レクサス ハイブリッドバッテリー交換②

昨日ブログの続きです🗒

 

お次は取り外しの作業‼️

こちらのお車のバッテリー…

実はすご〜く重くて、大人2〜3人もの力が必要になります💪

 

取り外しが完了すると、こんなにスッキリ✨

 

そして取り外したパーツと新たに準備していたパーツはこんな感じ👇

 

新品部品には細かい部品が付いてこないのでそれらを移設していきます。

▼こんなにも沢山

▼正しい位置にセッティング

 

そしていよいよ車両に搭載✨

 

 

この後は、システムに異常が無いかの確認を行い、問題が無ければ

室内とトランク内のそれぞれ取り外したパーツを元に戻して完成✌️😊

 

最終確認をして、無事にお客様の元にお納めすることが出来ました♬

レクサス ハイブリッドバッテリー交換①

『ハイブリッドバッテリー交換するのにいくらかかりますか?』

と近年、多くのお問い合わせを頂いております。

 

ハイブリッド車には、高電圧でモーターを駆動する為の『メインバッテリー』と

普通のお車と同様のバッテリー『補機バッテリー』がついています。

 

ハイブリッドバッテリー=メインバッテリーですが

交換は金額的に高額修理隣、作業的も容易ではございません。

その為、作業をするか否かお迷いになる方も多くいらっしゃいます。

 

─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・──・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─

 

今回はレクサスのお客様からのご依頼でした。

 

メーター内にいつもと違うメッセージと各ランプが点灯してご来社頂きました。

 

 

専門のコンピュータを繋げて診断をしたところ

ハイブリッドバッテリーの交換が必要との判断に。

 

部品を準備 して、いざ交換‼️

 

メインバッテリーに辿り着く為には、トランクルーム内のカバー等一つ一つを

外していきます。

 

 

▼姿は見えました❗️

 

ですが、取り出すにはまだまだ〜😵

 

今度はこのリヤシートを外していきます。

 

 

この作業が意外と大変💦

 

 

▼座る部分を外して

▼背もたれも外れました

 

室内側からも配線等を徐々に外していき、やっと本体を覗けるまでに‼️

 

 

 

この後はいよいよ取り外し…

そして取付の作業🛠

 

明日に続きます🙌🏻

 

ハイブリッドバッテリー交換

アルファードハイブリッドのハイブリッドシステムは車の停止中、エンジンを停止し、発進時はモーターのみの駆動で車を動かすシステムが採用されていて、 年式が古くなるとハイブリッドバッテリーの蓄電量が少なくなり、ハイブリッドシステムの作動が上手くいかなくなったりします。

そのハイブリッドバッテリーがある場所は?

運転席と助手席の間のコンソールボックスの真下です!

😮‼️

ということで、

シートやコンソールを外していきます

▲結構、大掛かり。

やっと出てきました。

▼これがハイブリッドバッテリーです!

絶縁手袋をはめて、

▼感電を防ぐ為に、コネクターを外して放電させます。

▼外したハイブリッドバッテリー

▼新品のハイブリッドバッテリー

これ、重さが60キロあるんですよ!

絶縁工具を使用して補機類を移植して取り付けていきます!

.

.

.

.

取り付けて終了です!

.

…ちなみに、

ハイブリッドのバッテリーを交換すると30万くらい掛かってしまうんですよ😲