フリード リヤゲート修理 女子もお手伝い💁‍♀️  

 

またぶつけてしまったんです😣

と、しょんぼりご来社されたお客様

 

お車を拝見するとリヤゲートにチョップの跡が💦

こんな具合に😭

 

『また前の車みたいに同じようにぶつけちゃって・・』

ショックを受け落ち込んでいる様子でした。

『大丈夫❗️✨ちゃんと元通り綺麗になるから安心してください😊』

 


 

まずは、ナンバープレートを外し凹んだ部分を引き出す作業から🙌

塗装の膜を削り落とし、リヤゲートの鉄板の部分を剥き出しにします

その後スタッドプーラーと呼ばれる機械で点で微調整しながら

引き出していきます💡

都度都度、手で鉄板の凹凸を確認しながら👀✨

板金の作業が完了したら防錆剤を塗って乾燥させたあと

茶色の板金パテをのせ硬化☀️

表面を研磨し土台ができたら

黄色の仕上げパテを載せ硬化☀️

こちらも極限まで丁寧に研いでゲートの下地を作り上げていきます👍

ここまでいったら、サーフェーサーを載せ

下地作り完成🙆‍♀️✨❗️

 

次に今回は費用を抑えるため、リヤゲートのガラスは脱着せず

塗装するため、塗装をかけない部分には養生していくのですが、

これが細い作業が必要なんです👨‍🔧❗️

 

これを使います☺️

水色の部分が少し硬くなっている作りのマスキングテープなのですが、

先々の塗装剥がれを防ぎ、仕上がりを綺麗にするために

ご覧のようにリヤガラスと鉄板の隙間に硬い部分を差し込み

ギリギリ際まで塗装できるようにガラスモールを上に引き上げて養生します👀✨

事務所の女子2人も興味津々でお手伝い😄♪

それがおわったら、塗装しない部分全体を紙とビニールで養生します🙆‍♀️

そして塗装が完了🎉

後は、洗車をして、塗装するため外した

エンブレムも交換して貼り付けしたら・・・

 

できました〜〜☺️🙌❣️

 

 

いかがでしょう❓ツヤッツヤどこをぶつけたかなんで全く分からないほど

元通りに👍❗️

 

お客様も、前回も綺麗にしてもらったから信頼していたけど

やっぱり綺麗✨嬉しいです〜❤️と、晴れやかな顔で帰られました😊

今度は事故ではなくメンテナンスでお世話になりますね〜🍀と嬉しいお言葉も✨

 

信頼してお預けいただきありがとうございました🙇‍♀️