マフラーから水が… これは異常?

整備の工場に足を運ぶと

ブーンブンブン🚗💨

とアクセルを踏む音と共に変な音が👀💦

 

🙍‍♀️『どうしたんですか?』

 

👨‍🔧『マフラーに水が溜まってるわ』

 

と車の後ろの方へ周ってみると…

 

こんなに???というくらい水が出ていました。

 

 

写真は、マフラーに溜まっている水を排出させている様子です。

 

💡なぜ?

ガソリンが燃焼する事によって水蒸気が発生し

それがマフラー内で結露して水になり溜まってしまっていた模様。

 

マフラーから湯気のように出ているのも同じ原理です🤓❗️

 

マフラーの構造の問題だったり、ちょこちょこ乗りを繰り返し行っていると

なかなか排出が上手くされず、このような現象が多く見られます。

 

でも大丈夫🙆‍♀️

突然、目にするとビックリしてしまうかもしれませんが

異常事態ではありませんのでご安心ください♬

マフラー排気漏れ 中古で交換

ノアのお客様がマフラーからの異音ということでご来店されました。

すぐにリフトに乗せ、下から覗いてみます。

どこからの排気漏れかな??

ドクターが不具合箇所を探し出します。

発見!!後ろのマフラーが折れています。

こちらから排気漏れしているので音が大きく感じたんですね。


◆交換作業に密着◆

部品を手配し、いざ交換作業へ。

まずは壊れているマフラーの取り外しから。

取り付け部のボルト類が大きく錆び付いていると

中々簡単に外れてくれません。

 

今回は中古の部品を使用しています。

↓これはマフラーガスケットです。

マフラー同士の接合部にこちらのガスケットを挟むことで、排気漏れを防ぐ

言わばゴムパッキンの役割を果たしています。

その重要な役目を担うガスケットを装着!

いよいよ、本体を取り付けします。

支える人、固定する人。二人で協力。

一箇所ずつ丁寧に固定していきます。

完成しました!!

音も静かになり、これで安心して走行出来ますね♪

マフラー交換は純正新品はもちろん、社外品や中古品でのご用意も出来ます。

状態によっては溶接修理が可能なケースもございます。

この先お乗りになる年数やご予算に合わせ、ご提案出来ればと考えておりますので

音に変化を感じられた時には是非ご来店頂ければ嬉しいです(^^)

マフラー持込 素敵な後ろ姿😊

パーツ持ち込みで、交換作業のみお引き受けしました。

マフラーの交換です。

一番後ろのマフラーカッターかな?と思ったら、あら。なんと本格的な。

ちょっとお時間いただきます♪

下廻りの部品は、サビによる腐食で外れにくくなっていることが多く、固着していると大変です。

また、マフラーとは限らず

社外部品を付ける時は、

“着くことは着くけど、ちょっとここ干渉するよ” とか、

“ピタッと隙間なくとはいかないよ”

“重さに耐えられないよ”

…なんていう事が、とても多いです。

でもね、それでもね、やっぱり

カッコ良くなりたい✨

だって、ほら! いい感じ😊

完成〜〜〜〜!!✨

パーツは、お客様がネットで購入。

大きなもので受け取りや持ち込みにご不便な時、テクニカルオートに直送のご相談も承りますのでお気軽にご相談くださいね!