『友達が、シルバーマーク付けて隠せって言うんだわ。』

 

それなら!と提案した簡易修理の方法。

 

リヤゲートはタッチアップして、

リヤバンパーは凹みだけボコッと直して終わりにしましょう?

傷は直らないけどね!

 

『それで良い‼️』ということで

やってみました😁

凹んだ箇所のバンパーを、専用の工具で熱をかけ、柔らかくして、バンパー裏側から押し出して形を戻します。

うまく、形を戻したら、

傷の部分を綺麗にしてあげて、

リヤゲートも、傷の部分を少しきれいにしてタッチアップ✨

これで簡易的な修理完了!

どうですか〜?仕上がりは!

 

バンパーを炙り出している様子を、

動画で撮ってみました😄

↓YouTubeです↓

 

お客様も、お待ちの間にご満足いく仕上がりと料金でとても喜んでお帰りになりました!

 

今度はボンネットの凹みも直したいとか。

それは、リサイクル品を探してみましょうね!