フリードドア&サイドシルの板金塗装

ドアとサイドシルの凹みでご入庫頂いたフリード🚗

 

ドアもサイドシルも浅い凹みではありますが

サイドシルの方は、その凹み位置がラインの部分に掛かっている為

ラインを出してあげないと凹みが綺麗に直りません。

 

ハンダ溶接で上手くラインを出していきましょう☝️

綺麗に出ました👏

 

続いて塗装前の下地処理。

▼サイドシル

 

▼ドア

 

この後は塗装。

凹みやラインが板金で綺麗に出せると塗装も小範囲で済ませることが出来ます✨

 

今回も大成功で終える事が出来ました!

ワーゲン ポロ ドア板金修理

ドアの凹みで来店されたお客様。

お車をお使いの予定があり、それまでに修理をしたいとご相談を受けました。

 

何とか間に合うようにしてあげたい‼️

ということで、お預かりをし短い期間ですが修理を行うことに😁

 

お車の損傷具合は、フロントドアが変形している状態。

ちょうど、プレスラインに掛かっている損傷ですが

このプレスラインを上手く出せば修理の時間も短く、そして範囲も小さく済みそうです。

 

歪みなく自然な仕上がりになるように修理をしていきます。

 

先ずは、ハンダ溶着を利用してプレスラインを復元!

 

そして凹み部分の面はスタッドプーラーという工具🛠で、少しずつ引っ張り出します。

押されてしまっているパネルを元の位置に戻してあげる技法なのですが、どこをどの位引っ張るかの連続技なので、適当ではうまくいきません。

機械の力は借りても、使う人の技量で仕上がりも違います。

 

 

隣接しているパネルや、手をかけず残しておきたい場所の養生も大切です。

板金で出来るだけきれいに形を元に戻し、

このあとに、仕上げとなる表面を作っていくので、パテでごまかす修理方法とは違い、修理後の綺麗さは長く続きます。

 

良い感じで板金が出来たので、このあとは下地処理〜そして塗装😊

 

 

凹みなんて無かったかのような自然な仕上がり✨

 

お客様とのお約束の日にも間に合わせることも出来

安心して納車することが出来ました🤗

 

ありがとうございました。

スライドドアの凹み リペアで

アルファードの若い男性のお客様。

 

『車のスライドドアの凹みを直したくて、リペアで直るかどうかと相談に来ました。』

ドア縁から2~3cm内側、ちょうどヘミング部分から外れたかどうかの位置です。

ん~っ 微妙~っ きわどいけど、できるかも!?

リペアとは、塗装を剥がさず、塗らず、板金もせず、鉄板の内側から凹んだ部分をピンポイントで元の位置に押し上げる技法!

料金的にも大変安価で済みますし、修理時間も短い!

本当に薄く小さくゆるりと凹んだ場合にのみ使える修理方法なのです。

 

そんなお話をして、代車を用意して後日お預かりすることになりました。

どちらから?

『留萌から来ました』

え~~~っ 留萌からわざわざ!?

 

そして、この凹みができてしまった理由・・・

『おじいちゃんが、車に手をついたときに、多分袖のボタンが当たってしまったんだと思うんです。

でも、おじいちゃんかわいそうだから、凹んだとも直すとも言えなくて・・・』

 

なんて心の優しいお孫さん!!!!!!

 

バンパーの色も塗り直してほしいご希望もありましたので、

お預かりするときは、本当に喜んでいただけるように、努めますね!!

 

遠いところから、わざわざ足を運んで来てくれて

ありがとうございます!!😊