自動車フレーム修正の様子

👩フロント事故で、車の前側が大きく壊れてしまった車を修理していたので、工場に見に行ってみました。

修理していたのは太一さんでした。


👨‍🔧車の大事な骨格。
骨格に損傷があればフレーム修正機の出番です。

▼ちょっと分かりにくいですが、すんごい曲がってます。

👩フレーム修正機!工場の右奥にある、大きな機械です。

👨‍🔧直し方は、見た目感覚じゃなく、ちゃんとメーカーから出ている車両寸法に基づいて修理していきます。

👩なんだか、細かくてごちゃごちゃした図面ですね。いっぱい数字が書いてある!

👨‍🔧そうなんですよ〜〜。 まずは、アンダーボディから。

👩ざっくり言うと車体の下側ですね。

👨‍🔧そうです。アンダーボディがきちんと直っていないとアッパーボディも直りません。

👩ざっくり言うと車体の上側ですね(笑)

👨‍🔧そうとも言う(笑)

アッパーボディ前側は、損傷がひどいので交換でした。あ、ざっくり言うと運転席より前側です!

各箇所の寸法を測りながら引っ張り出したり広げたり、骨をグイーッと修正しますが、その調整はミリ単位!!

ダイナミック且つ繊細な修理です。

無事寸法が出て修正は完了です。

👨‍🔧この後、
損傷があったABSアクチュエータ、エンジンハーネス、足廻りの交換です^_^

👩太一さん、何言ってるのかさっぱりわかりません。

👨‍🔧エンジンルーム内にある、ブレーキシステムを制御している部品や、バッテリーから各所に伝わる木の幹のような役割の重要な配線、タイヤに繋がる内側の構成部品を全〜〜部交換するんです。ごっそりと。

👨‍🔧部品が揃うまでも、メーカーのバックオーダーで1ヶ月くらい掛かりました。それまでに、出来るところまで進めましたが…💧

👩長かったですね!でもここまで来たら、もう少しですね!!

👨‍🔧ちゃんときれいにしっかりと直すので、待っててくださいね〜〜!!

 

 

 

 

新車ステップワゴン 傷修理

新車で納車されて間もなく、
傷がついてしまったステップワゴン。

走行距離、900kmのお車です。


・とにかくきれいに直したい!

・だけど、できるだけ安価で済ませたい!


これがお客様のご要望です。

 

どこで直したらよいだろうと、インターネットで修理工場を探し、
色々調べて数ある修理工場の中から選んで
テクニカルオートにご来店頂いたそうです。
大変ありがたいお話です✨

修理したい場所は、リヤゲート。

リヤゲートは通常、内貼りも外し、ナンバープレート(封印)も外し、
ガラスを外してバラバラにした状態で板金修理、或いは交換を行うため
予想以上に高額になってしまいます。

今回は、安価で済ませるというご要望でしたので、
メリットデメリット等お伝えしたうえ、部分的に修理を行うこととなりました。


◆ リヤゲート 部分範囲で板金塗装


 

先ずは、塗装の妨げとなる部分のエンブレムを外します。

傷つけないように、ゆっくりと丁寧に。
そして、プラスチックベラで隙間から外していきます。

周りに黄色いマスキングテープを貼っているのは、わかりやすいようにではなく
ヘラでボディを傷つけてしまわないようにです。

 

次に傷ついてしまった部分に、密着プライマーを塗布します。
鉄板を錆びから守る役割と、形成するためのパテをしっかり密着させる役割との両方の効果があります。

プライマーを塗った後に、研いできれいにします。

次にUVパテを付けます。
紫外線を当てると、30秒で硬化します。

このパテは、硬化した後も柔軟性を伴う上、収縮しないため
割れや浮きが出ることなく、
長くきれいな状態を保つことができるのです。

 

硬化したパテをきれいに研ぎ、形を仕上げてから
サーフェーサーを塗ります。

更に研いで塗装する面の処理を仕上げた後、
塗装しない部分の養生をします。
これが “マスキング” です。

いよいよ、塗装に入ります。
塗装ブース内で行います。

純正の色ですが、車体に合わせて微妙な調色を行った塗料を用います。

何度も塗り重ね、しっかり色を塗り、最後はクリアで仕上げます。

ここで完了ではありません。

最後に、塗装面を磨きます。

ミガキの作業では、小さなごみ等が無いかのチェックを行いながら
新車の肌に合わせます。

平らになりすぎて鏡面肌にならないように、スポンジバフで磨きます。
この肌を合わせる仕上げも、職人技です。

黒い色は傷や汚れなどがとっても目立ちやすいので、
アルコールを吹き付けながら、油分などを取って最後は手で拭き上げます。

これで、新車と同じく、出来上がります。

 

お客様へお渡しした際は、料金、仕上がり共に
大変ご満足いただくことができました😊

 

新車でご購入されたばかりの大切なお車を、
私たちにお任せ下さったこと、
大変光栄に思います。

ありがとうございます!

新聞紙に包まれた物 種子島の安納芋!

『ちょっとまた見て欲しいんだよね』

一昨日くらいから、段差で変な音がする❕🚗🗯…と言って点検に来たのは、

テクニカルオートを何年もご利用いただいているお客様でした。

🤭あらっ!なんでしょうね!

整備に車を渡し、事務所に戻ると、

お客様がおもむろに新聞に包んだ何かをカウンターに置き、

『安納芋って知ってる? 南のあったかい所でしか採れないんだけど、甘くて美味しいんだわ!俺ね、これが好きで何年も前から買って食べててね、種子島から送ってもらってるんだけど、い〜つか、持って来てやろうって思ってて、やっと持ってきた!! 昨日の夜中、焼き芋にしてきたからそのまま食べれるから😄✨』

うわぁぁぁぁ〜〜!すごい!

食べようと思って買ったんじゃないんですか?

そしてわざわざ、私たちのために、焼き芋にしてくれたんですか?

✨✨✨😭✨✨✨

何と嬉しいことでしょう😊

ありがとうございます!!!

初めて見た👀‼️

安納芋って、こんな形!!???

『この、かぼちゃみたいな形の安納芋は石垣島でしか採れないんだってさ!

も〜〜のすごい、甘いから😋』

沢山いただき、

食べ方も教えていただき、

さっそく、チーム女子❤️口に運ぶ

スウィートポテトのような、

しっとりとして、甘くて、とろけるような食感😊

誰かが味を付けるわけではなく、

素材の味でこの甘さ、

天然の スウィ〜〜〜〜ツ❤️

土や環境で全然味が変わるとのこと!
この味は種子島で育った安納芋だからこそ!と言っていました。

 

食べ物も嬉しいけど、それよりもっと

お客様の気持ちが とーっても嬉しかった!

ありがとうございます😊😊😊

keiは代車を用意して預かり、

良い方法を考えて修理することになりました。今週お返しできますよ!

ワイパーの寿命 見分け方

もうすぐタイヤ交換の時季!

タイヤ交換と同時にワイパーブレードも冬から夏へ。

取付時のチェックはしてますか?

 

タイヤは減りやひび割れ、空気圧などをチェックしてから取付しますよね。

 

ワイパーも、ちゃんとチェックしてからお車につけてあげましょう~

 

見た目、何ともなさそうな・・・

指で、  グッ…

あら・・・! ヒビだらけ😨

劣化が進んでますねぇ~

 

こうなったら交換ですよ!

 

もっと進むとこうなります。

 

タイヤも、ワイパーも、ゴム製品ですからね!

小まめな点検を!!

 

見てみたけどワカラナイ という方は、

遠慮なく持ってきてくださいね😊

防錆の違い 現車で明らかに

〜8年前 2011年3月〜

その頃工場では、何年もに渡り、サビの進行や防錆に対して、色々な実験や研究をしながら、より良い方法を考え防錆の施工をしてきました。

そんな中、スタッフの一人が新車を購入。

ここは思い切って、自分の車で実験!!! と、新車で運ばれて来てすぐに下廻りの防錆を施工しました。

防錆剤を、普通の3倍時間をかけて厚塗りし、一部のみ塗らないところを作ってみました。

本当は全面、細部まで分厚く塗りたいところでしたが……

さすが職人さん!

『防錆の仕方を変えて錆がどうなるかの観察にお客様の車を使うわけにはいかないしょ!』


〜2019年3月〜

タイヤ交換をしようと、車をリフトに上げサビの状態を確認。

8年経っても、錆の進行はほとんど見えません。

しっかり塗って完全に塞いだ状態だと、多少の石はね等からも守られ、水分や塩害からも影響を受けにくくなり、錆の発生には至らないようです。


一方、同じ車で、防錆剤を塗らなかった所は??

錆びているのです。

やっぱり違うもんだなぁ〜〜


更に、全く別の、某ディーラーからお預かりした車両。

新車から7年経過していて、防錆処理は何もしていない車を見てみました。

なんと、同じ部分でも全然違う!

錆びてる方は1年新しい車なのに!

各所に錆は発生し、タイヤハウス内は穴があきそうなほど進行していました。


札幌の、冬の道路事情。除雪に使われる薬剤は、車体にとってなかなかの強敵です。


軽く塗布する『塩害ガード』は車検毎に点検と塗り足しをしないと完全に守られません。

せっかく防錆するなら、たった一回、少しお金が掛かっても、車が長持ちするようにしっかり防錆施工をすることをお勧めします!

まだまだ乗れそうなのに、錆の為に車検に通らないというお客様が、とってもとっても気の毒で……😭

車検場の様子 現在渋滞中

3月卒業 4月入学

まだ微妙に雪景色ですが、
おめでたくお花が咲く季節です。

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

この時期は、車の入替・購入も多く、そのタイミングが重なるため、
車検が非常に混み合う時期でもあります。

そんな中、

高橋オジサンが車検場へ行ってきました。

すごい行列!!!

なんと、外まではみ出して、
道路まで渋滞している状況です。

↓↓↓

構内に入っても、なかなか検査場までたどり着けません。

こんな状況ですので、

工場の予約もびっしり。

🚗🚙🚗🚙🚗🚙🚗

急なご予約の場合は、なかなか順番までに日数がかかり、
ご不便をおかけしますが、代車でお待ちいただいている状況です。

時間が掛かってしまっている皆様、ごめんなさい!

🙇‍♀️

検査を受けに行った高橋オジサンは、

この行列で
どこまで進んだでしょう??

…まだまだですな。

せっかくなので、

このまま、高橋オジサンと一緒に

車検の検査場で何をしているのか、
覗いてみましょう!

🙋‍♀️

まず、建物に入る前に、

ライトやウィンカーなど電球に関わる点検、車両の詳細や車高、着いているものが規定の位置に収まっているかの確認などなど。
そして、室内では警告灯点灯の有無や、シートベルト、 発煙筒の確認などをします!

この時、車内の荷物が多いと、

「確認できないからダメ~」って
検査してもらえないんですよぉ💧

車内はきれいに整頓しておきましょう

いよいよ、検査ラインへ。

◆排出ガス検査

検査棟に入るとまず、排出ガスの検査です。

一酸化炭素と炭化水素の濃度を測ります。

輝がやっていた、

▼これ! 排気ガス濃度のテストです!

エンジン内できれいに燃焼していれば、きれいなガスが排出されるようになっています。

◆サイドスリップ検査

フロントのタイヤがまっすぐの方向を向いているかのテストです。

1m進んだ状態で5mm以内の誤差までが車検合格です。

テクニカルオートにあるのは四輪アライメントのテスターなので、平面テストではなく立体のテストとなり、もっと精密です。

◆メーター・ライト・ブレーキ検査

次に、

  1. スピードメーターが速度通り動くか
  2. ヘッドライトは正しい方向を適正な明るさで照らしているか
  3. ブレーキの効きは正常か
  • この3つを続けて検査します。
  • そうです。
  • ヘッドライトのあれです。
  • スピードメーターも、きちんと動くかを測っておかないと絶対正確!とは限りません。
  • ↑こんなこともあります😅😅😅
  • ◆車検証発行
  • 全ての検査を終え、無事にハンコをもらったら、ようやく新しい車検証が発行されます。書類もきっちり揃えて、また順番待ち!!!人の列!!
  • ◆車検は健康診断
  • 日本では、乗用車だと2年に1度受けなければならない車検制度。
  • これは、人で言う『健康診断』です。
  • 健康で長生きしてもらって、いつも一緒に遠くまで旅行に行けるくらい元気でいられるか
  • あまり面倒を見ないで病気がちになり、やたら病院のお世話にならなければならなくなるか…
  • そう考えると、人も車も同じです。
  • 整備士は車のお医者さん。
  • とびきり若く、健康な車なら
  • 簡単で安価な健康診断専門の検査を受けるのも良いでしょう。
  • ある程度酷使した体や、ある程度の年齢を迎えた体の車は、ちゃんとしたお医者さんの診断を受けると、健康状態の把握と対策ができるでしょう。
  • 車のことは、車の名医にお願いしましょう!
  • ランクル80車検 オイル漏れ修理

    いつも整備や修理でご利用頂いているお客様のお車を、車検でお預かりしました!

    ◆ランクル80 車検整備

    インテークマニーホールド ガスケットからのオイル漏れを直すところからです。

    ガスケット →要するにパッキンのような役割の小さな部品なのですが、これを取り替える為には、色んなものを外さないとたどり着けない場所にあります。

    先ずはこの大きいのを外して、

    その下にある…

    これこれ! これの〜、

    ここの部分がオイル漏れを起こしています。

    ▼ここです

    で、ごちゃごちゃいっぱい着いているものを全部外してしまってから、

    よいしょ!

    この四角い部分それぞれに着く、ガスケットを取り替えるのです。

    ▼こんな部品です。

    燃料が通っているパイプも、外さないとならないんですよ。

    なかなか大変でしょ。

    でも、こういった不具合をごまかさずにちゃんと整備しておくと、車は長〜〜く快調に走ってくれるんですよ。

    マフラーの排気漏れは、いずれ交換しないとならないけど、ここは排気漏れを止めてあげさえすれば大丈夫なので、溶接で修理!!

    ちゃんと、やるところはやる

    様子見で良いところは保留にする

    お金を掛けずに出来るところは、出来るだけ安価で済ませる。

    そして、後から困らないように、長く乗れるように、判断して車検をとる。

    これが、車とお客様のための、

    トータルで考える一番お金を掛けない、

    安心の車検です。

    やるところを何でも省くと、車の寿命も短くなり、車買い換えなんて高額な出費を短いスパンで繰り返すことになります。

    車検をとろうと思っていたのに…と、突然の出来事が起こらないためにも、しっかり判断してメンテナンスをしましょう!

    🚙✴️🙋

    タイヤ交換 準備の季節です

    寒い季節も終盤になり、そろそろ待ちに待った春がやってきますね!

    皆さん夏タイヤの準備はお済みですか?

    テクニカルオートでは早くも春に向けてタイヤ交換されるお客様が続々とお見えになっています。

    今日はポルシェのお客様♪

    まずは一本ずつ冬タイヤを外していきます。

    全部外れたら、いよいよ夏タイヤの装着~!

    大きくて重たいタイヤも男性スタッフは軽々と持ち上げちゃいます。

    装着が完了すると、次はタイヤの空気圧を測定・調整します。

    タイヤが一番ベストな状態に保たれるよう数値できちんと確認。

    仕上げはまし締め。全てのナットを一つ一つ確認していきます。

    完成~♪ ワイパーも一緒に夏用に交換します!

    4月に入るとタイヤ交換ラッシュとなり、あちこちで何時間待ちだとよく耳にしますが

    テクニカルオートでは工場スタッフが全員で一斉に作業を開始するので

    待ち時間はほんの15分!!

    お客様からは「もう出来たの?」と驚かれる事も多く

    知る人ぞ知る!タイヤ交換の穴場になっています。

    ◆こんなタイヤはどうだろう?◆

    一見、タイヤの目もあり、まだ履けそうな状態でも

    側面に細かい傷やひび割れがある状態ではバーストする危険があります。

    タイヤ交換の時には、しっかりと状態を確認させて頂いた上で

    あとどのくらい乗れそうか、もしくは早急に交換が必要かをお伝えします。

    「タイヤの見方ってわかりにくいよね」

    という方は是非テクニカルスタッフにお任せくださいね♪

    職業体験 学生からの嬉しい文集

    昨年、職業体験に来た札幌工業高校の学生たち。

    まだ運転もできない学生が、自動車に触れ、仕事とは何かを体験していきました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    その体験から、感じたことなどをレポートにまとめ、文集にしたものが、学校から届きました。

    どれどれ!

    あの子達は、どこに載ってるかな?

    🔎✨

    あった!いたいた😄

    👨車には興味が無かったけど、これがきっかけで車の仕事もいいかな思うようになった

    👨インターンシップに行くのと行かないのとでは人生が大きく変わると感じた

    👨人間性というところで成長できた気がする

    👨自動車の仕事に就きたいと思うし、プロフェッショナルな仕事をしたいと思う!

    などなど、

    なんとも嬉しい作文が✨😭✨


    身近な大人である私達が、

    これから大人になっていく若者たちに

    『こんな大人になりたい』と思ってもらえるような、見本としていられるように

    誇りをもって仕事をしていたいなぁと感じます。

    いつか、一緒に仕事ができたらいいね!

    UVパテ実践勉強会

    UVパテを実際に使いながらの勉強会をしました。

    どのような修理の時に、

    どのタイプのものを使えば、

    よりきれいに、より効率よくできるか。

    照射するときは、目が痛くなるから

    必ずサングラスを掛けてね😎

    ガラス繊維が入ったパテは、

    何のときに使える?

    試しに、ドアミラー取り付け部の穴を

    埋めて、無くしてみました。

    色を塗る直前まで。

    重ね付けをしながら硬化させると、

    層になるのではなく、一枚になるので、

    強度もあり、弾力もあり、これならかなり長持ちしそう✨

    色んな実験をしながら、どんな修理をしたらお客さんが喜んでくれるかを考え、

    ちょっとニンマリ😁⤴

    早速、明日から活用してみよう🎵