クリア剥がれの修理塗装

フロントバンパーのクリアが剥げてしまったクルーガー🚙

修理の費用を少しでも抑えられるように、そしてテクニカルオートで作業がしやすいようにと

ご自身でバンパーの脱着とフォグランプ等の細かな部品を外してきて下さいました。

 

そこまでの作業を進めて下さっていたので

32個程のクリップの取り外しだけで簡単にバンパーが外れました🙆‍♂️

 

 

別件でクォーターのデント作業のご依頼も頂いたのですが

こちらも同様に内張りを外して下さったようです。

ここまで出来ちゃうなんて凄い👀‼️

 

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 

クリア剥がれの原因は、詳しく調べないとはっきりとした事は言えませんが

その一つとして、硬化剤の量の問題もあるのではないかと感じています。

 

修理をするには、クリアだけを剥がして『フューザーエッジ※』が出来る所まで研磨。

※フェザーエッジ:塗装と下地の面を斜めに削った面

 

研磨が終わったバンパーにはサフェーサーを塗布。

再度研いで下地処理を完成させます。

 

この後はいつもと同じように調色。

お車の色、一台一台に合わせお色を作成。

 

そして塗装。

綺麗に仕上がりました✨

 

お渡しの時には『凄く綺麗になりましたね!』と喜んで頂くことも出来

良かったら〜と、お土産まで貰ってしまいました😆

 

ご満足頂けたようで嬉しいです👍

ありがとうございました!

 

ボンネットが剥がれてる⁉️

普段、平日はあまり乗っていない自分の車。

この前の休みに洗車はしたけど、その後は動かしていないのに、

『あれっ!ナニコレ!!!』

気がついたのは、ボンネットフードの塗装状態。

クリアーが剥がれて、おかしなことに!!!

お客様は、ビックリして、

もしかしたら いたずらかもしれないし、この前マンションで設備屋さんが工事をしていたし、何かわからないから…ということで、

念のため警察に相談をし、

ディーラーで確認してもらい、

これは専門業者に見てもらった方が良いと言われて、テクニカルオートへやって来ました。

これかぁ

なぜ、こうなったのか?

何故かとハッキリした答えではありませんが、ひとつの可能性として。

よぉぉぉく見たら、飛び石の傷がある部分にその兆候があります。もしかすると、塗装が劣化して飛び石など何らかの外的な要因で傷が入ったところから、色が剥がれて来たのカモ?ということも考えられますね。


先ず、一度はお帰りになりましたが、結果的には保険会社に連絡をして、車両保険で修理をすることとなりました。


塗装の劣化。

どの位剥がれやすくなっているかというと、

この位です。

ただ、全部がこのように剥がれるわけではないので再塗装を行う際の剥がし作業が大変です。

ぱっと見全然分からなかった経年劣化でしたが、思わぬ所から広がり、一気に出てしまったんですね。

塗装の劣化を防ぐには、

マメな洗車と、コーティングやワックスなどで塗装面を綺麗にして保護してあげることが有効です☝️😊

人のお肌の同じですね!