搬送車を運転する映像が?

ん…⁉️

成田ナンバーなんて、珍しい‼️

陸運支局に向かう途中に、たまたま前を走っていた車です。

信号が赤になり、よくよく見ると👀‼️

車の屋根に、

カメラ📷のようなものが❗

まるで、潜水艦の潜望鏡のようなカメラです。

そして、更によく見る👀と!

Googleストリートビューを撮影している車でした!🙌🙌🙌

え~~~ 撮ってんの~~~

思わず、手を振ってしまいましたー👋

もしかしたら、

更新されたストリートビューには、
搬送車から、手を振っている自分が写っているかも⁉️と思いながら、

一人でにんまり😁⤴

でも、よく考えたら……………

ストリートビューに写り込む人の顔って、

ボカされますよね。

( ̄▽ ̄;)がーん

せっかく張り切ったのにーぃ

な~んて、

遊んでないで、仕事仕事!

車検場近くで信号待ちの間の、

ほんの、ひとこまでした(笑)

また、変わった車🚘や珍しい車を見たら、報告しますね~😁

最後の車検。だからこそ。

今年、もう少しで車検満了を迎えるというお客様。

 

今回の車検を最後にしようとお考えとのこと。

出費は出来る限り抑えたい。
反面、
できるだけ、きれいにして最後の2年を過ごしたい。

 

外装の修理と一緒に、
とても気になっている所が
給油口です。

給油の際、ふたをパカンと開ける度に
気になっていた「錆」。

給油口のキャップの廻りは錆による腐食が進み
塗装の下からモリモリと膨れ上がっている状態でした。

本来であれば、その部分を修理するには
交換が必要なほどの進行具合。

交換をするとなると、それはもう大掛かりな
20万円以上掛かってしまうような修理作業です。

 

さぁ、どうする。

 

お客様に提案したのは、
ここまで来ると交換する以外、錆の進行は止められないけど、
残り2年と決めるなら、
出来る限り進行を遅らせて 見た目をきれいにしてあげる方法。

10分の1の料金です。

 

外装の修理も、給油口の修理も、併せてご検討いただくこととなりました。

 

数日後、修理をすることに決めたとのご連絡があり、
給油口も、安価なご提案の方法で。😊

 

そうと決まれば、安価といえども、
できる限りのことを!

給油口の注入口キャップ部分を外した状態で
塗装下に膨れ上がっている錆を除去。

あまり落としすぎると、すぐに穴が開いて
形が無くなってしまうくらいの
深い腐食だったので、丁寧に慎重に。

ギリギリのところまで、錆を落としました。

まだまだ残っていますが、これがギリギリです。
下側はすでに形がポロポロと・・・。

 

ここから、防錆処理と修復作業!

たっぷりと防錆剤を塗布してから、
更に、プライマーで防錆処理。

ここから、穴が開いてしまった部分も塞いで
きれいに塗装を。

どの位、この塗装の下で
錆に耐えられるか…!!

2年キープはできなくても
今のままよりは確実に長持ちします。

沢山の思い出を作ってくれたステップワゴン!
今回の車検を取って、あと2年!
楽しい思い出をまだまだ増やしてくれるといいな。

ガソリンを入れる度に、
お客様もステップワゴンも、
ちょっといい気分になるといいな😊

エンジンオイル チェック方法

先日メンテナンスをした軽自動車🚗

 

各部点検をし、

最後にエンジンオイルの状態を確認すると

大変!!!!

ほとんどオイルが入っていない状況💦

↑オイルの量を図るゲージの先っぽ部分です。

穴が2つあり先端に近い方が下限。

その上が上限。

今回は下限を下回っているので

オイル不足の状態です。

この状態で走り続けると

あっという間にエンジンを乗せかえしなくてはならない深刻な状態に陥ります。

そのピンチに気付いてあげられて良かった~(>_<)


エンジンオイル 確認の仕方


 

エンジンオイルの量は、簡単に確認できます。

ボンネットを開けて、黄色が目印の取っ手を
クイッと引っ張り、ゲージを引き抜く!

これができれば、確認できたも同然♪

 

◆用意する物◆
何枚かに重ねた ティッシュや、
キッチンペーパー、ウエス等

◆確認の手順◆

  1. 一度ゲージを引き抜いて、ウエスで拭く。
  2. 拭いたゲージを元に戻して、穴に最後まで差し込む。
  3. 2回目に引き抜いた時に、ウエスの上でゲージの先端を見る
  4. ゲージの先端にある目印の間にオイルが付いているか確認する😊

 

量はゲージがどの位濡れているかで確認できますし、
拭き取った時にウエスに付いたオイルの色で汚れ具合が確認できます。

本当にきれいなオイルは、ウエスが濡れるだけのような感じ。

少し汚れ始めてくると、だんだん色がついてきます。

べっこう飴みたいな感じから、(まだまだOK)
メイプルシロップのように濃くなり、(もうそろそろかな)
やがては、カラメルシロップのような濃い色に。(交換時期過ぎてるかも)

最終的には真っ黒に ❢ (大変で~~す 💦)

 

エンジンオイル交換のタイミング

3000~5000kmに一度、
又は、半年に一度、
どちらか早く訪れたときに交換しましょう。

 

オイル量も適正で、汚れ具合も飴色で、
何か月も経たず、そんなに距離も走行していないなら、
しょっちゅう交換する必要はありません。

定期的に、定期的にが 一番です😊


ゲージの見方

棒の先に上限下限の目印があります。

先ほどのように、穴が2つ開いている場合もありますし、
模様になっているタイプもあります。
↓↓↓

このメモリの間の、どの辺りまで
ゲージがオイルで濡れているか
見てみましょう。

 

皆さん、

定期的にメンテナンスは行いましょうね♪

 

「私、ちょっとわからないわ」

「ボンネットって開けたことないの」

そんな方は、お気軽に声を掛けてくださいね😊

タイヤ偏摩耗の原因は?

今日は嬉しいことがありました😊

 

いつも、当社をご利用いただいているお客様のお話です。

 

先日、ガソリンスタンドで給油をした際、
タイヤの目を指摘されたそうです。

「これ、もう危ないですよ。交換した方が良いですよ!」

 

『そんなこと言われたものだから、ちょっと気になってね、
本当に危ないのかどうなのか見てもらおう!と思って来たの!』

 

点検した結果、タイヤが内側と外側が減っていて
タイヤの摩耗が均等ではない状態でした。
おそらく、昨年、空気圧が規定量入っていない状態で走っていたと思われます。

とりあえず、空気圧は調整して乗れる状態にはしましたが、
今シーズン限りなので、早めにお取替えをすることとなりました。

お客様は、「なぜ」 「どのように」 がわかったので
とても安心され、喜んでくださいました。

 

そしたら、 今日!!!

 

雑談で山菜のお話をしたことを覚えていて、
採ったばかりの “ふき”と “わらび” そして “うど” を

持ってきてくれたんです!! 🙌わーい🙌

 

ちゃんと、下ごしらえの仕方も
細かく丁寧に 初心者の私にもわかるように教えてくれました。

 

初めて下ごしらえから挑戦し、調理して食べた山菜は
いつもより おいしく感じました😊

 

 

ほら! きれいな色❤

車のエアコンが効かないとき

『エアコン効かないんだわ。

ガス入れておいてくれるか?』

いつもの時季より、少し早めに エアコンの不調を訴えるお客様が多い気がします。

そうですよね、

今年は5月だというのに真夏日があったり、網走でも記録を更新したり、

なんだか せっかちな気候の北海道。

▼5月のあの日の温度計

急に暑くなって、初めて気がつくエアコンの不調。

エアコンが効かなくなると、

『何が原因か調べてください。』と言って いらっしゃるのですが、

ガスが足りないか、エアコンの装置のどこかに問題があるか どちらかです。

① 温度は関係なく風は出ているか

② 出ている風の温度はどうか

先ずは、この2つを確認。

☝️風自体が出ていない場合

→エアコンに関わる装置が壊れている。

なんの装置が壊れているにせよ、部品の交換が必要かと思われます。

✌️風ぬる〜い場合

→エアコンのガスが足りない。

→コンプレッサーが壊れてる。

風がぬるい時は、コンプレッサーが動いているかどうかの確認と、
今入っているガスの量を確認して、足りない分だけガスチャージをします。

何年も経てば、ガスの満了より50mlですとか、少~し足りないくらいになることはありますが、

ガスが全然足りない時は、何処かから漏れているということ!

直ぐに目視で確認できるようなわかりやすい箇所からのガス漏れなら直す料金も比較的安価で収まることが多くて良いのですが、車体側に回っているパイプなどからの漏れの場合は高額になるので、修理はせず、シーズン毎にガスチャージされる方もいます。

直ぐに判断がつかない場合は、ガスチャージの時に蛍光剤などを入れて調べられるようにしておくと良いでしょう。

ちなみに、真夏日、炎天下の中からの軽自動車のエアコン始動は、冷えるまで時間が掛かることもあります。

走行して数分経っても一向に変わらない場合は、ガスの量を点検し、補充しましょう。

では、

エアコンの弱い時は⁉️

実は、こんな場所にも原因が!

▼エアコンフィルター

汚れていて目詰まりすると、空気が回りにくくなります。

ゴルフ場へよく行くお客様。

知らないうちに、こんなに沢山の松の葉を集めていました‼️

開くところ全部がこの状態!

どこからこんなに?って、ワイパーが取り付いているアミアミから!

本当は、真っ白なエアコンフィルター

並べると、こんなに違います。

風が弱くなるだけでなく、

ニオイの原因にもなりますので、

フィルターは何年かおきにでも交換しましょうね。

ニオイのお話は、また今度🤗

職人の技が光る工具シリーズ 『あて木』

パテ研ぎ使う『あて木』

このあて木は、40年 使っています。

自分が若い頃は、便利な機械が無く、全て手で研いでいました。

その時に、自分で作った あて木です。

パテ研ぎで使う

塗装の工程の中に パテ研ぎという技術作業があります。

特に、この“パテ研ぎ”という仕事は、細かい粉で全身が汚れ、体力も腕力も使い、体勢も大変な、汚くつらい仕事です。

でも、仕上がりを美しくさせるための、大事な大事な仕事のひとつです。

水研ぎで使う

パテ研ぎで波を取り、ミクロン単位の高低差を無くしたら、次にサーフェーサーを塗ります。

そして、サーフェーサーの上から更に

水をつけて濡らしながら研ぐ、

『水研ぎ』をします。

水研ぎは最後の仕上げの波取り技術で、新品と変わらない滑らかな表面の形をつくる工法です。

研ぎながら、施工した箇所を水に濡らし、表面を光らせながら横から透かし、よぉ〜〜く見てチェックします。

色を塗って最後に横から透かして見て、きれいに波が取れた時は、

63歳になった今でも、とても嬉しい瞬間です。

技と道具

美しく仕上げる、職人の技。

そこには、技術と共に、職人の手に馴染んだ世界にひとつだけの道具があるのです。

このたった一枚の木。

40年の思いがつまった『あて木』です。

新車を買う理由。じぃじ、ありがとう。

先日新車をご購入頂きました方のお話です😊

長く乗り慣れた愛車のティーダを幾度となく、メンテナンスさせていただいておりました。

車検を更新して1年経った頃です。

『ここで、新車を買うことができるんだよね?』

急にどうしたのかな?と思いながらも『できますよ👍✨』と簡単にお話をして、

その確認だけでお帰りになろうと玄関に向かいながら

私達がいつもお見送りをするのを分かっていて

『出てこなくていいからね🖐!』

気を遣って下さっているのかと思ったら!

実はリヤバンパーをぶつけてしまったらしく、バレたくなかっただけでした(笑)

自宅の車庫にぶつけてしまった、そのことがきっかけで、

東京にいる息子さんに

ブレーキサポートの付いた車に乗りなさいと言われたそうです。

しかも、車種を特定されたとのことでした。

ご年配の方なので、新車に買い替えは乗り気ではなかったものの、

ご家族からの強い勧めで仕方なく…💧というのが、その時の本音。

不本意なんだと言いながらも、新車にする決断ができたのは、お孫さんを想ってだとか。

何年か先に息子さん夫婦が乗ることになっても良いようにと、

しっかり防錆の対策をしたり

お孫さんが何歳くらいになるだろうからとイメージしてジュニアシートを準備したり☺️

自分のためではなく、

息子さんやお孫さんのために、先ず、自分が乗る!というように、私の目には映りました。

そして、心配を掛けないようにという想いでしょうか😊

家族の事をとても大切に想っている様子を感じ、なんだかとっても温かい気持ちになりました。

テクニカルオートがお客様にして差し上げられることは限られているかもしれないですが、私たちにできる最大限の事をして、もっともっとお客様の喜ぶ顔が見たい と改めて感じさせて頂きました🤗

ありがとうございます😊

この納車の数日後に、東京からお孫さん達が遊びに来ると伺いました。

お客様とご家族、みんなで

喜んでくれるといいなぁ~❤️

駐車場裏で見送ってくれたのは

最近、車を直す工場の裏にある駐車場で
可愛らしい親子を見かけるようになりました。

 

先日も、いつものように構内の車を整理して

工場裏の駐車場に行くと、

ちょこんと、お座りしている

きつねさん🦊

そうです。
可愛らしい親子というのは、きつねの親子です。

代車の近くに親子で居たので、

車から降りて、少しかがんだ体勢できつねの顔を見ると

きつねも こちらの顔を見て

目が合った 次の瞬間。

 

「ワン!!」

 

😅!!

ワンって、・・・🐶

 

狐🦊の鳴き声を今まで
聞いた事が無くて

狐は、「コン!コン!」と
鳴くと思っていたので

「ワン」には、びっくり⁉️

笑ってしまいました。

 

ワン、って、
きつねは何と言ったのでしょう?

「帰るの?」「また明日ね!」

な~んて言ってくれているといいなぁ😊

 

そんなことを想像しながら、
なんだか勝手に嬉しい😊気持ちになりました。

 

ありがとう、狐さん

🦊わんっ

きれいな夕陽が見える日の夕方の出来事でした。

▲板金塗装工場の裏
駐車場から見える風景

 

 

中古車を買ったら煙が出た件。

先日、初めてご利用いただくお客様から、一台の車をお預かりしました。

クーラントが吹き上がり、
オーバーヒート寸前の状態でご自宅に置いてあるとのことでしたので、搬送車で引取です。

お話を伺うと、
車を購入してからまだ間もないそうですが、アイドリング中にボンネットから白い煙が出てしまい、レッカーを依頼して帰ってきたとのこと。

気になってボンネットを開けてみると、明らかにラジエーターのあたりからの水漏れが‼️

どうしたら良いかと思い、保証が効くかどうかもわかりませんでしたが、とにかく直したいので、車を購入したところに連絡をしてみたそうです。

ところが、電話を掛けても一向に出ない😣

そうしているうちに、

1カ月または1000キロ走行迄の保証も切れてしまい、泣く泣く自費の修理を決断。

そこで、

『テクニカルオートに相談してみよう。』

と、ご連絡くださったそうです。

ん?????

初めてご利用いただくのに、

テクニカルオートに相談してみようって、

ん??????

なんと‼️

5年前、インターンシップで職業体験に来たあの時の‼️‼️

しかも、ついこの間、同期の方がお見積にいらしたばかり!😆✨

なんという偶然でしょう。

当人同士は、隣のクラスだったため、連絡は取り合ってはいないようでした。

私たちも勿論、トラブルには遇いたくありませんし、今回のような出来事は、なんだかモヤモヤするような気持ちになってしまいますが、

でも!

困ったときに頼りにしてもらえたこと、

そして、大人になって社会で活躍している彼等にまた会えること。

それは間違いなく、嬉しいことです。

これからも、遠慮なく

おじさんたちを頼ってくださいね~‼️

せっかく一所懸命働いたお金で、

気に入って買った大切な愛車です。

安心して長く乗って頂けるよう、

お手伝いをさせて頂きますね!

それにしても、

中古車やさん……💧

残念です。

売ってしまったら、あとは知らないなんて

そんな無責任な大人は、だめですよ~!😡

バッテリーマーク点灯 その原因は

☎️RRRRR

👨‍🦰『そちらで、オルタネータの交換ってできますか?』


一本の電話がありました。

お電話の感じから、テクニカルオートを初めてご利用いただく方のようです。

オルタネータとは、バッテリーに電気を送る発電装置のことで、

ダイナモとも呼ばれます。


👱‍♀️『オルタネータの交換ですね、できますよ。今、発電していない状態ですか?』

👨‍🦰『いえ、走ってはいるのですが…』

👱‍♀️『ギリギリ…? 発電不良ということですね?』

👨‍🦰『はい、今から行っても良いですか? 急に代車なんて借りることできませんよね?』


入庫したい車は軽自動車とのことでしたが、さしあたり大きい車でも良ければ!と戻ったばかりの代車を用意してお待ちすることになりました。

👨‍🦰『月寒からなので、15分か20分で着きます!』

代車は毎日引っ切り無しに動いているため、ちょうど良いタイミングでした。


ご来店の予定を、フロントの女性スタッフと確認しているうちに、

そのお客様は到着されました。

👨‍🦰『先程電話した者ですが、オルタネータの交換で…』

👱‍♀️『オルタネータを交換したいということは、どちらかで診断されたのですか?』

👨‍🦰『いえ、どこにも診てもらってません。スタンドには寄ったのですが。』

👱‍♀️『スタンドですか🤭‼️ では、もう少し具体的にお話を伺いますね。』

詳しく訊くと、

👨‍🦰『数日前からキュルキュルという音が鳴っていて、今日、急にバタバタっと音が鳴ったと思ったら、バッテリーのランプが点灯したんです。』

ーーーーーーー…え!

それは、オルタネータ以前の話かも…。

もちろん、お客様のご依頼通り、

オルタネータの交換はできますが、

その状況だと オルタネータというよりは、ベルトが切れてしまっている可能性が…!

お預かりして直ぐに確認してみると

やっぱり!!

2本掛かっているうちの1本が無くなっているのがわかります。

切れて脱落したのでしょう。

見えにくいけど、

▼ここです

これでは、発電機も回らないためバッテリーへの電気も流れません。

オルタネータ(発電機)が動いていない状態は間違いありませんが、原因はオルタネータの不良ではなく、電動源です。

これでは、『充電できません〜』と言って、バッテリーランプも点灯する訳です。

すぐにベルトを注文し、取り付けて

発電状態、バッテリーの状態、エンジンの動作確認などチェックし、

即日で納車完了です。

今回はトラブル発生場所が近く、直ぐに来て下さったこともあって大事には至りませんでした。

点灯したランプのマークで大まかな状態は把握できるかもしれませんが、何故?という原因によっては車を動かさない方が良い場合があります

ベルトが切れてしまった場合、車種により、発電機だけでなくウォーターポンプも動かなくなってしまうため、エンジン冷却水も回らなくなってしまいます。そういった場合はエンジンにもダメージを与えてしまいますので、異変を感じた場合は、先ずは車を速やかに邪魔にならない場所でエンジンを停止させてお電話いただき、詳しく教えてくださいね🙏✨