やりがいのあるお仕事!

右後方損傷のカルディナをお預かりしました。

 

リヤのバンパーは損傷状態を確認する為に外していますが

フェンダーの形がいびつにベコベコ凹んでしまっています。

 

 

これだけ凹みや変形がある場合

『フェンダー交換』という判断になります。

 

当初の見積りも『交換』で作成していました❗️

 

ですが…。

いざ部品の注文をしようとすると、この部分のパーツが【廃盤】になっているとの情報が😱💥ガーン

 

それならば‼️

とエコパーツを調べて見ることに🔍👀

 

この部分のパーツは車体に溶接で取付けてある為

他のネジで止めるようなパーツのように簡単に取り外しも出来ず

通常は販売される物ではありません。

 

交換したい!けど部品が手配出来ない!と言った状況だった為

いつもお世話になっている部品屋さんに相談。

 

この位置でカッティングしてほしいと言うイメージを伝えて✌️😄

 

担当の方も全力を尽くしてくれましたが…

残念ながらこちらも良品は無かったようです💦

 

 

それならどうしよう??🤔とスタッフ同士で打ち合わせをしました。

 

…手配が出来ないなら直すしかないっ!!!✨

と満場一致で修理をする事に決定 🎉

 

 

損傷状態を近くでよ〜く見てみるとフェンダーが切れていたり、折れていたり…

内側のホイールハウスにも大きな変形がありました。

 

まずは、板金作業で形を元に戻してあげるところからスタート🔧

 

形を整え終わると、バンパーを取り付けする為の部品(ブラケット)を付け

何度も何度も微調整を繰り返します。

少しでもズレてしまうと、バンパーの取り付けが上手くいかなかったり

フェンダーとバンパーとの隙間が均一では無かったり…と見栄えが悪くなってしまう原因にも☝️

 

下地処理前の段階でもパテをつけると厚みも変わってくるので

ここでも少しずつ調整を加えながら👍

 

 

錆が発生しないようにする処置も入念に!!

 

最後に塗装 → 組み付けをして、このように🤗

 

 

凄くやりがいのあるお仕事でした🎵

エブリィ クォーターパネルの修理 ~塗装編~

先週、ハンダの引き出し板金を紹介したエブリィのクォーターパネル こちらの記事✏

今日はその続きで、塗装やさんへ移動🏃‍♂️

 

板金やさん、素晴らしい✨

板金の技術で車の形状をきれいに戻し、きちーんとラインが出ています。

パテでゴマかす必要はない最高の仕上がりです✨

UVの仕上げパテ1回で形が出来ました。

 

板金屋さんの素晴らしい技術が一番わかるのが塗装屋さん✨

仕上がってしまうと見えなくなってしまう部分なので、中古車販売などでは、この板金技術をパテでごまかしていることもよくある話。錆や凹みが隠されているのを分からずに後から残念💦ということも。

 

板金技術が良い仕上がりだと、

その後の塗装に至る工程も早く、美しく、

更にはお客様に戻った後も良い状態が長続き!と、全てが上手くいきます。

今回も『板金100点◎』と

塗装屋さんから満点が出ました👍☺

 

▼塗装前の下地処理

プライマーで剥き出しになった鉄板を覆い、UVパテで仕上がりのラインを整えます。

 

サーフェーサーを塗布し、塗装範囲も塗る準備😉

 

クイックベースで塗装前の下準備は完了!

 

▼最後に、塗装。

 

個人的にですが、もし私も自分の車が今回のようにクォーターに損傷を受けてしまった場合、

クォーターの交換ではなく、

迷わず『板金修理』を選択します。

可能な限りクォーターは板金で!

因みにクォーター交換をすると、『修復歴あり』『事故車』扱いとなります💀

 

板金と塗装両方の技術が伴ってこそですので、もし皆さんがどこかへ修理を依頼する時は、なぜ、どのように、というしっかりした説明ができるところにお願いしましょう✨

エブリィ クォーターパネル板金修理 ~板金編~

追突事故でリヤゲートが押され、

クォーター(リヤフェンダー)が大きく変形している

スズキのワンボックス エブリィ🚙

 

 

リヤゲートは、真後ろからの衝撃で全体にゆがみが大きく

交換となる為、新品の部品を手配します。

クォーターの損傷範囲も広く、車両販売店などでは「交換」と言われてしまう状態です。

『交換』と判断することは出来ますが、

テクニカルオートでは、損傷を受けた場所と状態を確認したうえ、

車にとって良い方法を選択し、出来る限り板金技術にて修理をしています。

 

👩🏻‍🦱『ディーラーで交換しなきゃだめって言ってるのに、板金で大丈夫なのぉ?

後から変にならない?😟🤔?

交換して欲しいんですけど✋』

 

🧑🏻‍🔧「奥さん、ソレダメ~✖✋」

 

クォーターを交換するには

ボディの一部をカットして溶接で繋ぎ合わせる必要があります。

クォーターを新しいパネルに交換した直後は良いのですが、

溶接の際、鉄が溶けるほどの高温で繋ぎ合わせる為、

熱により鉄の性質が変化して、将来的に錆発生の原因となってしまいます。

しかも、修復歴あり(完全な事故車扱い)となってしまいます。

 

きっとまだまだ長く乗りたい予定の大切な車のはず!

錆のリスクはできるだけ避けたいです。

 

いずれにしても修理に関する技術としてはプロです!ご安心を✨💪

 

 

◆車修理は作業前の確認から◆

まずは損傷のあるリヤゲートを取り外し、

新しいリヤゲートパネルを取り付けた状態で

クォーターの損傷具合がどの程度なのか変形具合を確認!

 

 

クォーターの縦のラインが弓形に押されて

膨らんでいるのがわかります。

▼▼▼

 ▼ちょっと角度を変えてみるとこんな感じ

 

このラインは綺麗にお直しする必要があります。

◆クォーター板金に進みます◆

まずは、バックピラーとクォーターを

無理のない程度に 少しずつ車体後方に引っ張る作業!

このような修理の時には半田を使用して引出し板金をします。

鉄を溶かさず、鉄と工具を溶かした半田を用いて接着し、

複数回に分けて引っ張り出す修理方法です。

 

以前、茨城から北海道まではるばると来ていただいた

板金の巨匠!高田さんが「鉄と仲良くなれ!」と言っていました。

高田さんに教えて頂いた、鉄(車体)にやさしい技術が大活躍しています!

 

鉄板が薄いので慎重に!!
何度もラインを確認しながら進めていきます。

 

 

かなり良い感じに仕上がりました!

 

▼真後ろから撮った写真を見比べてみると、その変化がわかります。

膨らんでいたところが、引っ込んでスリムに♫

ピッタリ納まっています。

 

▼真横から見ると

 

この後は、塗装屋さんの出番です😊

 

塗装前の下地づくり ~ 塗装作業 に続く…

  NEXT ⇛