軽自動車 側面事故の修理

◆事故の状況と保険の適応

交差路で、車同士の接触。
実は、借りていた車での事故でした。

運転していた方は、自分が所有している車に
ちゃんと自動車保険を掛け、
更に 車両保険にも入っていたので
『他車運転特約』を使用して、
借りていた車の修理の補償も、接触した相手への補償も、
両方受けることができました。

 

すまなさそうにご来店されたお客様。

大丈夫、車はちゃんと直りますので😊
それより、怪我が無くてよかった!😟💦


そんな事情で、入庫になったアルトエコ。

部品が入荷したので着工!

一日で一気に進みました。

◆側面損傷 修理の過程

損傷個所は、
フロントドア・リヤドア・サイドシル・リヤフェンダー。

各パーツとも、大きく凹み、損傷範囲が広いため交換となります。

先ずは、分解。
ドアだけでなくリヤバンパーもテールランプも外します。

そして、サイドシルの大きく損傷を受けたところも
切り開いて、取っちゃいましょう!

リヤフェンダーの歪んだ部分は、
外のパネルが付いたまま修正。
元の位置に、きれいに。

そのあと、リヤフェンダーの外側のパネルを
切り外します。スポットで止まってる部分を、
一つずつドリルで揉んで。丁寧に。

はい! リヤフェンダーが外れました。

こんな風になってるんですね~~~!

これからは、新品部品の取り付けです。
下に並んでいるのが 新品パーツ。
色を塗る前の部品です。

このパーツを取り付け位置に固定して、

ドアを合わせてみながら、

それぞれの位置を確認して、
とりあえず溶接でくっつけてしまいます。

つなぎ目に、点 点 ・ ・ ・ ・
これが仮に溶接した箇所。
調整が必要な場合は、
まだいつでも外せる状態です。

色んな部品がきちんと取付される位置になるように
確認して、決定したら、次は本溶接です😊

今日一日で、ここまで進みました😊✨